• キッチン

LIXILキッチンの特徴や機能とは? シリーズの違いや価格、施工事例もご紹介

台所は、食事を作るだけではなく、家族みんなの健康を見守る大事な場所。使わない日はないというほど、重要なポジションなので、家の中でもこだわって選びたい部分です。清潔感はもちろんのこと、毎日の手入れのしやすさや、料理の作りやすさなど、選ぶ時に大事なポイントがいくつもあります。今回は、LIXILのキッチンのリフォームについてご紹介します。
目次

LIXILとは

LIXILは、建築材料や、住宅設備機器メーカーの企業です。日本の住宅設備機器メーカーの中でも、最大手と呼ばれている有名メーカーです。なにげなく使っている映画館や、飲食店などでも、トイレや洗面化粧台などでメーカー名を見たことがあるかもしれません。暮らしに馴染むデザインと、使いやすさはナンバーワンです。

LIXILでの取扱商品も、キッチン、浴室、トイレ、洗面化粧室、リビング、寝室、居室、窓まわり、玄関まわり、門まわり、塀、フェンス、カースペース、ガーデンスペース、ベランダ、バルコニー、太陽光発電、外壁、屋根と家じゅうどこをとっても、LIXILで理想の暮らしがプロデュースできます。誰でも使いやすいようにバリアフリーへの取り組みもされています。

LIXILキッチンの特徴

スミレナが取り扱うLXILのキッチンには、『リシェル』と『アレスタ』の2つのモデルがあります。

熱にもキズにも強いセラミックカウンター

リシェルのカウンターに使われているセラミック素材は、熱や衝撃に強く、調味料や洗剤で変色することもなくずっと美しさを保つことができます。さらに耐熱性や耐摩耗性、長く使う上で大切な耐腐食性の点においても、ステンレスや人造大理石よりも優れています。

手入れが楽だと、調味料をこぼした時の掃除など、毎日の掃除のストレスも減り、清潔さをキープできます。

デザイン性においても、ステンレスや人工大理石よりも高級感や重厚感が感じられます。台所は目に入る面積が大きいので、セラミックカウンターなら上質な存在感を発揮できます。

明るく清潔感のある人工大理石カウンター

人工大理石カウンターはインテリアに合わせたカラーコーディネートが可能で人気があります。もちろん、耐久性にも優れています。350℃に熱した空の鍋を20 分間放置しても、変色や変形が起きないことが実験で実証済みです。日常生活なら、なにも心配がなさそうですね。

シックなシルフィーグレー、柔らかい印象のシルフィーベージュ、清潔感のあるシルフィーホワイト、料理が映えるシュガーホワイト、部屋に馴染みやすいベーシックホワイトの5色から選べます。

明るい色味だと、汚れや色移りが心配ですが、人工大理石は調味料や洗剤などが浸透しにくいため、変色や変質もほとんどありません。使い勝手もよく、デザイン性も兼ね備えたカウンターを演出できます。

kitchen_marble.png

お手入れ簡単なステンレスカウンター

手ごろな値段で、おしゃれなキッチンが手に入るステンレスカウンター。アレスタのステンレスカウンターならキズに強くて汚れも拭き取りやすいです。このカウンターにはLIXILの先進技術が生んだ次世代のエンボストップが使われています。エンボストップは、平成19年度のステンレス協会賞で優秀賞も受賞しています。

エンボストップは、大小のドットでキズの入る面積を大幅に減少させているため、ステンレスの美しさをより長く保つことができます。また、高さの異なる大小のドット調エンボスが、最適な位置と角度で配置されています。エンボスの間隔が広いため、汚れを拭くためのふきんが底まで届きやすくなっています。これなら汚れも拭き取りやすいので、手入れも楽に行えます。

汚れが流れやすいスキットシンク

リシェルに搭載されている『スキットシンク』。

リモートワークで在宅時間が増え、洗いものが増えたという人も多いのではないでしょうか。また家族の人数が増えると、洗いものも自然と多くなっていきます。その都度洗えれば良いですが、忙しいとシンクに洗いものが溜まっていきます。また、食洗機を使いたい場合も、少量で使うにはもったいないと感じてしまい、ある程度の枚数があつまるまで、シンクで水に洗いものを浸したままという人もいます。

『スキットシンク』は、シンクの中のお手入れもシンクまわりの片付けも、スキッとはかどるシンクです。その理由は、シンクの中の汚れがスムーズに流れる底面形状になっているから。シンク内の底面の傾きが、左右の両端に行くほど大きくなる新形状のため、水が広がりにくく段差へ向かってスムーズに流れていきます。シンク内のどこからでも効率よく排水できます。

さらにゆとりのポケットサイズ。シンクまわりがキレイに片付く大きなポケットには、洗剤2本とスポンジ2個を入れても余裕の広さです。

ゴミを洗い流す時間を約20%節約でき、カルキ残りの原因になる水滴を段差で受け止める仕様になっています。

広々としたシンクは、心に余裕を生みます。風水的にも、水回りをきれいにすることで、金運がよくなるというジンクスもあります。この『スキットシンク』は、収納が広く使いやすい、すっきりキレイがかなう一石二鳥のシンクです。

ひろびろとしたWサポートシンク

Wサポートシンク』は、2つのレーンとシンクサポートを組み合わせて調理も後片付けもダブルでサポートできる画期的なシンクです。

Wサポートシンク』は、その名の通り調理も後片付けも並行に行えます。シンクの両側にプレートや水切りカゴを置いても、十分なスペースを確保できます。料理の途中に出た洗いものも、場所を取らずにすぐに洗って次の作業がスムーズに行えます。水を使う作業にゆとりが生まれると、料理の時短にも繋がります。

さらにシンクの両側にシンクサポートを置いても、大きなまな板やフライパンが洗えるほどの余裕のある広さ。一度使ったら、ほかの台所が使いづらいと感じてしまいそうです。

調理道具や食器などがたっぷり置けるので、大量の料理を使うのも楽々できます。洗う物が多くても、スペースを取らないので段取りよく後片付けできます。

シンクが広いと、下ごしらえから後片付けまで同じ場所で行えるので料理もはかどります。大容量のワイヤーポケットも、収納に活用できます。2段のレーンとシンクサポートが、調理だけではなく、後片付けにも使い勝手がよくその威力を発揮します。ワークトップの延長としても、シンクサポートが調理スペースを広げることを手伝います。

さらにアンダーレーンを使用すると、高さが合わず身体に負担がかかっていた作業も簡単に行えます。年配の人もアンダーレーンを利用すれば、洗いものの手間も楽になります。

シンクには、水流の広がりを抑えてすばやく段差に流し込むナイアガラフロー方式が取り入れられています。シンク奥の広い段差に向けて、汚れた水やゴミをスムーズに洗い流せます。段差があるので、食器などの洗い流した汚れがシンク内に戻りにくい構造になっています。汚れや臭いが気になる季節には、ありがたいシステムですよね。
ポケットに置いたスポンジからの水滴も、奥の段差でキャッチできます。こういった何気ないつくりが、日々の家事を楽にします。

Niagara_flow.png

洗い物の際にもシンクサポートを使用すれば、洗う作業がはかどります。すすぎ前の食器をアンダープレートの上に置いておくことで、シンク内で汚れ別に仕分けられます。

レーンやプレートを上手く使えば、料理だけでなく洗いものから片付けまで一通りの作業がはかどります。キッチンの革命ともいえる『Wサポートシンク』です。

らくパッと収納

『らくパッと収納』は、シンクの下の収納スペースを最大限に生かした仕組みになっています。取り出しやすくてしまいやすいのはもちろんのこと、たっぷり入る大容量の収納です。

テコの原理の応用で、軽く傾けるだけで扉がラクに開きます。 扉を開ける力を約30パーセントも軽減しています。引出しを開ける時の労力が、大幅に軽減されているので、もしも手にけがをした時や、年配の人でも簡単に開けることができます。長く使う上では嬉しい設備です。

また扉の取手の形にも工夫がされています。力のない年配の人や子どもでもラクに開閉できるように、握りの部分を広くして、手を入れやすい角度にしたユニバーサルデザイン設計になっています。

raku_patto.png

デザインも、『パッと取手OR,『パッと取手SS』の2種類のデザインから選べます。通常は4万回が基準となるJIS規格の開閉試験ですが、『らくパッと収納』は、検査ロボットを使って4万回の2倍にもなる8万回の試験を実施しました。8万回の開閉試験をクリアした品質をぜひ、確かめてみて下さい。

raku_patto_2.jpeg

また耐久性以外にも、扉を傾けるだけで中が見渡せ、そのままの姿勢でラクに取り出せる工夫もされています。また扉がジャマにならないので、引出しを大きく開けなくても道具が取り出せます。これは使ってみるとすごくありがたい機能です。この『らくパッと収納』は、使いやすくて大容量、さらに耐久性も抜群です。

LIXILキッチンのシリーズごとの価格

リシェルSI

作業中の心理的、身体的負荷原因を徹底した観察と分析から導き出し、作業効率を改善したLIXILHuman Fit テクノロジーが使われています。その最新技術から生まれた『リシェルSI』は、セラミックトップ、Wサポートシンク、らくパッと収納など、キッチンで過ごす時間が楽しくなりそうな設備が詰まっています。

価格帯は、リシェルSI(セラミックおてごろプラン)は総額1,100,400円(税込)~、月額9,170円(税込)
リシェルSI(らくパッとプラン)は、総額997,200円(税込)~、月額8,310円(税込)~となっています。

※この金額には商品、工事、長期修理保証が含まれています。
2021年8月時点での金額です。

毎月1万円でおつりがくるのならちょっとした外食を家族でしたくらいの負担で済みます。ハイグレードな機種を検討しているのなら、家計の負担の少ないスミレナの分割バラリフォームがおすすめです。

アレスタ

Wサポートシンク』や『アシストポケット・シェルフ付』が搭載された使いやすいキッチン。見た目もすっきりとしていて、デザイン性も高いです。
価格は、総額828,000円(税込)~、月額6,900円(税込)~となっています。

※この金額には商品、工事、長期修理保証が含まれています。
20218月時点での金額です。

毎日使うキッチンだからこそ、シンクが大きくて収納も多いタイプなら絶対に選んでよかったと実感できるはずです。

LIXILのキッチンについてまとめ

Point1 LIXILのキッチンのカウンターは熱や衝撃に強く上質な存在感を放つセラミック製、耐久性が高く豊富なカラーコーディネートが可能な人口大理石製、お手頃な値段のステンレス製の3種類があります。ショールームなどで実物を見ながら選んでみるといいでしょう。

Point2 シンクは2種類あり、スムーズに水が流れるナイアガラフロー方式のスキットシンクと、2段のレーンとシンクサポートがついたWサポートシンクがあります。汚れが流しやすく、調理しやすいシンクになっています。

Point3 らくパっと収納は斜めに傾く扉が使いやすい、パッと取り出せる引出し収納です。テコの原理を応用して、軽い力でラクに開けます。底板はステンレス仕様で汚れにくくお手入れ簡単です。

最後に:3つの安心のスミレナで

スミレナではスタッフによるメールやLINEでのご相談を承っております。
その際、お客さまのキッチンの状況を写真で送信していただければ、スムーズな現場調査とお見積の提示が可能になります。

現場調査後は原則1週間以内に見積を提示し、ご注文後は最短での取替え日程を調整いたします。
工事はメーカー指定の工事店にてシッカリ・キッチリ、丁寧に仕上げます。

また、スミレナで設置したキッチンには10年間の長期保証がついてきます。
長期保証期間中に調子が悪くなった場合、メーカー指定の作業員が修理にお伺いし、修理代は一切かかりません。

1つ、東京ガスグループで安心のスミレナ、
2つ、長期保証がついてもっと安心のスミレナ、
3つ、メーカー指定の工事店による工事だからもっともっと安心のスミレナ、

この際にぜひ、「3つの安心のスミレナ」でお取替えをご検討されてみては如何でしょうか。
ご相談をお待ちしております。


お悩み相談はこちらから!

スミレナの取り扱っているキッチン一覧

キッチンについては次の記事もご参考ください。

ライター情報
池守りぜね
フードアナリスト取得。パソコン・ガジェット系の媒体、グルメ雑誌の編集などを経てフリーランスのライターに。おとりよせでちょっと贅沢なスイーツや、地域色のある商品を食べるのが趣味。料理も趣味で、いつか自分好みのシステムキッチンを選ぶのが夢。