安全性からコンロを選ぶ

あなたに合った機能から
コンロを探す

安全性から“コンロ”を選ぶ

どれを選んでいいのか分からないから、
スミレナが独自目線で徹底検証!

最新コンロの標準的な安全機能

Siセンサー”搭載コンロの4つの安全機能

#最新コンロの標準的な安全機能

  • Siセンサー搭載コンロの4つの安全機能
  • 2008年以降のビルトインコンロにはSiセンサーという装置がすべて搭載されています。鍋を置いた時に接触する突起物です。このセンサーが鍋底の温度やバーナーの炎を検知することで油の発火や消し忘れを防ぎ、コンロを安全に使えるようになっています。
    以下の安全機能は国が定めているものであり、Siセンサーを搭載したコンロであればすべてに搭載されています。
  • 調理油過熱防止装置

    調理油過熱防止装置

    油が発火する温度をご存じでしょうか? てんぷら油は370℃で自然発火します。
    調理油加熱防止装置によって、天ぷらなどの揚げ物調理の際には温度をセンサーが感知し、約250℃の温度に達すると自動停止。加熱しすぎによる発火などを防いでくれます。

  • 立消え安全装置

    立消え安全装置

    煮込み料理や麵茹での時にうっかり吹きこぼれてしまったことはないでしょうか。そんな吹きこぼれや窓からの風でコンロの火が消えてしまったときに、自動でガスを止めるのが立消え安全装置です。火が消えてガスが漏れ続けるということはありません。

  • 消し忘れ消火機能

    消し忘れ消火機能

    コンロ・グリルともに、うっかり火を消し忘れてしまっても一定時間が経過すると自動で消火する機能です。コンロの初期設定では約2時間で自動消火するようになっていますが、メニューから変更も可能です。
    また、パロマのコンロにはボタン一つで30分自動消火に切り替える「コンロ30分消火あんしんモード」があるのも特徴です。

  • 早切れ防止機能

    早切れ防止機能

    最新のコンロでは調理器具の底が250℃に達すると自動停止することは先ほどご説明しました。しかし、もし炒め物や揚げ物を長時間調理しているときに、自動で火が消えてしまうと不便ではないでしょうか。
    そこで炒めものなどの高温調理をする際は、すぐに消火しないように250℃付近で弱火・強火の自動火力調節する機能を搭載。約30分間この状態が続き、その後自動消火します。

スミレナで取り扱っている“対応コンロ”

※ラインナップ外のコンロにもすべて搭載されています。

どれを選んでいいのか分からないから、
スミレナが独自目線で徹底検証!

商品ごとに異なる安全機能

鍋の底を傷めない“焦げつき消火機能

#商品ごとに異なる安全機能

  • 鍋の底を傷めない焦げつき消火機能
  • 調理中に鍋底が焦げつき始めると自動で消火する機能です。 安全性でだけでなく、鍋の底に焦げがこびりつく前に消火するので、鍋を傷めたり、洗い物が大変になることもありません。

焦げつき消火機能はこんな方に
オススメです!

        
  • □煮ものなどお鍋を使った料理をよくする

うっかりを防ぐ“ロック機能”と“中火点火機能

#商品ごとに異なる安全機能

  • うっかりを防ぐロック機能と中火点火機能
  • コンロの点火ボタンをロックし、誤操作やいたずらなどによる点火を防ぐことができます。小さいお子様のいるご家庭も安心です。
    コンロ点火時は常に中火で点火されます。前回強火で使い終わっていても、火力を抑えて点火するので安心です。
  • ロック機能

    ロック機能

  • 中火点火機能

    中火点火機能

ロック機能・中火点火機能はこんな方に
オススメです!

        
  • □小さいお子さまがいる
  • □小さいお子さまや高齢の祖父母が料理をすることがある

グリルの過熱や引火を防ぐ“安全機能

#商品ごとに異なる安全機能

  • グリルの過熱や引火を防ぐ“安全機能”
  • グリルは、コンロ違って火が点いている様子が見えにくいです。つけっぱなしのままうっかり忘れてしまった時も安全なように、グリルの庫内が一定以上になると自動で消火されます。 

    また、万が一、グリル庫内の魚などに引火しても、排気口から炎がでることはありません。リンナイでは防炎パイプ、パロマではヒートトラップ、ノーリツではグリル防炎機能という名前の機能になります。
  • グリル過熱防止機能

    グリル過熱防止機能

  • グリル防炎機能

    グリル防炎機能

グリル過熱防止機能・グリル防炎機能
はこんな方にオススメです!

        
  • □グリル料理をよくする
  • □今まで不安でグリル料理をしていなかった

※は一部商品のみ対象です。

袖口への引火を防ぐ“鍋なし検知機能

#商品ごとに異なる安全機能

  • 袖口への引火を防ぐ鍋なし検知機能
  • 鍋を置いていない状態では点火せず、調理中に鍋を持ち上げると弱火になります。1分間、鍋が載っていないと自動消火。消し忘れや袖口着火の低減に役立ちます。

鍋なし検知機能
はこんな方にオススメです!

        
  • □煮ものなどお鍋を使った料理をよくする

スミレナで取り扱っている“対応コンロ”

万が一の地震の時も安心の“感震停止機能

#商品ごとに異なる安全機能

  • 万が一の地震の時も安心の感震停止機能
  • 日本ではいつ大きな地震が来るか分かりません。不意に大きな地震中に料理をしていたら、コンロを消す余裕がないなんてことも起こりえます。
    感震停止機能がついているコンロは震度4以上の揺れを感知すると自動で消火しますので安心です。

感震停止機能
はこんな方にオススメです!

        
  • □高層マンションに住んでいる

軽い調理器具も“浮き上がらないコンロ

#商品ごとに異なる安全機能

  • 軽い調理器具も“浮き上がらないコンロ”
  • Siセンサー付きのコンロは、バーナーの中心に温度センサーがあるため、軽い鍋ではゴトクから浮き上がってしまい使えないことがあります。低加重センサー搭載のコンロであれば、軽い鍋やフライパンを置いてもセンサーがしっかり反応するのでより安心です。

低加重センサー
はこんな方にオススメです!

        
  • □家族人数が少なく、大きな鍋やフライパンは使わない

スミレナで取り扱っている“対応コンロ”

使用中もガラスが熱くなりすぎない“グリル扉

#商品ごとに異なる安全機能

  • 使用中もガラスが熱くなりすぎない“グリル扉”
  • ガラス3重構造により、グリル扉のガラス温度が約180℃から約80℃に大幅に低減(パロマ従来品と比較)。
    小さなお子さまなどの火傷低減にもさらにあんしんです。
    ※JIA検査規格 平常時温度上昇試験の場合(パロマ調べ)

ヒートカットグリル扉
はこんな方にオススメです!

        
  • □グリル料理をよくする
  • □小さいお子様がいる

スミレナで取り扱っている“対応コンロ”

グリルの閉め忘れを防ぐ“プレートルック機能

#商品ごとに異なる安全機能

  • グリルの閉め忘れを防ぐ“プレートルック機能”
  • グリルの扉がきちんと閉まっていなかったり、専用容器がセットされていない状態では、点火ボタンを押しても火がつくことはありません。うっかりミスをグリルが防いでくれます。

プレートルック
はこんな方にオススメです!

        
  • □グリル料理をよくする
  • □小さいお子様がいる

スミレナで取り扱っている“対応コンロ”

うっかり落とさない“取っ手付きゴトク

#商品ごとに異なる安全機能

  • うっかり落とさない取っ手付きゴトク
  • 一部のコンロ商品は誰にでも使いやすいユニバーサルデザインとなっており、ゴトクにも輪っか上の取っ手がついているものがあります。指で引っかけて持ちあげられますので、落とす心配が減ります。

取っ手付きゴトク
はこんな方にオススメです!

        
  • □手元が少し心配

スミレナで取り扱っている“対応コンロ”

rankingrankingranking

コンロの安全性
スミレナおすすめランキング

  • 安全機能No.1

    パロマ クレア

    パロマ クレア

    • 月額1,700円(税込)~
    • 総額204,000円(税込)~
    パロマの最高級機種クレアにはコンロを安全に使える機能がたくさん備わっています。”調理油過熱防止装置”や”立消え安全装置”などの基本の機能はもちろんのこと、”鍋なし検知機能”や”感震停止機能”といった追加の安全機能に加えて、三重のガラスで火傷を防ぐ”ヒートカットグリル扉”は全メーカーの中でもクレアにしかありません。
    小さいお子さまやご高齢の方と同居していて、火を使った調理に少しでも不安がある人はクレアをおすすめします。
  • 安全機能No.2

    ノーリツ プログレ

    ノーリツ プログレ

    • 月額1,800円(税込)~
    • 総額216,000円(税込)~
    ノーリツのプログレも独自の安全機能が備わっています。軽い鍋やフライパンでも浮き上がることなく安全に使える”低加重センサー”や、グリル調理器具がセットされていなとグリル点火ができない”プレートルック機能”でもしもの事故を防ぎます。
    グリルを使ってみたいけれど不安のある方にはプログレがおすすめです。
  • 安全機能No.3

    リンナイ デリシア

    リンナイ デリシア

    • 月額1,890円(税込)~
    • 総額226,800円(税込)~
    リンナイのデリシアはメーカー独自の安全機能などはありませんが、リンナイの最高機種だけあり、基本的な安全機能も追加機能(”鍋なし検知機能”、”感震停止機能”)もすべて備わっており、不足ない性能を保っています。
    調理性やお手入れ性も重視しつつ、安全にも配慮したい方におすすめです。
  • 安全機能No.4

    リンナイ ユーディアエフ

    リンナイ ユーディアエフ

    • 月額1,280円(税込)~
    • 総額153,600円(税込)~
    リンナイのユーディアエフは誰にでも安全に使えるように意識された機能が備わっています。バーナーが奥の方にあるため”袖火防止”にもなり、”ゴトクにも取っ手”がついていて、安全面に配慮がなされています。
    お子さまとお料理したり、ご高齢の方も使用されるご家庭におすすめです。
  • 安全機能No.5

    ノーリツ ピアットマルチグリル

    ノーリツ ピアットマルチグリル

    • 月額1,660円(税込)~
    • 総額199,200円(税込)~
    リンナイやパロマでは特に最上位機種で安全機能にこだわっておりますが、ノーリツではハイグレード機種のピアットマルチグリルでも高い機能を誇っています。
    グリル調理にこだわりのない方におすすめです。

BACK TOP