• 給湯器

給湯器の光熱費を節約するお得な温度は?今すぐできる最適な温度設定を解説!

給湯器を長く利用するために、適切な温度設定が大切ということをご存じでしょうか。
適切な温度設定にすることで、機器が長持ちするかもしれないのです。

また、適切な温度設定は、光熱費の節約にもつながります。
給湯器の適正温度や光熱費の節約につながる理由を詳しく解説するので、ぜひ実践してみてください。
目次

給湯器の温度設定は何度がおすすめ?

給湯器リモコン

給湯器の適切な温度設定は50~60℃です
浴室の水栓に多く利用されている「サーモスタット混合水栓」を製造する各メーカーの推奨設定温度が50~60℃となっているからです。

サーモスタット混合水栓は自動温度調節機能付の水栓のことで、給湯温度や水圧が変わっても吐水温度を一定に保つことができます。
吐水温度はお湯と水を混合して調整され、給湯器で設定されている温度よりも低くなります。
そのため給湯器の温度設定が低いと、実際に蛇口やシャワーから出てくるお湯が思ったよりも低い、ということになりかねません。

給湯器の温度設定をされていない方は、普段利用する温度の+10℃、つまり50~60℃の間で設定してみましょう。

50℃〜60℃が最適な温度である理由

任意の温度の水に調整する方法は、「温めた水をそのまま使う」または「お湯に水を混ぜて使う」の2種類があります。

通常であれば前者の方が節約になるのですが、ここで考慮したいのは吐水口までの配管の長さです。
配管が長いと、任意の温度で水を作っても吐水される頃にはぬるいお湯になってしまいます。

すると、再度温かいお湯を作る必要が生じ、給湯器の効率は非常に悪くなります。

そのため、後者のように手元の吐水口付近で熱湯と水を混ぜて調整する混合水栓を使う方が節約につながります

一般的には40℃付近でお湯を使う家庭が多いので、推奨値は+10℃の50℃〜60℃になります。

42℃以下で使うと壊れるのは本当?

サーモスタット混合栓

42℃以下の温度に設定すると壊れやすいと言われる理由は、任意の吐水温度にする際ある程度多量の水で調整する方が水栓に負荷がかかりにくいからです。

このことは各メーカでも推奨されており、大体吐水温度の+10℃に設定するのがいいでしょう

例えば38℃のお湯を使いたい場合、40℃の設定だと−2℃にするために微量の水で調整することになるため水栓内の負荷が大きくなります。一方50℃の場合、38℃のお湯を作るにはある程度多くの水量で調整するため、負荷が少なくなります。

ただし、これはあくまでも水栓内部で温度を調整する場合を前提にしているので、サーモススタッド混合水栓のようなタイプの水栓に限られます。

給湯器の温度設定は50~60度が光熱費の節約にも最適

給湯器の温度設定は、50℃〜60℃と高めに設定しておくと光熱費の節約に適しています。

給湯器は、温度に比例してガスエネルギーを消費します。
そのため、基本的には高い温度設定の場合は使用量が増え光熱費も上がり、低い温度設定の場合は光熱費が下がります

しかしお湯が手元に届くまでの距離を考慮すると、高い温度にしておく方が効率良くお湯を調達でき、光熱費を節約できます。
基本的に水回りは近くにまとめて設計しますが、多少の距離があるので手元に届くまでにお湯の温度が下がってしまい、給湯効率が下がってしまうのです。

そこであらかじめ高い温度設定にしておけば、多少温度が低下しても手元に届く頃には任意に近い温度になります。
また、混合水栓の場合は水栓内で水と混ぜて自動調整が可能になります。そのため効率良くお湯を調達でき、結果として光熱費節約にもつながります。

給湯器の最適な温度設定まとめ

給湯器の最適な温度設定について解説しました。

一般的に使用されるお湯の温度を40℃とすると、給湯器の最適な設定温度は50~60℃です。基本的には、温度が高ければエネルギー使用量が増えるので、比例して光熱費も高くなりますが、吐水までの配管の長さや温度調整幅が小さいことによる水栓負荷を考慮すると、使いたい温度よりも10度ほど高く設定しておく方が効率良くお湯を調達でき、光熱費も節約できます。

ただし、適切な設定温度は給湯器の種類や方式によって異なります。導入コストにも幅があるので、給湯器選びに迷う方もいらっしゃるでしょう。

生活スタイルや使用頻度によっても適切な給湯器は異なるので、わかりにくい場合にはぜひプロに相談してみてください。

最後に:3つの安心のスミレナで

スミレナではスタッフによるメールやLINEでのご相談を承っております。
その際、お客さまの給湯器の状況を写真で送信していただければ、スムーズな現場調査とお見積の提示が可能になります。

現場調査後は原則1週間以内に見積を提示し、ご注文後は最短での取替え日程を調整いたします。
工事はメーカー指定の工事店にてシッカリ・キッチリ、丁寧に仕上げます。

また、スミレナで設置した給湯器には10年間の長期保証がついてきます。
長期保証期間中に調子が悪くなった場合、メーカー指定の作業員が修理にお伺いし、修理代は一切かかりません。

1つ、東京ガスグループで安心のスミレナ、
2つ、長期保証がついてもっと安心のスミレナ、
3つ、メーカー指定の工事店による工事だからもっともっと安心のスミレナ、

この際にぜひ、「3つの安心のスミレナ」でお取替えをご検討されてみては如何でしょうか。
ご相談をお待ちしております。


無料相談はこちらから!

  • ライター
    株式会社スミレナ マーケティング部 編集チーム
    2019年12月に東京ガス発のベンチャー企業として誕生したガス機器・水回りが得意なリフォーム会社。
    お客さまのライフスタイルに合わせた「納得・感動のリフォームプラン」を一緒に作り上げていきます!

BACK TOP