• 給湯器

給湯器の寿命はどれくらい?耐用年数・交換時期についても解説

毎日使う給湯器だからこそ、いつでも快適に使えるように交換のサインを見逃すことなく寿命が来る前に交換するのが大切です。

とはいえ、交換には費用が掛かかるもの。
少しでも長く使えるようにする方法があるので、参考にしてください。

給湯器の寿命や交換のサイン、少しでも長く使うための方法を解説します。
目次

給湯器の寿命・耐用年数

一般的に、給湯器の寿命は10~15年です
給湯器を設置している場所や使用状況などによっても幅があり、短い場合は7~8年で寿命が来ることも。

メーカーが「安全上支障なく使用できる期間」を定めた「設計標準使用期間」も10年で、発売から10年以上経つと修理に必要な部品の製造も終了します。

そのため、購入から10年以上経つと故障時も修理ができなかったり修理費が嵩んだりと、交換よりも費用や手間がかかる可能性も。

給湯器を購入してから10年弱経ったら、修理よりも新しい給湯器に交換することを推奨します。特に近年の給湯器は省エネ性能に優れた機種も増えています。

省エネ対応の新しいモデルに交換する方が、古い給湯器の修理を重ねるよりも長期的に見て家計にも環境にも優しいでしょう。

寿命・交換時期のサインとなる給湯器の症状

故障してしまってから修理を依頼せずに販売業者に交換を依頼したとすると、見積を出してもらってから急いで注文したとしても、実際に給湯器を交換してもらうまでには一般的には2日くらいはかかってしまいます。

したがって、完全に故障してしまう前に、あらかじめ準備を進めましょう。

以下に給湯器交換のサインとなる症状をまとめました。

給湯器を使っているときに、以下のような異変に気がついたら、給湯器交換のサインだと思って、故障して使えなくなる前に修理を依頼(相談)するか、早めに給湯器を交換することをおすすめします。

症状1:シャワーや炊事をしていると急にお湯の温度が熱くなったり、冷たくなったりすることがある

浴室やキッチンなどでお湯をしばらく使っていると、急に熱くなったり冷たくなったりする、ということはありませんか。

真夏や真冬で外気温が極端に暑い、または寒い場合や温度設定が低くして少量で使用していると、お湯が出始めてしばらくは温度が安定しないことがあります。この場合、しばらくすると湯温は安定してきます。

しかし、シャワーや炊事でお湯を出したまま使い続けていても湯温が安定しないようならば、給湯器の寿命が近づいている可能性があります。

症状2:お湯が出始めるまで、以前より時間がかかるようになった

水栓を開けるだけで、たっぷりとお湯が出てくる便利な給湯器。

多くの給湯器は、この水の流れがスイッチがわりになっているので、水からお湯になるまでに若干時間がかかることがあります。

湯になるまでの時間は、季節や給湯器の設置場所と使用する場所の距離などによって変わってきますが、「以前よりお湯になるまで時間がかかるようになった」と感じるのなら、そろそろ交換のタイミングが近づいているのかも。

自分だけではなく、ほかの家族も同じように感じているというなら、交換を検討してみるべきです。

症状3:お湯を使っていると、異音がするようになった

湯を使っているとどこからか大きな音が聞こえるようになった場合も、給湯器の経年劣化によるトラブルの前兆のサイン。

給湯器を屋外に設置している場合、お湯を使っているために水音などで大きな音がしていても気が付かないことも。

ご近所の人から「おたくの給湯器、最近大きな音がするけど大丈夫?」と言われて初めて気がついた、というケースもあります。

もし、現在使用している給湯器が、設置してから10年近く経っているものなら、異音がしないか、給湯器を使っている時に一度チェックしてみましょう。

症状4:給湯器から水漏れしている

給湯器の下部の地面がいつも濡れている、というなら、給湯器からの水漏れが考えられます。

水抜き栓から出ているのであれば問題はありませんが、本体から水漏れしているのなら、給湯器本体の内部部品の破損していることも。

給湯器内部で使われているゴム製のパッキンは、経年劣化によっておよそ10年で硬化して役割を果たさなくなります。

気づいた時は、ポタポタという状態だったものをそのまま放置しておいたら、パッキンが完全に破損してものすごい勢いで水が吹き出してしまう、なんてことにもなりかねません。

マンションなどの場合は、その水漏れで階下まで被害が及ぶケースも。できるだけ早く交換することをオススメします。

症状5:給湯器の外側にサビがついている

給湯器の場合、屋外に設置されることが多いため、風雨やホコリに強い素材や加工が用いられていますが、使用するごとに高温多湿の状態になります。

そのため、長年に渡って使い続けるうちに、経年劣化で外部カバーの塗装や加工が剥がれて、サビがついてくることがあります。

外部カバーだけであれば問題はありませんが、外部にサビが目立つようになれば、内部部品などにもサビがついている可能性も。こうしたサビは、給湯器の故障の原因になることもあります。

症状6:給湯器を使っていると、これまではしなかった異臭がする

給湯器を使っていると、焦げたような臭いがするというのなら、トラブルが起こるサイン

ホコリなどが入って、燃焼されたものがたまっていたり、経年劣化で着火部分の部品が摩耗してしまっていたりすると、不完全燃焼や異常燃焼を起こす場合もあります。

給湯器に使われていう部品の多くは、耐用年数が10年程度なので、早めに交換または修理を依頼しましょう。

また、たまに「なんだかガスくさいような気がする」というケースもあります。

ガス臭がした場合は給湯器の使用を中止し、ガスの元栓を閉鎖。できればガスメーターのメーター栓も閉鎖して、24時間対応してくれる東京ガスの「ガス漏れ専用通報電話」まですみやかに連絡を。

給湯器を長く使うための方法

給湯器の交換時期の目安は10年でも、使用方法によってはそれより短い期間で使えなくなってしまうこともあります。

少しでも長く使えたほうが家計にも環境にも優しいポイントを押さえ、可能な範囲で実践してみてください。

給湯器を長く使える方法をご紹介します。

使用時間を短くする

使用時間をなるべく短くして給湯器の燃焼時間を少なくすれば省エネ対策になるので、光熱費削減にも。

また、使うお湯の温度(給湯温度)を下げることも有効です。

気温や水温が低下する冬場は夏よりも大きく水温を上昇させる必要があり、その分給湯器に負荷がかかります。

短い使用時間の中で、お湯の温度を高くしすぎないように注意しましょう。

1年を通して入浴スタイルを変えない

夏はシャワーだけ、冬は浴槽にお湯を貯めて湯舟に浸かって温まるという入浴スタイルの変化も、給湯器の負担になります。

また、冬の冷え切った浴室を温めるために床や壁にシャワーでお湯をかけたり、浴槽のお湯を洗い場に流したりする方もいらっしゃるかもしれません。

これもお湯の使用量を増やすことになるので、給湯器の寿命を縮めることに。

このように夏には行っていなかった入浴スタイルの変化が冬の給湯器には負担になり、故障の原因になります。

無理のない範囲で冬場もシャワーだけで済ませる日を増やしてみるなど、1年を通して入浴スタイルのムラをなくすように意識してみましょう。

使用する入浴剤に気をつける

入浴に白濁した入浴剤を使用

入浴剤の購入時に特に確認した方がよいのは、成分や濁りの有無です。

中性のものや、浴槽の底が見えるくらいの透明感のあるタイプがおすすめです。

お湯に入れると乳白色や白濁になる入浴剤には「酸化チタン」が含まれている可能性があり、この成分が給湯器の劣化や故障につながる恐れがあります。

同様に、硫黄成分を含んだものやバスソルトなど塩分のあるものも給湯器の寿命を縮める原因に。

もしもこれらの入浴剤を使用する際には追いだきをせず、使用後はすぐに排水して、少しでも劣化のリスクを抑えることが重要です。

給湯器本体の近くに障害物を置かない

給湯器本体の近くには障害物を置かず、排気口から排出された排気を逃がすスペースを空けるのも故障防止に繋がります。

隣家や周辺の壁、塀との間は60cm以上確保するのが目安です。

給湯器の前面に十分なスペースがないと、排気を吸気口から再度吸い込んでしまい、不完全燃焼や内部故障の原因に。

これは給湯器から排出されるガスに含まれる硫黄が空気や排気中の水分と化学反応を起こして腐食性のある亜硫酸や硫酸を生成するからです。

すると入浴剤の場合と同様に、機器の配線や部品の劣化を引き起こす危険が高まります。

そのため排気が逆戻りしないよう、適切に逃がすことが大切です。

メンテナンスも行いやすくなるので給湯器回りは十分なスペースを確保しましょう。

排気カバーや配管カバーを設置する

排気カバーをつけた給湯器

排気の方向を変える「排気カバー」や、紫外線を防止する「配管カバー」の使用も、給湯器をより長く使うために効果的です。

排気カバーで排気の方向を変えれば、給湯器本体の吸排気がスムーズになり、給湯器の寿命を延ばす効果があります。

室内への排気の侵入を抑え、ガスの臭いが部屋に溜まることを防ぐ役割もあるので、一石二鳥です。

給湯器の配管素材に架橋ポリエチレン管が使用されている場合は、配管カバーを使うと紫外線による硬化・割れを防ぐことができます

給湯器の寿命に関わる配管の劣化を抑えられるので、お使いの給湯器の配管素材に応じて検討するのがおすすめです。

給湯器の寿命を把握して来たる故障に備えましょう

給湯器の寿命は10~15年ですが、メーカーが想定する「安全上支障なく使用できる期間」は10年です。

設置から10年を過ぎる頃には交換を検討するのが家計にも環境にも優しいといえます。

とはいえ、給湯器の交換には本体の価格に加えて工事費用もかかり、頻繁にできるものではありません。

給湯器の適切な使用方法を確認して少しでも長く使えるように心掛けながら、故障にも万全に備えておきましょう。

当社はお客様のライフスタイルやご要望に沿って、給湯器の選び方などのご相談を承っています。

いざという時にも、お気軽にお問い合わせください。

最後に:3つの安心のスミレナで

スミレナではスタッフによるメールやLINEでのご相談を承っております。
その際、お客さまの給湯器の状況を写真で送信していただければ、スムーズな現場調査とお見積の提示が可能になります。

現場調査後は原則1週間以内に見積を提示し、ご注文後は最短での取替え日程を調整いたします。
工事はメーカー指定の工事店にてシッカリ・キッチリ、丁寧に仕上げます。

また、スミレナで設置した給湯器には10年間の長期保証がついてきます。
長期保証期間中に調子が悪くなった場合、メーカー指定の作業員が修理にお伺いし、修理代は一切かかりません。

1つ、東京ガスグループで安心のスミレナ、
2つ、長期保証がついてもっと安心のスミレナ、
3つ、メーカー指定の工事店による工事だからもっともっと安心のスミレナ、

この際にぜひ、「3つの安心のスミレナ」でお取替えをご検討されてみては如何でしょうか。
ご相談をお待ちしております。


お悩み相談はこちらから!

スミレナの取り扱っている給湯器一覧

給湯器については次の記事もご参考ください。

ライター情報

株式会社スミレナ マーケティング部 編集チーム