• 給湯器

給湯器の電源がつかない…原因と対処方法を解説!

給湯器の電源が急につかなくなったときは、「本当に壊れている」のか「すぐに直る」のかを正確に判断するのはなかなか難しいものです。
この記事では給湯器の電源がつかなくなったときの対処法について解説します。
目次

【症状別】給湯器がつかない原因と対処方法

給湯器がつかない場合、何らかのトラブルが発生しています。

まずは症状別に原因を探っていきましょう。
状態によっては自分で解決できる場合もあります。

リモコンの電源が入らない

給湯器の電源が入らない場合、まずはリモコンを確認します

台所や浴室に設置されているリモコンが正常に動いていないのなら、どこに原因があるのか探っていきましょう。

①リモコン自体の電源が切れている

給湯器の電源がつかないときに、最初に確認したいのがリモコン自体の電源が切れていないかです。

リモコンの液晶画面がつかないままで水が温まらないときは、まずリモコン自体の電源が入っているかを確認してみましょう。

家族の人がお湯を使わない夜間などにリモコンの電源を落としているといった事例はよくあります。
電源がOFFになっている場合なら、改めてONにするだけで解決するので、電源を入れなおした上で、再度給湯器が使えるかどうか確認しましょう
それでも直らない場合は、他の要因が考えられます。

②給湯器本体の電源が切れている

エコキュートなどの電気給湯器に関わらず、ガス給湯器や石油給湯器でも電気を活用しています。

給湯機本体の電源は、大抵の場合外に設置されているため、多くの人が気づかずに生活しています。

そのため、知らないうちに何らかの理由で抜けているといったトラブルが起きる事例はよくあります
この場合は、給湯器のコンセントをつけなおすことで解決します。

抜けてしまった理由は、例えば「中途半端にささっていた」「動物などの接触があった」「誰かが故意に抜いた」などさまざまです。

同様のトラブルを起こさないために、なぜ電源が抜けてしまったのか把握し、対策を考えましょう

③ブレーカーが落ちている

漏電などによって一定時間異常な電流が発生すると、安全装置が作動してブレーカーが落ちることがありますし、落雷などの影響で過剰な電気が発生したときにも落ちることがあります。

エコキュートなどの電気給湯器だけでなく、ガス給湯器等でも電気を使用しているので、ブレーカーが落ちると機能が使えなくなります。

ブレーカーを上げて電気供給を再開すれば問題なく使用することができますが、ブレーカーが落ちた原因が給湯器に起因する場合は、故障している可能性があります

その際は、使用を中止してメーカーや施工業者に相談してみましょう。

④配線不良やリモコン本体の不具合

リモコン本体や配線に不具合が生じているときも給湯器を利用できなくなります
例えば使用期間が長い給湯器は配線内部で腐食が進み、中の部品が故障していることがあります。

リモコン本体や配線に異常がある場合は、リモコンの交換や修理対応をしなければ直りません。
専門の業者に依頼しなければならないので、すぐに直すことができないケースです。

古い給湯器が、突然急につかなくなった際には、早急に連絡しましょう。
絶対に自分で分解せず、そのままの状態で故障内容をを伝えてください
自分だけでの修理は怪我のリスクを伴いますし、別のトラブルを発生させる可能性があります。

液晶パネルがつかない

リモコンの液晶パネルがつかない場合の対処法について解説します。

電源は入ってもモニターがつかないのか、そもそもに電源が入らないのか、さまざまな原因が考えられます。
以下に当てはまる症状があれば試してみてください。

①節電モードになっている

給湯器のリモコンに限らず、最近の電気製品には電力の消費を抑えるために「節電モード」が搭載されています

節電モードの場合は一定時間操作がないと自動で液晶パネルがOFFになるので、故障ではありません。

給湯器のリモコンスイッチを押すか、使用することで再び液晶パネルが起動して使えるようになります。

そのため、まずは節電モード機能が搭載されているか確認してみてください

とくに、キッチン側のリモコンは自動で節電モードになっていることがよくあります。

節電モードがない、もしくは起動していないのに液晶パネルがつかない場合は故障が考えられますので、速やかに業者に連絡するようにしましょう。

②リモコンの故障や配線の不具合

液晶パネルがつかない場合、リモコン本体の故障や配線の不具合が考えられます。

つかないリモコンが1つだけの場合はリモコン本体の故障、設置している全てのリモコンがつかない場合は配線の不具合であることが多いです

経年劣化や地震などの自然災害で負担がかかると、内部に問題が起きるケースはよくあります。

ボタンを押したり電源を入れ直したりしても改善されない場合は、ほぼ間違いなく内部の故障が原因です。
そのため、専門業者への依頼が必要です。

また、このとき家にあるすべてのリモコンをチェックしておきましょう。
どのリモコンが交換または修理が必要なのかそれぞれ把握しておくことでスムーズな依頼につながります。

給湯器本体の電源が入らない

リモコンではなく給湯器本体の電源が入らないときもさまざまな理由が考えられます。
それぞれの状態における対処方法を解説していきます。

①ガスや電気などのエネルギー供給が止まっている

ガスや電気などのエネルギー供給が止まっている場合、給湯器の電源が入らないことがあります

給湯器以外にもガスや電気を使っている箇所を確認しましょう。
例えばキッチンのコンロは、きちんと点火しますか?
反応がないとすると、ガスの元栓が閉まっていたり、ブレーカーが落ちていたりするかもしれません。
この場合、供給を再開させれば給湯器の電源も普及しますので試してみてください。

ただし、復旧作業はガス給湯器やエコキュートなど機械によって違うので注意が必要です。
また、支払いが滞っているなどそもそもにエネルギーが供給されていないこともあるので、それも踏まえて原因を探してみましょう。

②給水管故障により水供給が止まっている

水の供給不足が原因で、給湯器本体の電源がつかないこともあります

例えば、給水バルブがしまっているケースや給水配管が凍結していて水が供給されないケースです。

新築などで新しく給水バルブを取り付けた場合や新居に引っ越したときに給水バルブを開けるのを忘れていたり、寒い地域などで給水管から水が供給されなかったりという事例はよくあります。

基本的に給水が再開されれば問題なく作動するので給水バルブを開けたり凍結を溶かしたりといった対策を取りましょう。

このほかには、水圧が不十分なために給湯器の電源がつかない場合もあります
給湯器には点火に必要とされる水圧があらかじめ設定されているので、満たしていないと電源はつきません。

この場合は自分で修理することが難しいので、専門業者に依頼しましょう。

③エラーコードが出ている

給湯器に何らかのトラブルが発生すると、リモコンにエラーコードが表示されることがあります。

エラーコードは給湯機本体におきている異常を示す内容になっており、アルファベットや数字の組み合わせで表示されます

この表示されるエラーコードの値が、起きている故障の内容を示しているので各コードに合わせた解除方法で解除しなければなりません

各メーカのホームページや取扱説明書に内容と対処方法が記載されているので確認してみてください。

エラーコードによっては、自分で対処できる場合もありますが、ほとんどの場合は簡単には直すことができません。
その際は、専門業者に対応を依頼しましょう。

給湯器がつかないのは壊れる前兆かも

長年使用している給湯器の場合、経年劣化などからさまざまな不具合が起きやすくなります。

特に10年近く使用している場合は、保証期間も過ぎ、故障のリスクも高いです。
保証外のため、修理費用も割高なうえ、修理できたとしても他の箇所が原因で再度壊れる可能性もあります。

これは、給湯器に使われている部品の耐用年数は、どれも同じくらいだからです。
そのため、一か所が壊れたとしてそこを直しても違うところが壊れる可能性があります。

  • 追いだきができない
  • 煙が出てくる
  • 異音がする
  • 水漏れしている

上記のような現象が出た場合は、壊れる前兆と考えられるので、何らかの対策を取ったほうがよいでしょう。

まとめ:給湯器がつかなくなったら

給湯器がつかなくなる原因はさまざまで、それぞれの原因によって対応方法が違います。

そのため、まずは給湯器の電源がつかない原因を探ることが最も大切です。
主な原因は下記のとおりです。

  • リモコン自体の電源がきれている
  • 給湯機本体の電源がきれている
  • 故障している

いずれにしても、自分で直せない場合は業者に依頼する必要があります。
その際、修理か交換かは大きな問題になりますが、目安としては10年使用しているかどうかで判断するといいでしょう。
給湯器本体に使われている部品の耐用年数はどのパーツも同じくらいので、一つ壊れるとその他も壊れる可能性があります。

耐用年数を過ぎた商品は、修理よりも交換の方がトータルコストは安くなるので、まずは相談してみてください。

最後に:3つの安心のスミレナで

スミレナではスタッフによるメールやLINEでのご相談を承っております。
その際、お客さまの給湯器の状況を写真で送信していただければ、スムーズな現場調査とお見積の提示が可能になります。

現場調査後は原則1週間以内に見積を提示し、ご注文後は最短での取替え日程を調整いたします。
工事はメーカー指定の工事店にてシッカリ・キッチリ、丁寧に仕上げます。

また、スミレナで設置した給湯器には10年間の長期保証がついてきます。
長期保証期間中に調子が悪くなった場合、メーカー指定の作業員が修理にお伺いし、修理代は一切かかりません。

1つ、東京ガスグループで安心のスミレナ、
2つ、長期保証がついてもっと安心のスミレナ、
3つ、メーカー指定の工事店による工事だからもっともっと安心のスミレナ、

この際にぜひ、「3つの安心のスミレナ」でお取替えをご検討されてみては如何でしょうか。
ご相談をお待ちしております。


無料相談はこちらから!

  • ライター
    株式会社スミレナ マーケティング部 編集チーム
    2019年12月に東京ガス発のベンチャー企業として誕生したガス機器・水回りが得意なリフォーム会社。
    お客さまのライフスタイルに合わせた「納得・感動のリフォームプラン」を一緒に作り上げていきます!

BACK TOP