• トイレ

失敗しない!スミレナとトイレの選び方

トイレ選びのポイントを徹底解説します。これを読めば失敗しません!
目次

形状で選ぶ

洋式トイレには大きく3種類「タンクレストイレ」「一体型トイレ」「組合せ便器(分離型トイレ)」があります。「一体型トイレ」には手洗いがあるタイプとないタイプがあります。それぞれの特徴を知ってあなたに合うトイレを選びましょう。

タンクレス

rr_tankless.JPG

水を溜めるタンクがないトイレです。スタイリッシュでデザインに優れています。タンクに水を溜める必要がなく、連続で流すことができます

タンク付き

rr_tank.JPG

便器・便座・タンクが一体型になっているトイレで手洗いがないタイプです。タンクレス風のシルエットで、タンクレストイレに比べて安価です。

手洗い付き

rr_withwasher.JPG

便器・便座・タンクが一体型になっているトイレで手洗いがあるタイプです。スッキリとしたデザインで、手洗器がない場合には最適です。

分離型

rr_isolated.JPG

分離されている便器・便座・タンクを組み合わせたトイレです。便座が故障してしまっても便座だけを交換でき、本体価格もお手頃です。

汚れにくさで選ぶ

トイレで重要なのが「汚れにくさ」と「お手入れのしやすさ」だと思います。TOTOとLIXILのトイレはどちらも高いレベルですが、TOTOは陶器性能や除菌性能による「汚れにくさ」が、LIXILは日々の「お手入れのしやすさ」がそれぞれ秀でています。

セフィオンテクト

rr_cefiontect.JPG

TOTOの陶器はセフィオンテクトと呼ばれ、陶器表面の凹凸を100万分の1mmのナノレベルまで仕上げたTOTO独自の技術です。汚れがつきにくく、落としやすいため、ピカピカなトイレが長続きします。

アクアセラミック

rr_aquaseramic.JPG

LIXILの陶器はアクアセラミックと呼ばれ、「きれいが100年続く」がキャッチコピーのLIXIL独自の素材です。 表面のキズ、細菌の繁殖、汚物の付着、水アカの固着に対応しており、キズ・汚れに強い便器を実現しています。

泡クッション

rr_awa.JPG

LIXIL サティスGには泡クッション機能がついており、溜水面に泡を張ることで、男性立ち小用時の尿ハネを低減させます。飛沫が飛びにくいから、 床や壁の汚れ・においを防ぎます

お手入れしやすさで選ぶ

次に「お手入れのしやすさ」を見てみましょう。

フチなし形状

rr_fuchi-nashi.JPG

TOTOのフチなし形状は、若干のそり返しがあり、飛沫が外に飛び出しづらくなっています

フチレス形状

rr_fuchi-less.JPG

LIXILのフチレス形状は、まったくフチがないため、お掃除の際に簡単に満遍なく拭き掃除が可能です。

お掃除リフトアップ

rr_liftup.JPG

LIXILの便座は、お掃除リフトアップによって真上に持ち上がります。これによって隙間にも手を入れてしっかりお掃除できます。

除菌・消臭機能で選ぶ

トイレは汚れがつきものです。だからこそ、除菌や消臭の機能を使いこなしたいですね。

きれい除菌水

rr_jokin.JPG

TOTOのトイレでは、水道水を電気分解して除菌水を作る機能が選べます。便器内だけでなくノズルもしっかり除菌することができ清潔です。

においきれい

rr_nioi.JPG

TOTO ネオレストでは、トイレ空間のにおいまできれいにする機能を選べます。トイレを使用しない時間帯に一日一回自動で「きれい除菌水」で洗浄・除菌してくれます。フィルターの交換も不要で経済的です。

鉢内除菌

rr_hachinai.JPG

LIXILのトイレでは、プラズマクラスター※を搭載してプラズマクラスターイオンが水のかからない便座裏や便器内のすみずみまで除菌します。
※プラズマクラスターはシャープ株式会社の登録商標です。

 

トイレの商品一覧へ

  • ライター
    株式会社スミレナ マーケティング部 編集チーム
    2019年12月に東京ガス発のベンチャー企業として誕生したガス機器・水回りが得意なリフォーム会社。
    お客さまのライフスタイルに合わせた「納得・感動のリフォームプラン」を一緒に作り上げていきます!

BACK TOP