• 洗面台

洗面台から水漏れ?緊急時の対応と自分で修理できる範囲を解説

ご自宅の洗面台から水漏れが発覚したときは、少しでも早く処置を施すことが大切です。
水漏れを放置して被害が大きくなると設備全体の交換が必要になるだけでなく、床や壁の腐食により大規模なリフォームをせざるを得ない可能性があります。

また、カビの発生により人体への影響や虫の繁殖を招くこともあるため、水漏れの規模が小さいからと楽観せず、適切に対処するようにしましょう。

突然の水漏れでお困りの方が冷静に対処できるよう、緊急時の対応やその後の対処方法を順番にご紹介します。
目次

洗面台から水漏れしたらまずやること

洗面台からの水漏れを確認したら被害を最小限に食いとめることが重要です。
やるべきことを順番に説明するので参考にしてください。

  1. 使用の中止
  2. 収納物の移動
  3. 水道の元栓、洗面台の止水栓をとめる
  4. 水の拭き取り
  5. 原因の特定
  6. 自己対応か業者依頼の判断

ご自宅の洗面台から水漏れしていることがわかったら、被害の拡大を抑えるためにまずは使用を中止してください
原因によっては水漏れが続くことがありますが、冷静に対処しましょう。

設備の使用を中止したら収納物をリビングなどの安全な場所へ移動し、水で濡れないようにします。
この後の作業スペースを確保するという意味もあるため、できる限りすべての物を移動しましょう。

収納物の移動が済んだら洗面台下の止水栓を閉めてください
ハンドルで閉めるタイプかマイナスドライバーを使用して閉めるタイプがあるので、タイプを確認して対応しましょう。
このとき、必ず水側とお湯側の両方を閉めてください

止水栓が閉められない場合は、水道メーター付近に設置されている元栓を閉めましょう

ここまで対応をしたら掃除をして、原因特定と今後の対応について検討します。
原因特定と対応の判断方法は以降の章で解説しますので、当てはまる項目を参考にして対処してください。

洗面台でよくある水漏れの原因

あきらかに特定の箇所から漏水している場合はすぐに原因の解明ができますが、水漏れの規模によっては原因の特定が難航することもあります。

すばやく対処できるように洗面台でよくある水漏れの原因をご紹介します。

水栓の故障

水栓(蛇口)の故障は洗面台からの水漏れでもよくある原因のひとつです。

症状の例は「水栓の根元やハンドルからのにじみ漏れ」「吐水口・シャワーヘッドからの水漏れ」などが多いです。
いずれも「パーツの緩み」「カートリッジやパッキンの劣化」が原因になります

これらの症状はパーツの締め直しや部品交換によって改善しますが、お使いの水栓がレバーハンドルタイプか2ハンドルタイプかによって購入する部品と作業方法が異なるため、しっかりと下調べをしてから対応しましょう。

給水・給湯管の接続部の劣化

配管と配管を繋ぎ合わせている継ぎ手部分や配管と水栓の繋ぎ目は、管内を流れる水の衝撃や水圧の影響をうけやすく、水漏れしやすい傾向があります。

接続部のナットが緩んでしまうことにより水漏れしていることが多いですが、増し締めをしても改善しない場合は部品や水道管の交換が必要です。

また、古い建物でお湯側に銅管を採用している場合は、ピンホールと呼ばれる目視ではわからない小さな穴が開いて水漏れを引き起こしていることもあります。

給水・給湯管からの水漏れは、原因箇所が床下や壁裏の目の届かない箇所のことがあり、大きな工事に発展する可能性も高いです

排水管・排水トラップの接続部の劣化

排水管や排水トラップの接続部劣化による水漏れもよくあるケースです。

給水・給湯管と同様に排水管や排水トラップの接続部分も流水の衝撃や影響を受けやすいため、ナットの緩みやパッキンの劣化、詰まりが起きて水漏れにつながります。

洗面台下の収納部へ格納されているSトラップまたはPトラップの接続部から水漏れを起こしている場合は、増し締めや配管交換をして対応します。

また、業者による高圧洗浄が引き金となり水漏れを起こすこともあるので、劣化の度合いを考慮して実施するようにしましょう

排水管・排水トラップの詰まり

排水口から流れた「石鹸カス」「ゴミ」「髪の毛」などが詰まり、排水の逆流によって水漏れを引き起こすことがあります。

排水トラップの分解や交換、トーラーや高圧洗浄機を使った配管洗浄によって詰まりを解消すると、水漏れを止めることができます。

ただし、配管の劣化が進んでいる場合はトーラーや高圧洗浄機の使用によって事態を悪化させることがあるので注意が必要です。
また、強力な洗浄剤も少なからず配管にダメージを与えるため、多用は避けましょう。

洗面台の水漏れ箇所の特定方法

急な水漏れにすばやく対処するためには水漏れ箇所を効率よく調査しなければなりませんが、漏れている水の量が少ないと原因の特定が難しいケースがあります。

ここでは水漏れの原因箇所をはやく特定する方法をご紹介します。

目視確認や触診

水漏れの箇所を特定するため最初に行うのは「目視」と「触診」です。

洗面台下などの水濡れしている箇所をよくみて確認し、疑わしい部分を見つけたら乾いた手で触れながら確かめます
漏れている水の量がごく少量でわかりにくい場合は、ティッシュを当ててみると特定しやすくなります。

正しい水漏れ箇所がわからないと効果的な修理ができないため、入念に調べることが大切です。
古い設備の場合は、水漏れの原因が複数箇所であることも考えられるので注意しましょう。

給水管・給湯管か排水管のどちらから漏れているか

洗面台からの水漏れは、大きく分けて給水・給湯設備か排水設備が原因です。
水道の元栓を閉めて漏水が止まれば「水栓」「給水・給湯管」が疑わしい箇所といえます。
さらに元栓を閉めた状態のままバケツに溜めた水を排水口に流したときに、漏れる水の量が増える場合は「排水管」から漏水していると考えられます。
どこから漏れているのかをしらみ潰しに探すより、疑いのある箇所ごとに分けて調査することで精度の高い原因特定をすることができます。

水漏れした洗面台の修理方法

水漏れを起こしている際の修理方法には、「自分でできる修理」と「業者に依頼すべき修理」があります。

不適切な修理を施すと、事態が悪化して被害が拡大したり余計な費用がかかったりすることもあるので、自分で修理できるのか業者に依頼すべきか慎重に判断しましょう。

自分でできる修理

ここでは規模が小さく、ご自身でDIYできる直し方の例をご紹介します。

ただし、状態を悪化させないために「作業時は必ず給水栓と給湯栓を閉める」「自信がない場合は無理せず業者へ依頼する」の2点を守って取り組んでください

各種パッキン交換

2ハンドル水栓の三角パッキンやレバー水栓のカートリッジ交換はご自身での作業が可能です。
水栓の形状や製品によって必要部材ややり方が違うので、取扱説明書や品番を確認して作業してください。

ただし、部品調達や作業に自信がない場合は無理せず業者へ依頼することが大切です

ナットの締め直し

給水・給湯管や排水トラップの接続部が緩んで水漏れしている場合は、ご自身でナットを増し締めして直せます。

ただし、配管の接続はしっかりとパッキンを効かせることが重要であり、ただ強く締めれば良いわけではありません

とくに排水管は樹脂材を使用していることがほとんどなので、力任せに締め付けて破損させないように気をつけましょう。

自己融着テープを巻く

配管の穴や亀裂が原因で水漏れしている場合は、自己融着テープを巻いて漏水を止める方法があります。

自己融着テープは、強く引っ張りながら圧をかけて巻き付けると重なったテープ同士が密着して一体化するもので、別名ブチルテープとも呼ばれます。

密着性があり防水性も高いですが、あくまで一時的な応急処置として捉え、次の対策を考えましょう

液体パイプクリーナーで詰まり解消

排水管の詰まりが原因の水漏れは、市販の液体パイプクリーナーを使用して詰まりを解消すると漏水が直ることがあります。

ただし、ゴミや髪の毛を溶かすことのできる液体パイプクリーナーはとても強力な薬品です。
頻繁に使用すると配管やパッキンにダメージが蓄積して新たな水漏れの原因をつくることになるため、多用は控えましょう

業者に依頼すべき修理

洗面台の水漏れ修理には、かんたんそうに思えても実は難しい作業があります。

費用を抑えるためにご自身で無理やり作業をすると、事態が悪化して余計な費用がかかったり不便な期間が長引いたりすることがあるので注意が必要です。

水栓やシャワーホースの修理・交換

水栓やシャワーホースを細部まで分解したり、まるごと交換したりする場合は業者へ依頼しましょう。

とくに洗面台の水栓は排水栓と連動しているものなど、難しい施工を伴うケースが多いです
また、見えない部分や手が入りにくいところでの作業が必要な場合もあり、不慣れな人が正確に作業をすることはかんたんではありません。

給水管・給湯管の交換を伴う修理

給水管や給湯管の交換を伴う修理は絶対にご自身で行ってはいけません。

給水・給湯管は常に通水しているため、漏水の修理中に配管が破損すると常時大量の水が漏れつづける可能性が高く、大きな被害につながります

配管の切断や接続は、豊富な知識と高度な技術を要するためご自身では絶対に行わず、信頼できる業者に依頼しましょう。

排水管・排水トラップの交換を伴う修理

排水管や排水トラップの交換を伴う修理もご自身では行わず専門業者へ依頼しましょう。

排水管からの漏水は給水・給湯管からの水漏れとは違い、きれいな水ではありません
被害が大きくなると汚れや臭いが発生することもあります

排水管の切断や接続を含む修理も給水・給湯管と同様に豊富な知識や高い技術が必要なため、専門業者に任せるようにしてください。

床下・壁裏の配管修理

床下や壁裏の配管から水漏れを起こしている場合の修理は、床や壁を開口して作業を行う必要があります。

水漏れを止めたあとは開口した箇所をふさぎ、クロスやクッションフロアによる内装材の補修をしなければならず、一般の方では対処できません。

また、隠蔽部分の配管は壁や床をふさいだあとに再度修理することが難しく、失敗が許されない作業のため必ずプロに任せましょう

自己対応しても改善しないとき・被害が大きいとき

漏水箇所が特定できないときや、自分でできる修理方法を参考にして対処しても改善しないときは、対処方法が間違っていることが考えられます。

無理をしてご自身での対処をつづけていると事態を悪化させる要因にもなり、大変危険です。
専門業者へ依頼して適切な施工をしてもらいましょう。

また、水漏れの被害が大きい場合、漏水箇所が複数である可能性や破損規模が大きい可能性があり、自分でできるシンプルな処置では対応しきれないこともあります。
このようなケースでも知識や技術をもつ専門業者の対応が必須です。
ご自身での対応は元栓を閉めるまでにとどめ、すぐに業者に依頼してください。

洗面台の水漏れ修理にかかる費用

洗面台の水漏れ修理を業者へ依頼した場合、作業内容や規模に応じて料金がかかります。
作業内容ごとに費用相場を以下の表にまとめました。

症状と作業内容

費用相場(税込)

水栓から水が止まらない

水栓金具内部の部品やホースの交換

11,000~22,000円

排水できない

排水部分の部品の交換

11,000~16,500円

水栓から水が漏れる

消耗パッキンの交換

11,000円~

費用の算出方法は業者によって異なるので、似た修理内容であっても前後する可能性があります。
また、距離によって出張費が必要になるケースや必要な部材の料金が上乗せされるケースもあるため、問い合わせ時にしっかりと確認しましょう。

また、ご自身で思っているより修理範囲が広く、想像より費用がかかることもあるため、注意が必要です。

洗面台の水漏れ箇所が特定できない場合

ご自宅で水漏れしていることは確実でも、水漏れしている箇所や原因を特定できないことがあります。

その場合はご自身で思いつく原因だけでなく、視野を広く持って調査することが重要です。

  • 浴室・トイレ・キッチンなど、他の箇所からの漏水が伝ってきている可能性
  • 上階からの漏水の可能性(マンションや2階に水回り設備がある戸建住宅)
  • 原因が複数箇所である可能性
  • 雨漏りしている可能性

上記の例はあくまで一部ですが、水はどんなに小さな隙間や亀裂でも通り抜けるため、想像もしていない箇所からの伝い水が洗面台付近で水漏れの現象としてあらわれることもあります
どうしてもご自身で見つけられない場合は、業者を呼んで徹底的に調べてもらいましょう。

洗面台の水漏れまとめ

洗面台からの水漏れを確認した際、基本的にはご自身で触らずに業者へ修理を依頼することが理想です。
しかし、かんたんな応急処置をすることで被害を最小限にとどめられる可能性もあるため、パッキン交換や自己融着テープなどをご自身でチャレンジする価値はあります。

ただし、水漏れを起こすということは、今回の原因となった箇所以外も老朽化がすすんでいる証拠です。
とくに洗面台の水栓交換は仕様によっては高額になるため、洗面台本体を交換した方がお得になる場合もあります。
修理を繰り返すことになる前に、洗面台本体の交換を検討することをおすすめします。

スミレナでは、洗面台交換や洗面所の空間リフォームについてもご相談を承っております。
現在の設備にお悩みがある方は、お気軽にご連絡ください。

スミレナの取り扱っている洗面台一覧

最後に:3つの安心のスミレナで

スミレナでは3つの安心をお客さまに提供できるように日々サービス改善を図っております。

価格の安心

  • 初期費用0円:分割手数料0円の分割払いで財布にやさしく
  • 追加費用0円:全てコミコミ価格で財布にやさしく
  • 修理費用0円:充実したアフターサポートで財布にやさしく

相談の安心

  • 経験豊富な専門家が一人ひとり応対するので相談しやすく
  • 押し売りしない安心対応で相談しやすく
  • 希望をくんで提案してくれるので相談しやすく

工事後の安心

  • メーカー認定施工店の対応でリフォーム後も寄り添って
  • 10年間の長期保証でリフォーム後も寄り添って
  • 万全のトラブルサポート体制でリフォーム後も寄り添って

「3つの安心のスミレナ」でリフォームをご検討されてみてはいかがでしょうか。
ご相談をお待ちしております。



無料相談はこちらから!

BACK TOP