• 給湯器

給湯器からお湯が出ない!原因と対処法を解説します

突然給湯器からお湯が出なくなると、お風呂にも入れず困ってしまいます。
しかし、まずは落ち着いて、ひとつずつ原因を確認していきましょう。

例えば、お湯が出ないときは、主に水道回りやガス、給湯器などに原因が潜んでいることが多いです。
そもそも水さえ出ない状態であれば水道回りに異変が生じている可能性があります。
給湯器の故障が疑われる場合は、修理や交換の依頼も視野に入れるとよいかもしれません。

本記事では給湯器からお湯が出ない原因やチェックポイント、対処法などを解説しています。
目次

給湯器からお湯が出ないときの原因

給湯器からお湯が出ない場合は、そもそも水が出ない状態なのか、それともお湯が出ない状態なのかによって考えられうる原因が異なります。

・水も出ない場合

そもそも水も出ないときは、水道管や蛇口(水栓)、止水栓などに何らかの異常が発生しているかもしれません。
止水栓とはシンク下や洗面台下などにあるハンドルタイプやネジタイプの栓のことです。
水道管の劣化や破裂、凍結などによっても水が出ないことがあります。
自然災害の後では断水していることもあるでしょう。

・水は出るがお湯にならない場合

水は出るがお湯にならない場合は、ガスや給湯器、蛇口(水栓)などに異常がある可能性が高いです。
また、特定の場所でお湯が出ないのか、家全体でお湯が出ないのかにもよって原因のある箇所が異なるため、次の章で詳しく解説いたします。

給湯器からお湯が出ないときにはここをチェック

例えば、キッチンで水が出なくなってもお風呂場では問題ないこともあります。
水が出ない範囲が1か所だけなのか、複数箇所なのか、それとも家全体なのか確認してみましょう。
不具合が起きている範囲がわかると、どこに問題が発生しているかが見つけやすくなります。

1か所だけ水が出ない場合

1か所だけの場合は以下の3つの原因が主に挙げられます。

1.止水栓が閉まっている
近日中に水漏れ修理をしたときや何かが触れたことにより止水栓が閉まっていると、その箇所だけ給水が行われなくなります。
左回り(反時計回り)に止水栓をゆるめてみて、それでもなお出ないときは別の箇所の不具合を疑いましょう。

2.蛇口(水栓)が壊れている
止水栓が開いているけれども水が出ない場合は、蛇口のハンドル部分が故障しているかも
しれません。
経年劣化などでハンドル部分の部品が摩耗してしまい、空回りしていることが考えられます。
蛇口の耐用年数は10年なので、それ以上経過していたら可能性は高いです。

3.水道管が凍結、もしくは劣化している
冬場、特に0℃を下回っている日であれば水道管が凍結しているかもしれません。
自然に気温が上昇するのを待つか、水道管にタオルなどをかぶせて人肌くらいのぬるま湯をかけてみてください。
築年数が40年程度経っていると水道管が錆びて劣化していることもあります。
その場合はすぐに業者に連絡をするとよいでしょう。

複数箇所・家全体で水が出ない場合

複数箇所や家全体の場合、上と同様に水道管の凍結や劣化が挙げられます。
そのほかは以下のような原因も考えられるでしょう。

断水
自然災害時や近隣で水道工事をしていると断水してしまうことがあります。
双方とも復旧を待つよりほかはありません。
災害時には自治体のサイトやニュースなどを確認して、断水エリアに該当していないか確認してみてください。

元栓が閉まっている
水道メーターの近くにある元栓が閉まっていないか確認してみましょう。
一戸建ての場合は、道路近くの地面にメーターボックスが埋め込まれています。
元栓のレバーの向きを変えて開けてみましょう。

ガスはつくか確認

水は出るけれどもお湯が出ない場合、ガスコンロが使えるか確認してみましょう。
ガスコンロも使用できないのであれば、ガス回りに問題が発生している可能性が高いです。
なお、その際は稀にガス漏れも発生している危険性があるため、火の取り扱いは避けてください

ガスメーターが止まっている場合

ガス機器の消し忘れやガス圧の低下、災害時や大量のガス漏れが発生しているときは、安全装置が作動してガスメーターが止まるようになっています。
液晶画面に「ガス止」の表示がある、もしくはランプが赤く点滅しているなどはガスメーターが止まっているサインです。

念のため、換気を行い、火の取り扱いは避け、ガスメーターに設置されている復旧ボタンで復旧を行いましょう。

ガスの元栓もチェック

上記でも解決できない場合、ガスの元栓が閉まっていないかも確認してください。
ガスの元栓が閉められるのは、入居前や住宅の引き渡し時なので可能性としては少ないです。

給湯器を確認

ガスコンロも使用できる場合、給湯器に何らかのトラブルが発生していることが予想されます。
給湯器が故障すると液晶にエラーコードが表示されるので、それにしたがって対処しましょう。
以下に主なエラーコードを抜粋して紹介します。

ノーリツ

エラーコード

詳細

原因

対処法

11

給湯連続燃焼タイマー
カウントアップ(60分)

給湯を連続60分以上運転
したため

給湯栓を閉め、運転スイッチをいったん
「切」にし、再度「入」にして使用して
ください。

12

ふろ連続燃焼タイマー
カウントアップ(90分)

追いだきを連続90分以上
運転したため

運転スイッチをいったん「切」にし、
再度「入」にして表示が出なければ
正常です。

901

給湯燃焼異常(出力低下)

燃焼状態が低下していると
きに表示。
給湯できる場合
でも点検が必要です。
停止している状態の場合は
修理手配が必要です。

点検や修理が必要なため、
業者への依頼をしてください。

以下もご参照ください。
故障かな?と思ったら|株式会社ノーリツ

リンナイ

エラーコード

詳細

原因

対処法

013

長期間連続使用警告

誤操作

35分以上機器の運転を停止させてください。

100

給湯能力ダウン運転

給排気通路の閉塞、熱交換器フィン詰まりなど

運転スイッチをいったん切って再操作してください。

101

給湯出力ダウン運転

給排気通路の閉塞、熱交換器フィン詰まりなど

運転スイッチをいったん切って再操作してください。

111

給湯点火不良

ガス元栓が開いているか、イグナイタ、
ガスコントロールの不良

ガス栓確認後再操作してください。

163

部分凍結異常

暖房回路の凍結

気温が上がるのを待って再操作してください。

以下もご参照ください。
給湯器 | リンナイ|Q&A(よくあるお問い合わせ)

パロマ

エラーコード

詳細

原因

対処法

032

排水異常による自動停止

排水栓の閉め忘れ、バスアダプターのフィルターが
目詰まりしている

浴槽の排水栓を閉める、バスアダプターのフィルターを
掃除してから再操作

101

給湯ファン送風量低下(警告)

機器の給気口をふさいでいる

ふさいでいるものを取り除いて再操作

111

給湯点火不良

点検や修理が必要なため、業者への依頼をしてください。

点検や修理が必要なため、業者への依頼をしてください。

以下もご参照ください。
給湯器(追い焚き無し)|よくあるご質問|お客様サポート|Paloma

エラーなしなのに給湯器からお湯が出ない理由

エラーが表示されていないのに給湯器からお湯が出ない、もしくは設定温度のお湯が出ない場合は以下の理由が考えられます。
フィルターの掃除が不十分なことだけでなく、外気温や水温によって不具合が発生することも少なくありません。

業者に連絡する前に以下も確認してみてください。

給湯栓を開いてもお湯が出ない

夏場に低温のお湯を少量出そうとしたときにお湯になりにくいです。
外気温が高いと水温も高くなり、温度が安定せず、お湯にならないことがあります。
お湯の温度をあげるか、給湯栓を開いて水量をあげてみてください。

給水口フィルターにゴミが詰まっているとお湯の量が減ってしまい、ガスが消火してしまうためお湯になりません。
給水口フィルターの掃除をしてみてください。

低温のお湯が出ない

主に夏場に発生しやすい現象ですが、水温が高くなっているときに低温のお湯を出そうとすると、温度が安定せず、高温になってしまうことがあります。

水温が高い上にガスが燃焼して温度を上げようとするためです。
この場合も給湯栓をより開くと低温の温度が出るようになります。

高温のお湯が出ない

ガス栓が全開でないと十分に燃焼できずぬるいお湯しか出ないことがあります
ガス栓が開ききっているか確認してください。

また、冬場で外気温が低く、水温も低いなかで大量のお湯を使用しようとするとお湯が熱くなりにくいです。
水量が多すぎることが原因なので、給湯栓を絞り、出てくるお湯の量を少なくしてみましょう。

ひとつの蛇口からレバーを切り替えるなどして水とお湯を出せる混合水栓を使っているのであれば、蛇口の設定温度を最高にして使用してみてください。
お風呂場のシャワーに使われているようなサーモスタット式混合水栓なら、希望の温度より5 ~10℃高めに設定してみましょう。

お湯が出なくなったときは給湯器を交換すべき?

給湯器を設置してから10年以上使用している、上記で紹介したことを試してもお湯が出ない、などの場合は給湯器の修理や交換を依頼した方がよいでしょう。
そこまで稼働年数がなく、メーカーの保証期間内であったり異常を感じてからすぐであったりすれば修理のみで解決する可能性があります。
10年以上稼働していれば新しいものと交換する方がおすすめです。

メーカーの保証期間内の場合

多くのメーカーの保証期間は購入してから1〜3年間となっています。
ご自宅の製品の保証期間を知りたい場合はメーカーの公式サイトにて確認してみましょう。
品番の最後にBLの表記がないと1年、BLの表記があると2年の保証期間がついていることが多いです。

保証期間内であれば無償で対応してくれるケースがほとんどで、修理をすればまた問題なく使用できるようになります。

長期間使っている場合は寿命の可能性も

一方、10年程度使用している場合は給湯器の耐用年数を超えているため、新しいものと交換した方が安心です。
修理して直せることもありますが、その後また故障してしまう可能性が高く、修理費がかさんでしまいます。
安全性の観点からも交換をおすすめします。

給湯器からお湯が出ないときのまとめ

給湯器からお湯が出ないときの対処法をおさらいしましょう。

  • 水やお湯が出る範囲を確認する
  • 止水栓や元栓がしまっていないか確認する
  • ガスコンロが使えるか確認する
  • 給湯器のエラーを確認する

もし、原因が給湯器にありそうで、かつ修理や交換を要しそうな場合はスミレナにご相談ください。
メールやLINEで簡単に見積もり依頼ができ、ご注文もWEB上で可能です。
仕事や外出などで多忙な方も、なるべく自分の時間を大切にしたい方も、気軽にご相談していただけます。

スミレナは初期費用なしの分割払い・10年の長期保証込みで給湯器を販売しておりますので、ご家計への負担も少なく長く安心してご利用いただけます。

最後に:3つの安心のスミレナで

スミレナではスタッフによるメールやLINEでのご相談を承っております。
その際、お客さまの給湯器の状況を写真で送信していただければ、スムーズな現場調査とお見積の提示が可能になります。

現場調査後は原則1週間以内に見積を提示し、ご注文後は最短での取替え日程を調整いたします。
工事はメーカー指定の工事店にてシッカリ・キッチリ、丁寧に仕上げます。

また、スミレナで設置した給湯器には10年間の長期保証がついてきます。
長期保証期間中に調子が悪くなった場合、メーカー指定の作業員が修理にお伺いし、修理代は一切かかりません。

1つ、東京ガスグループで安心のスミレナ、
2つ、長期保証がついてもっと安心のスミレナ、
3つ、メーカー指定の工事店による工事だからもっともっと安心のスミレナ、

この際にぜひ、「3つの安心のスミレナ」でお取替えをご検討されてみては如何でしょうか。
ご相談をお待ちしております。


お悩み相談はこちらから!