• 洗面台

洗面所リフォームの費用相場はいくら?価格ごとの事例も紹介!

洗面台本体のみを取り替える工事は比較的安価に行えます。
しかし、洗面台の配置変更や洗濯機パンの交換、壁や床の内装工事など、洗面所空間をまるまるリフォームすると想像以上に費用がかかってしまうものです。

洗面所のリフォームにかかる費用は、商品や工事の規模によって大きな幅があります。

本記事では洗面所のリフォームにかかる費用について、事例を交えてご紹介します。
ぜひ、ライフスタイルに合った洗面所空間の実現に役立ててください。
目次

洗面台リフォームの費用相場はどのくらい?

洗面台のリフォーム実績の金額割合は以下の通りです。

洗面台リフォーム件数グラフ

洗面台のリフォームは、上のグラフの通りで20万円台から施工可能です。
割合としては、40~50万円が一番多く、このあたりが費用相場といえます。
※この場合の費用は、本体代、工事費、10年間の長期保証を含みます

また、洗面所のリフォームには「洗面台本体のみの交換リフォーム」「クロス張り替えを含む空間全体のリフォーム」の2パターンがあります。
費用を抑えたいなら本体のみがおすすめですが、空間全体をリフォームすることで部屋全体のコーディネートが可能になります。
このあたりは予算やこだわりを考えて検討すると良いでしょう。

洗面台本体のリフォーム費用(内装工事なし)

洗面台本体の価格帯は、主に「間口」「グレード」「機能・タイプ」によって決まります。

オーダーメイドの製品を除き、洗面台の間口には最小50cmから最大120cmまでの規格寸法があり、大きくなればなるほど価格が上がります。

既存の洗面台からサイズアップ・ダウンすることも可能ですが、現場の状況によっては変更できないケースもあるので、専門業者に必ず相談をしましょう。

以下では間口サイズに対する価格の差を表にまとめました。
ご希望のサイズの金額を確認しておきましょう。

間口サイズ

金額

50cm

15~17万円

60cm

17~19万円

75cm

20~30万円

90cm

23~33万円

100cm

34~36万円

120cm

37~40万円

間口サイズ以外にも、洗面台のシリーズによって区分けされたグレード、水栓や化粧鏡の機能、キャビネットの収納タイプによって価格が大きく変わります。
ご希望の商品の中から必要な機能を取捨選択することが重要です。

洗面台周りの内装工事費用

洗面台本体の交換だけでなく、天井や壁のクロス張り替え、床のクッションフロア張り替えを同時に行うことも可能ですが、その場合、内装工事代として費用が高くなります。

スミレナでは内装工事をオプションとしてご提案しており、予算に合わせて施工の内容をカスタマイズしていただけます。

  • 床の張替え:約5万円
  • 床・壁・天井の張替え:約8万円

洗面台のみ新品に交換すると、空間全体で見たときにどうしても違和感がありますが、内装工事を行い洗面所をまるごとリフォームすることで違和感がなくなります。お好みのデザインに仕上げることもできるので、ぜひ合わせてご検討ください。

その他にも洗濯防水パンやタオル掛けの交換、吊り戸棚の取付けなどのオプション対応が可能です。

【予算別】洗面台のリフォーム事例を紹介

気軽にやり直すことのできないリフォームは、過去の事例を見ていくことで安心して依頼できます。
予算別のリフォーム事例をご紹介するので、失敗のないリフォームの参考にしてください。

「20万円台」のリフォーム事例

20万円台のリフォーム事例.jpeg

こちらは間口60cmの洗面台で、化粧台と化粧鏡が分離しているタイプの商品です。
コンパクトなので、省スペースでも設置できます。

サイズが小さいとお掃除の範囲も少なくて済むのが意外なメリットでもあります。
お部屋があまり広くない住宅や店舗、単身世帯、洗面台でメイクをしない方などにおすすめです。

また、鏡自体に照明やくもり止めヒーターといった特殊な機能がついていないので、スッキリとシンプルな見た目が好みの方にも喜ばれる仕様です。

洗面台の種類

LIXIL ピアラ

工事の範囲

洗面台本体のリフォーム

工期

半日

建物種別

マンション

総額

税込20万円台

※この金額には商品、工事、長期修理保証が含まれています。

「30万円台」のリフォーム事例

30万円台の洗面台リフォーム1   30万円台の洗面台リフォーム2

間口90cmの洗面台で、化粧鏡上部には洗面台と同じ幅のウォールキャビネットを新設しました。
三面鏡の鏡自体が扉になっており、中に歯ブラシや洗顔フォームなどの日用品を収納できます。

90cmの洗面台はファミリータイプのマンションや戸建てに多く、ご家族が多いご家庭でも収納に困ることのないサイズです。

また、TOTOのクリーン技術である「きれい除菌水」の機能が付いているので、歯ブラシなどの衛生管理、排水口の汚れや菌を抑制できます。

洗面台の種類

TOTO オクターブ

工事範囲

洗面台本体のリフォーム

きれい除菌水

ウォールキャビネット1式

工期

1日

建物種別

戸建て

総額

税込36万円台

※この金額には商品、工事、長期修理保証が含まれています。

「40万円台」のリフォーム事例

40万円台のリフォーム.jpeg

間口75cmの洗面台交換に加え、床・壁・天井の内装工事も同時に行った例です。
洗面台だけでなく、内装工事を同時に行うことにより、部分リフォームによる違和感を軽減したり、お好みのデザインで空間を彩ったりすることができます。

こちらのお宅ではシンプルな白い壁紙にウッド調の洗面台を設置することで、フェイクグリーンの緑が映える爽やかな空間に仕上がっています。

鏡上部のライン照明もスタイリッシュで目立ちにくいため、景観の邪魔をしません。

洗面台の種類

TOTO オクターブ

工事範囲

洗面台本体のリフォーム

床・壁・天井の張替え

工期

1日

建物種別

戸建て

総額

税込40万円台

※この金額には商品、工事、長期修理保証が含まれています。

「50万円台」のリフォーム事例

50万円台の洗面台リフォーム1  

50万円台の洗面台リフォーム2

自動水栓、自動手元照明がついた高機能な洗面台の設置に加えて床・壁・天井の内装工事も行っています。

この事例の最大の特徴は、化粧鏡上に設置された「快適涼暖キャビネット」と洗濯機上のオープン棚です。

快適涼暖キャビネットは暖房・涼風機能だけでなく、ドライヤー機能もついているので両手を使い、大風量で髪を乾かすことができます。

また、デットスペースになりがちな洗濯機上のスペースもオープン棚を設置することで無駄なくスッキリと活かすことができます。

洗面台の種類

TOTO オクターブ

※床・壁・天井の張替え含む

工事範囲

洗面台本体のリフォーム

ウォールキャビネット

快適涼暖キャビネット

洗濯機上オープン棚

床・壁・天井の張替え

工期

1日

建物種別

戸建て

総額

税込56万円台

※この金額には商品、工事、長期修理保証が含まれています。

洗面台リフォームの費用を節約する方法

できるだけ費用は抑えたいと思うのは当然ですが、料金を抑えることに注力しすぎてリフォームで失敗してしまうこともよくあります。
そこで適切な費用の節約法を考えてみましょう。
こちらでは、以下の項目について解説していきます。

  • 必要な機能のみに絞る
  • 床・壁・天井・の張替えも同時に行う
  • 補助金を利用する(該当者のみ)

納得のいくリフォームを安く済ませるために、こちらを参考にしてください。

必要な機能のみに絞る

洗面台にはさまざまなグレードや機能があり、シンプルな機種であればあるほど安価です。
しかし、料金を抑える目的で最初からローグレードの商品を選択すると必要とする機能がなく不便に感じやすくなるので、理想の商品から無駄を削ぎ落とすように選んでいくのがポイントです。

床・壁・天井・の張替えも同時に行う

洗面台のみの交換を行ったあとにクロスやCFの張り替えを行う場合、一度設置した洗面台を再び脱着するか、取り外さずに内装材を設備の部分だけ切り抜いて貼っていくことになります。

二度目の脱着は破損リスクがあるうえ費用も嵩み、仕上がりにも影響します。そこで、内装工事も同時施工するのがおすすめです。

また、一箇所がキレイになるとこれまで気にならなかった周囲の汚れが気になるようになる人も多く、この点からも関連する箇所は一度にまとめて施工すると良いでしょう。

補助金を利用する(該当者のみ)

洗面台の交換だけで補助金を申請することはできませんが、お風呂の改修工事と組み合わせることで申請できる制度があります。

国土交通省が管轄しているグリーン住宅ポイント、介護保険による住宅改修、地方自治体による独自制度など、リフォームにはさまざまな補助金が設定されています。

とはいえ、どの制度にも細かく制定されたルールや条件があります。
実際に申請をするときはリフォーム業者の協力も必要なので、契約前に相談しましょう。

洗面台のリフォームに関するよくある質問

洗面台のリフォームは費用以外にも気になる点があると思います。
ここでは、実際にリフォームを検討している方からよくある質問をまとめました。
より良いリフォームにするための参考にしましょう。

洗面台のリフォームを
検討するタイミングはいつ?

洗面台を交換検討すべきタイミングは、一般的に10〜15年です。
これは洗面台に限らず、他の水回り設備にも同様のことが言えます。

10〜15年を迎えると水栓や照明、給排水管などさまざまな部分に痛みが出てきます。
給水管や排水管に関わるトラブルでは、最悪の場合水漏れをおこしてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、新築から10〜15年も経てばお子様も高校生や大学生、または社会人となり、収納する物の量が増えたり、使用する水の量も多くなったりするでしょう。

収納機能に優れている機種や自動水栓などの最新機能を備えた機種に交換すれば、ご家族全員の使用効率を上げたり、節水によって光熱費を削減したりできるので、より快適に洗面台を使用することができます。

DIYで洗面台をリフォームできる?

周辺収納やタイル張りなどのアレンジは可能ですが、洗面台本体の交換はDIYではできません

洗面台はあくまで水回り設備なので、給水管や排水管の接続に不備があると高確率で漏水事故が発生します。

また、洗面台の電源を取るための配線工事は電気工事の資格が必要になるほか、下地のない箇所への化粧鏡やウォールキャビネットの固定は落下事故による怪我の恐れがあります。

リフォーム工事は安全性を考慮して、必ず専門業者へ委託しましょう。

洗面台のリフォームのポイントまとめ

洗面台のリフォームは20〜50万円程度が相場で、オプションや内装工事の追加によってさらに金額が上乗せされていきます。

オプションは本当に必要な機能に絞ったり、補助金申請をしたりすることで予算を抑えて工事をすることも可能です。

一般的に、ご使用中の洗面台の交換を検討するのに適した時期は使用開始から10〜15年を迎えている頃です。
現在の家族構成やライフスタイルに合わせたリフォーム工事を行い、より快適な水回り環境を手に入れましょう。

最後に:3つの安心のスミレナで

スミレナではスタッフによるメールやLINEでのご相談を承っております。
その際、お客さまの洗面台の状況を写真で送信していただければ、スムーズな現場調査とお見積の提示が可能になります。

現場調査後は原則1週間以内に見積を提示し、ご注文後は最短での取替え日程を調整いたします。
工事はメーカー指定の工事店にてシッカリ・キッチリ、丁寧に仕上げます。

また、スミレナで設置した洗面台には10年間の長期保証がついてきます。
長期保証期間中に調子が悪くなった場合、メーカー指定の作業員が修理にお伺いし、修理代は一切かかりません。

1つ、東京ガスグループで安心のスミレナ、
2つ、長期保証がついてもっと安心のスミレナ、
3つ、メーカー指定の工事店による工事だからもっともっと安心のスミレナ、

この際にぜひ、「3つの安心のスミレナ」でお取替えをご検討されてみては如何でしょうか。
ご相談をお待ちしております。


無料相談はこちらから!

  • ライター
    株式会社スミレナ マーケティング部 編集チーム
    2019年12月に東京ガス発のベンチャー企業として誕生したガス機器・水回りが得意なリフォーム会社。
    お客さまのライフスタイルに合わせた「納得・感動のリフォームプラン」を一緒に作り上げていきます!

BACK TOP