• 給湯器

給湯器の交換には資格が必要?DIYしてはいけない理由を解説

「給湯器の交換費用をできる限り安く済ませたい」という思いからDIYを検討される方がいらっしゃいますが、給湯器の交換はガスを取り扱う作業なので資格が必要です。
しかし、稀に給湯器の交換工事を請け負っている業者でも、無資格で作業を行っていることがあります。

ガス会社や給湯器メーカーではなく、リフォーム会社などへ工事を依頼する場合、「有資格者が施工を行うのか」をホームページや担当者へ確認しておくようにしましょう。
目次

給湯器の交換には資格が必要

給湯器の交換は資格が必要となるため、無資格の方がDIYで交換作業を行うことはできません。
無資格での作業はガス漏れを起こし、爆発や火災、一酸化炭素中毒などの重大な事故を引き起こすことがあります。
また、それ以外にも思わぬトラブルに発展することがあるので、必ず資格を有する専門業者へ依頼するようにしましょう。

給湯器の交換に必要な資格・免許

給湯器の交換に必要になる資格や免許は、主にガス工事に関連するものがほとんどです。
また、ガスの種類や施工の範囲によっても必要な資格が変わるので複雑でわかりにくい面もあります。
続いては、給湯器の交換に必要な資格や免許を解説します。

液化石油ガス設備士

一般家庭用などのLPガスの供給やLPガスを消費する設備の設置工事・変更工事を実施するときに必須となる国家資格です。

液化石油ガス設備士は、家庭で使用するLPガスの設備や配管の接続工事などを行うことができ、LPガスにかかわる工事をする場合に重要な資格となります。

また、本資格には有効期限があり、資格の取得から初回は3年以内、2回目以降は5年以内に再講習を受講しなければなりません。

資格の有無も重要ですが、有効期限が切れていないかも注意する必要があります。

参考:高圧ガス保安協会

簡易内管施工士

簡易内管施工士は、都市ガスの内管工事を行うための全国統一資格です。
内管工事とはガス配管やガスメーター、ガス栓などの位置替え・撤去工事を指します。

ただし、資格を取得していても、施工する地域にガス供給をしている都市ガス事業者と契約をしていないと施工ができないうえに、本資格は監督者資格ではないため、施工士本人が工事を行う必要があります。

また、3年間の有効期間が設けられているため、期限が切れていないかの確認も重要です。

参考:日本ガス機器検査協会

ガス可とう管接続工事監督者

ガス可とう管接続工事監督者は、ガス可とう管(強化ガスホース及び金属可とう管)、機器接続ガス栓を用いたガス栓とガス機器の接続工事にかかわる監督・施工を実施することができます。

ただし、機器との接続のみ実施することができますが、フレキ管側の施工は行えません。
また、対象となるガス種は都市ガスのみです。

本資格は監督者資格のため、資格者の監督のもとであれば一般の方でも上記の作業を行うことができます。

参考:日本ガス機器検査協会

ガス機器設置スペシャリスト

ガス機器設置スペシャリスト(GSS)はガス機器の設置や施工に必要な技術を取得できる業界資格です。

消費者へ安心と信頼を提供できる資格保有者と認められた施工者のことを指します。

1日間の講義講習・2日間の実技講習を受けた後、修了試験に合格することで取得が可能です。

ガス機器の設置や施工に必須となる資格ではありませんが、工事を依頼する際の安心感や信頼につながるため、業者選びをするときにはチェックしておきたい資格です。

参考:GSSってなぁに?

ガス消費機器設置工事監督者

ガス消費機器設置工事監督者は、特定ガス消費機器の特定工事を行うとき、または監督するときに必要となる資格です。

特定ガス消費機器とは、室内の瞬間湯沸かし器やふろがま(バランス釜)といった工事の欠陥によるガスの災害を起こしやすい機器を指し、これらの設置や変更工事を特定工事といいます。

液化石油ガス設備士を取得している方は、ガス消費機器設置工事監督者として認められているため、新たに資格を取得する必要はありません。

参考:日本ガス機器検査協会

給水装置工事主任技術者

給水装置工事主任技術者とは、給水装置の設置や撤去、変更を行うことができる国家資格です。

給水装置とは、水道事業者の配水管から分岐されて設置されている給水管や給水用具のことをいいます。
ビルやマンションなどで受水槽を設けている場合は、受水槽の注水口までが給水装置であり、それ以下は含まれません。

これらの給水装置は給水装置工事主任技術者の監督のもとに施工を行うか、資格者本人が施工をする必要があります。

参考:給水工事技術振興財団

第二種電気工事士

第二種電気工事士とは、住宅や店舗などの600V以下で受電する設備工事を行うための資格です。

給湯器はガスだけでなく電気も使用するため、電源工事が必要になります。
ただし、交換工事などでもともと給湯器に使用するための電源(コンセント)が設置されている場合、資格は不要です。

参考:電気技術者試験センター

給湯器の交換を無許可で施工されるリスク

ガス、電気、水道などの知識や経験を要する給湯器の交換を無資格・無許可で行うと重大な事故につながる可能性があり、大変危険です。
なかには業者でも無資格・無許可で施工を行っているケースがありますが、事故などの問題が生じない限り、とがめられることがないのも事実です。
本章では、給湯器の交換を無資格・無許可で施工をしたり、されたりすることで生じるリスクを解説します。
危険性をしっかりと理解した上で、安心して任せられる業者選びの参考にしましょう。

ガス漏れや漏水による事故

知識や経験がない方が行うガス管、給水・給湯管の配管工事は、ガス漏れや漏水といった事故を引き起こすリスクが高まります。

ガス漏れは爆発や火災、一酸化炭素中毒によって命を落とす危険性もあるので特に注意が必要です。
また、漏水事故は建物や家財を痛めるだけでなく、集合住宅の場合には下階にまで被害を及ぼすこともあります。

二次被害や無用なトラブルを起こさないためにも、信頼できる専門業者へ依頼して質の高い工事を実施してもらうようにしましょう。

落下や衝突による破損やケガ

給湯器の施工による事故はガス、電気、水道に起因するものだけでなく、作業に対する安全対策がきちんと行われていないことで発生することもあります。

搬入出時などの落下や衝突は、商品本体・建物の破損、最悪の場合はケガをする恐れがあり、大変危険です。

重量物である給湯器をご自身で取り外したり、取り付けたりする作業は絶対に行わないようにしましょう。

マンションなどの共用部を破損させた場合は弁償する必要もあるため、必ず安全対策を行っている専門業者に任せてください。

メーカー保証を受けられない

無資格・無許可の人が施工を行った設備で故障が発生した場合、メーカー保証を受けられず、高額な修理費用が発生することがあります。

メーカー保証は基本的に、有資格者によって正しく取り付けられた製品が対象です。
間違った方法で取り付けられた製品や改造された製品は、保証期間内であっても対象外となるので注意しましょう。

正当な点検や修理を受けるためにも、資格を持った信頼できる業者へ工事を依頼することが重要です。

給湯器の交換に資格は必須!専門業者に依頼を

給湯器の交換には資格が必要で、無資格での作業は厳禁です。
どんな事情があっても、必ず資格を持った専門業者へ依頼しましょう。

本記事で紹介した全ての資格が必要なわけではなく、資格を持っているからといって100%信頼できる業者とは断定できませんが、その業者が保有する資格は安心感や信頼度をはかるひとつの検討材料になります。

スミレナは東京ガスグループとしての責任と信頼を果たすために安心・安全な施工に取り組んでいます。
給湯器の交換でお悩みのことがあれば、お気軽にご相談ください。

最後に:3つの安心のスミレナで

スミレナではスタッフによるメールやLINEでのご相談を承っております。
その際、お客さまの給湯器の状況を写真で送信していただければ、スムーズな現場調査とお見積の提示が可能になります。

現場調査後は原則1週間以内に見積を提示し、ご注文後は最短での取替え日程を調整いたします。
工事はメーカー指定の工事店にてシッカリ・キッチリ、丁寧に仕上げます。

また、スミレナで設置した給湯器には10年間の長期保証がついてきます。
長期保証期間中に調子が悪くなった場合、メーカー指定の作業員が修理にお伺いし、修理代は一切かかりません。

1つ、東京ガスグループで安心のスミレナ、
2つ、長期保証がついてもっと安心のスミレナ、
3つ、メーカー指定の工事店による工事だからもっともっと安心のスミレナ、

この際にぜひ、「3つの安心のスミレナ」でお取替えをご検討されてみては如何でしょうか。
ご相談をお待ちしております。


無料相談はこちらから!

BACK TOP