お手入れ性からコンロを選ぶ

あなたに合った機能から
コンロを探す

お手入れ性から“コンロ”を選ぶ

どれを選んでいいのか分からないから、
スミレナが独自目線で徹底検証!

グリルのお手入れ性能

庫内を“汚さないグリル

#グリルのお手入れ性能

  • 庫内を”汚さないグリル”
  • リンナイとパロマは、グリル庫内をそもそも汚れにくくすることを目指しています。
    リンナイではココットプレートを使うと、面倒な油のべたつきや焦げつきを99.9%(※リンナイ調べ)防ぎます。そのため、ニオイ残りも防げます。パロマでもラ・クック(ラ・クックグラン)を使うことで、グリル庫内の油汚れが99.9%(※パロマ調べ)カットされます。

ココットプレート/ラ・クックグランはこんな方に
オススメです!

  • □これまで汚れるのが嫌でグリルを使わなかった
  • □グリルを使った後のニオイ残りが嫌でグリルを使わなかった

※は標準で同梱されてないため、ご希望の方は別途ご購入ください。

汚れても“掃除しやすいグリル

#グリルのお手入れ性能

  • 汚れても”掃除しやすいグリル”
  • ノーリツは、グリル庫内に汚れは付いてしまいますが、掃除のしやすさにこだわりがあります。
    ノーリツのマルチグリルでは、通常のグリルの側面についているバーナーを無くし、底面にバーナーを設置しています。
    両サイドのバーナーをなくし、グリル庫内の側面をフラットに。凹凸部をゴシゴシお手入れする必要がなく、拭き取りやすい構造です。

マルチグリルはこんな方に
オススメです!

  • □毎日グリルをお掃除したい

スミレナで取り扱っている“対応コンロ”

お手入れしやすくなる“コート技術

#グリルのお手入れ性能

  • お手入れしやすくなる“コート技術”
  • 各社のグリル調理器具にはセラミックコートまたはフッ素コートが施されています。一般的には、セラミックコートはフッ素コートより強度が高いと言われています。フッ素コートが使われているリンナイのココットプレートも、二重でコートされていますので、長くお使いいただけます。
  • 焼き魚

    リンナイ

    ザ・ココット:セラミックコート、ココットプレート:二重のフッ素コート
  • トースト

    ノーリツ

    キャセロールL:スーパーセラコート(セラミックコート)、プレートパンL:スーパーセラコート(セラミックコート)
  • あたため

    パロマ

    ラ・クックグラン:Wセラミックコート、ラ・クックグランポット:Wセラミックコート

取り出しやすいパロマの“グリルハンドル

#グリルのお手入れ性能

  • 取り出しやすいパロマの“グリルハンドル”
  • グリル調理器具は料理のたびに取り出しますので、取り出しやすさは重要です。リンナイとノーリツにはグリル調理器具を取り出すための取っ手が同梱されていないため、熱いときに取り出す場合にはミトンや布巾が必要です。パロマのラ・クックグランには取っ手が同梱されていますので、安全に取り出すことができます。

取っ手が付いたラ・クックグランはこんな方に
オススメです!

  • □ミトン等をあまり使わない
  • □グリル調理器具のまま食卓に並べたい

スミレナで取り扱っている“対応コンロ”

※は標準で同梱されないため、ご希望の方は別途ご購入ください。

グリルを滑らかに引き出せる“スライドレール

#グリルのお手入れ性能

  • グリルを滑らかに引き出せる“スライドレール”
  • 各メーカーの上位機種には、グリルの引き出しの機構としてスムーズに引き出せるスライドレールが採用されています。引き出し量には違いがあり、パロマのクレア、フェイシス、ウィズナではグリル調理器具が完全に引き出すことができるため、お手入れのために器具を取り出す際にキッチンの天板にぶつけて落としてしまったりする心配がありません。
  • パロマの通常グリル俯瞰

    パロマの通常グリル俯瞰

    パロマのスライドレール非搭載機種ではグリル調理器具の奥側が天板に掛かってしまいます。

  • リンナイのグリル俯瞰

    リンナイのグリル俯瞰

    リンナイなどのグリルでは、スライドレールが搭載されていても奥側が天板に少し掛かってしまいます。

パロマのスライドレールはこんな方に
オススメです!

  • □グリル調理器具を誤って落としてしまわないか不安

スミレナで取り扱っている“対応コンロ”

グリル調理器具の重さ”の比較

#グリルのお手入れ性能

  • “グリル調理器具の重さ”の比較
  • グリル調理器具は出し入れすることも多いため、重さも意外と重要です。パロマは他社に比べて圧倒的に軽いのが特長です。リンナイ・ノーリツは器具自体に厚みがあるため、パロマに比べると重いです。
    リンナイのザ・ココットはずっしりした見た目ですが、アルミ素材で1.7kgと軽量です。ストウブやバーミュキュラと言った市販されている無水調理鍋はホーロー製が多く重量が約4kgもあるので、ザ・ココットは無水調理鍋の中ではとても軽いですよ。
    • グリル調理プレート
    • グリル調理鍋
  • Rinnai
    • ココットプレート: 1.2kg
    • ザ・ココット:1.7kg
  • Noritz
    • プレートパンL:1.2kg
    • キャセロールL:2.0kg
  • Paloma
    • ラ・クックグラン: 650 g
    • ラ・クックグランポット:1.4 kg

お部屋に“煙・ニオイを充満させないグリル

#グリルのお手入れ性能

  • お部屋に“煙・ニオイを充満させないグリル”
  • リンナイとノーリツの上位機種には、グリル調理時に発生する煙・ニオイを抑える機能が付いています。この機能がついていると、魚を焼いたりしてもキッチン・リビングにニオイがこもりにくくなります。リンナイでは「スモークオフ」、ノーリツでは「スモークカット」と呼んでいます。スモークオフは、煙81%カット、ニオイ99%カット。スモークカットは、煙80%カット、ニオイ92%カット。リンナイの性能が若干高いです。

スモークカットはこんな方に
オススメです!

  • □高気密住宅にお住まい
  • □グリルでお魚や油物をよく作る

スミレナで取り扱っている“対応コンロ”

どれを選んでいいのか分からないから、
スミレナが独自目線で徹底検証!

コンロのお手入れ性能

美しく清掃しやすい“ガラストップ

#グリルのお手入れ性能

  • 美しく清掃しやすい”ガラストップ”
  • ガラストップは、ガラス素材特有の硬さや耐久性の高さにあります。ガラスと聞くと割れてしまうのではないか、と心配になるかもしれませんが、コンロのガラストップではガラスを高熱で均一な結晶を形成された結晶化ガラスを使用しています。そのため、通常のガラスよりも割れにくく、熱に強いのが特長です。また、水分・油分を弾き、汚れの染み込みがないというメリットもあります。
  • ショット社の高級ガラス

    ショット社の高級ガラス

    リンナイのガラストップのデリシアやリッセと言った上位機種では、ドイツのショット社のセランガラスが採用されています。セランガラスは、高級車で有名なベンツのフロントガラスにも使われているもので、非常に強度が高いのが特長です。コーティング処理がされていないため、もし汚れがこびりついてしまってもスクレーパーで剥がすことができます。

  • 親水アクアコート

    親水アクアコート

    ノーリツのガラストップには親水アクアコートが施されています。親水性の特徴を持つコーティングで、油汚れを水だけで浮かせる働きがあります。天板に水を垂らしておくだけで油汚れが浮き上がり、洗剤などを使うことなく、水だけで汚れを浮かせてサッと拭くだけでスッキリ落としやすくします。但し、ノーリツのガラストップにはコーティング処理がされているため、傷つける可能性があるお手入れができません。

各メーカーの天板のお手入れ方法

水拭き 中性洗剤 メーカー純正クリーナー メラニンスポンジ スクレーパー 市販クリームクレンザー 重曹
Rinnai × ×
Noritz ×
(常用不可)
×
Paloma × × ×

※各メーカーのサイトや技術担当へのヒアリングをもとに作成しております(2022年11月時点)。

ガラストップはこんな方に
オススメです!

  • □長くきれいなまま使いたい
  • □美しいデザインにもこだわりたい

スミレナで取り扱っている“対応コンロ”

※は一部商品のみ対象です。

強度の高さが魅力な“ガラスコートトップ

#グリルのお手入れ性能

  • 強度の高さが魅力な“ガラスコートトップ”
  • ガラスコートトップは、リンナイのパールクリスタル、パロマのハイパーガラスコートに分かれます。ノーリツの商品には存在しません。ガラストップ同様に焦げ付きにくく掃除がしやすく、かつ割れることのない強度を兼ね備えています。 ガラスコートトップは、金属板のうえに、ガラスのような光沢感のある硬質なホーローを焼き付けています。メタルトップに比べて、高い耐久性と高級感があります。ガラストップに比べると、耐久性が高く価格がお手頃な一方で、美観性や、縁部分に段差が多いため隅々のお手入れ性が劣ります。

ガラスコートトップはこんな方に
オススメです!

  • □うっかり重たいフライパンや包丁を落としがち

スミレナで取り扱っている“対応コンロ”

※は一部商品のみ対象です。

業務用のような重厚な“ステンレストップ

#グリルのお手入れ性能

  • 業務用のような重厚な”ステンレストップ”
  • ステンレストップはノーリツのプラス・ドゥおよびリンナイのドロップインに採用されています。業務用のような無骨な見た目は一部のユーザーに人気があります。厳選されたステンレスや鋳物の素材が使用されています。シンプルなデザインのため飽きのこないデザインです。一方で、ゴトク等は大型のため、お手入れ面は劣ります。

ステンレストップはこんな方に
オススメです!

  • □業務用の強火力で調理したい
  • □洗い場(シンク)が大きい

スミレナで取り扱っている“対応コンロ”

高級感ある“アルミトップ

#グリルのお手入れ性能

  • 高級感ある”アルミトップ”
  • アルミトップはリンナイのデリシアグリレに採用されています。ガラストップ同様の高級感ある見た目でありながら、アルミなので割れる心配がありません。

アルミトップはこんな方に
オススメです!

  • □ガラストップは割れないか不安だけど、お手入れのしやすさと見た目をこだわりたい

スミレナで取り扱っている“対応コンロ”

リンナイ デリシアグリレをご希望の方はスミレナスタッフにご相談ください。

汚れをはじく“テフロン加工アルミトップ

#グリルのお手入れ性能

  • 汚れをはじく”テフロン加工アルミトップ”
  • テフロン加工アルミトップは、ノーリツのピアットマルチグリルラックリーナに採用されています。温度が上がりにくいアルミ製です。表面には、フライパン等でおなじみのテフロン可能が施されており、水や油をはじき、汚れが拭きとりやすいです。ラックリーナには、通常のテフロン加工より強度を高めたテフロンプラチナ加工になっています。ガラストップやガラスコートトップに比べると、表面の強度が強くなく、小傷が目立ちやすいようです。また、通常のテフロン加工と同様に、汚れがこびりついてしまうと、加工がはがれやすくなってしまうようなので、こまめなお手入れが重要です。

テフロン加工アルミトップはこんな方に
オススメです!

  • □こまめにお手入れをする

スミレナで取り扱っている“対応コンロ”

ノーリツ ピアットマルチグリルのラックリーナをご希望の方はスミレナスタッフにご相談ください。

従来の“メタルトップ

#グリルのお手入れ性能

  • 従来の”メタルトップ”
  • 従来のビルトインガスコンロに多かったホーロー天板は、鉄板にガラスの釉薬を焼き付けたものです。元々の素材が鉄板であるため、耐久性があまり高くなく、お手入れの仕方次第では塗装がはげてしまったり、経年により錆びてしまう特徴があります。一方ガラストップ天板は、素材そのもので出来ているので、お手入れをしても塗装がはげてしまったり、経年劣化することがありません。しっかりとお手入れをしたい方は、耐久性に優れたガラストップ天板がオススメです。

天板の焦げつきを防止する“ヒートカット

#グリルのお手入れ性能

  • 天板の焦げつきを防止する”ヒートカット”
  • 見えない部分ですが天板の裏側のヒートカット機構に注目です。トッププレートの裏側に装着したアルミパネルによって熱を分散させ、表面の温度上昇を抑えます。バーナーまわりの温度は、従来品に比べて、リンナイの場合は約65℃、パロマの場合は約30~40℃ダウンします。煮こぼれなどによる焦げつきは温度が高いほど頑固になりますので、効果はリンナイの方が高いです。 リンナイでは「イージークリーン」、パロマでは「ヒートカット」と呼んでいます。
  • 標準的な天板裏面(パロマ)

    標準的な天板裏面(パロマ)

    標準的な天板裏には熱を逃がすアルミ板が付いていません。

  • ヒートカット(パロマ)

    ヒートカット(パロマ)

    パロマのヒートカットは3口のバーナー口を覆うようにアルミ板がついています。

  • イージークリーン(リンナイ)

    イージークリーン(リンナイ)

    リンナイのヒートオフはアルミ板に加えて、最も高温になるバーナー周りに冷却用ヒートシンクが付いています。

ヒートカットはこんな方に
オススメです!

  • □油・汚れが飛び散りやすいけど、揚げ物・炒め物をよく作る
  • □小まめなお手入れはさぼりがち

スミレナで取り扱っている“対応コンロ”

※は一部商品のみ対象です。

小さくて洗いやすい“コンパクトなゴトク

#グリルのお手入れ性能

  • 小さくて洗いやすい“コンパクトなゴトク”
  • 従来のコンロでは、ゴトクが大きく、取り外しやお掃除がとても大変でした。最新のコンロでは、ゴトクがスリム化されており、お手入れがしやすくなっています。ゴトクは素材の違いで、ステンレスゴトクとホーローゴトクがあります。上位機種には、よりお手入れが簡単なステンレスゴトクが採用されています。メリット・デメリットがあるので自分に合ったゴトクを選びましょう。
  • ステンレスゴトク

    ステンレスゴトク

    汚れの付きにくさ:○
    汚れの目立ちにくさ:△
    耐久性:○
    重さ:約200g

  • ホーローゴトク

    ホーローゴトク

    汚れの付きにくさ:△
    汚れの目立ちにくさ:○
    耐久性:△
    重さ:約210g

スミレナで取り扱っている“対応コンロ”

現在スミレナが取り扱っているコンロはすべて“コンパクトなゴトク“となっております。

ホーローゴトク”で汚れを目立たせない

#グリルのお手入れ性能

  • “ホーローゴトク”で汚れを目立たせない
  • ホーローゴトクは、鉄の表面に釉薬(ガラス質)を焼き付けています。釉薬は熱に強く、黒色のため付いてしまった汚れが目立ちにくいのが特長です。長く使うと釉薬が剥がれてきます。剥がれた部分は錆びやすく、ボロボロになってしまうのがデメリットです。

ホーローゴトクはこんな方に
オススメです!

  • □頻繁に掃除しないので汚れは目立たない用がよい

ステンレスゴトク”ならお手入れ簡単

#グリルのお手入れ性能

  • “ステンレスゴトク”ならお手入れ簡単
  • ステンレスゴトクは、鉄・クロム・ニッケル等の合金で、強度・耐食性が高いです。表面もツルツルしており、削れにくいため、汚れが付きにくいです。また、釉薬も使われていませんので、長く使ってもボロボロになる事もなく、錆びにくいのが特長です。

ステンレスゴトクはこんな方に
オススメです!

  • □汚れはサッと一拭きできれいにしたい
  • □長く使いたい
  • □キャンプが好きで焼き色が寧ろ良い

スミレナで取り扱っている“対応コンロ”

※は一部商品のみ対象です。

注意
ステンレスゴトクの注意点として、一度使うと青黒く変色します。写真は、6か月使用して変色したイメージと、変色後に専用クリーナーを使用してお手入れをしたイメージです。専用クリーナーは各メーカーのオンラインショップから購入できますが、イメージで分かるように、完全にきれいになるわけではありません。

  • 複数回使用した後

    複数回使用した後

  • 専用クリーナーでお手入れ後

    専用クリーナーでお手入れ後

rankingrankingranking

コンロのお手入れ性
スミレナおすすめランキング

  • お手入れ性No.1

    リンナイ デリシア

    リンナイ デリシア

    • 月額1,890円(税込)~
    • 総額226,800円(税込)~
    グリル部は、庫内が”汚れにくく”、ニオイ・煙も出しにくくキッチンを臭くさせない”スモークオフ”。コンロ部は、硬度が高くスクレーパーも使えてしまう”ガラストップ”で、バーナー周りも吹きこぼれもこびり付かせない”イージークリーン”が搭載。
    各部位で他社と大きく差をつけており、ずっときれいなコンロを保ち続けたい人におすすめです。
  • お手入れ性No.2

    リンナイ リッセ

    リンナイ リッセ

    • 月額1,250円(税込)~
    • 総額150,000円(税込)~
    基本的なお手入れ性は最上位のデリシアと変わりません。ザ・ココットが使えないことと、ゴトクが”ホーローゴトク”しか選べないことに注意してください。
    グリル器具や調理性能よりもお手入れをとにかく簡単にしたい方におすすめです。
  • お手入れ性No.3

    パロマ クレア

    パロマ クレア

    • 月額1,700円(税込)~
    • 総額204,000円(税込)~
    グリルにはスモークカット機能はありませんが、しっかり蓋を閉められる”ラ・クックグラン”のおかげで汚れは飛び散りにくいです。天板は”ガラストップ”と凹凸のない”ひろびろスッキリトップ”でお手入れ簡単で、リンナイの性能には劣りますが、バーナー周りも吹きこぼれもこびり付きにくくなる”ヒートカット”が搭載されています。
    防臭性はリンナイに劣りますが、天板のお手入れを簡単にしたい方におすすめです。
  • お手入れ性No.4

    パロマ フェイシス

    パロマ フェイシス

    • 月額1,240円(税込)~
    • 総額148,800円(税込)~
    基本的なお手入れ性は最上位のクレアと変わりません。クレアの方がは調理性と安全性が高い商品ですが、そちらを比較の上、重視しないのであればフェイシスがおすすめです。
  • お手入れ性No.5

    ノーリツ プログレ

    ノーリツ プログレ

    • 月額1,800円(税込)~
    • 総額216,000円(税込)~
    ノーリツのマルチグリルで使うプレートパン L は標準で蓋が付いていないため、どうしても油が飛び散ってしまいます。そのた め、汚れるのは仕方ないけどお手入れを小まめにする方におすすめです。

BACK TOP