• 洗面台

洗面台の選び方

今お使いの洗面台が古くなってきた、不便を感じるという方はリフォームのタイミングかもしれません。
それでは、新しい洗面台にリフォームするという場合、どのような洗面台を選べばよいのでしょうか。
今回は、洗面台選びのポイントを5つに絞って解説します。
こちらを参考にして、ご家庭に合った洗面台をぜひ見つけてください!
目次
お使いの洗面台に不安やお悩みがあり、直接専門家に相談したい方!
メール・LINEでこちらからすぐに無料相談可能です。
リフォームなら東京ガスグループのスミレナ
カンタン10秒で完了♪
3つのカンタン

洗面台の選び方・ポイント

洗面台を選ぶ際のポイントは、大きく分けて5つあります。
これらをもとに選ぶことで、不便がない自分にぴったりの洗面台がきっと見つけられるはずです。

選び方①:洗面台か洗面化粧台のどちらか

洗面台は、「洗面台」と「洗面化粧台」の2つに分けられます。
どちらも同じようなものに感じられがちですが、用途や定義が少し違っています。
まずは、このどちらを探しているのかを考えてみましょう。

洗面台

洗面台

洗面台とは、給水のための蛇口と、排水のための洗面ボウルで構成された設備のことです。
手洗い・歯磨き・洗顔をするための場所であり、洗面化粧台よりもシンプルな構造になっています。

洗面台の設置タイプの一例には、以下のようなものがあります。

  • 置き型:カウンターの上に洗面ボウルを載せたタイプ
  • 半埋め込み型:カウンターに洗面ボウルが半分埋め込まれたタイプ
  • 埋め込み型:カウンターに洗面ボウルが完全に埋め込まれたタイプ
  • 壁付け型:洗面ボウルが壁に取り付けらたタイプ

ドレッサーを必要としないため、省スペースで設置が可能なのがメリットです。

洗面台のみを取り付ける人には、インテリアにこだわりがあって壁掛けの鏡は別で用意したい、ドレッサーを置かないことでシンプルでスタイリッシュな洗面所を演出したい人もいるようです。

洗面化粧台

②洗面化粧台.jpg

洗面化粧台は、先述の「洗面台」に鏡や照明、収納といったドレッサーの機能が備えられた設備です。

また、ドライヤーや電気髭剃りなどを使用するための電源コンセントも付いています。

手洗い・歯磨き・洗顔に加え、化粧やヘアセットなどの身支度も目的に作られており、一般的に洗面台というと、こちらをイメージする人が多いのではないでしょうか。

収納量や、照明、自動水栓といった、機能性に長けた洗面化粧台も多く、商品ごとの特徴も豊富になっています。

選び方②:水栓

水栓・蛇口は、これまで洗面ボウルの縁についていたタイプが主でしたが、近年は鏡の下あたりに取り付けられたビルトイン水栓がほとんどです。

水栓がビルトインになっていることで、洗面ボウルのスペースが広く使えるうえに、水が溜まりにくく汚れがつきにくいというメリットがあります。

ビルトイン水栓にもさまざまなタイプがあるので、少しご紹介しましょう。

・ラクラクスマート水栓(TOTOオクターブ)

水栓の上に棚が付いている水栓です。アクセサリーやメガネなどちょっとしたものを一時的に置いておくことができて便利。

・くるくる水栓(LIXILピアラ)

ホースを引き出して使えるので、ボウルのお手入れもカンタン。洗髪やヘアセットをする人にもおすすめです。

また、手をかざせば自動で水が出てくる自動水栓機能を備えた水栓もあります。

手が汚れていてもかざすだけで水が使えますし、洗った後も蛇口に触れる必要がなく衛生的です。使いたい分だけ水を使うため、節水効果にも期待できます。

選び方③:排水口の掃除のしやすさ

排水溝の掃除のしやすさ

毎日使う洗面台ですから、お手入れのしやすさも大切なポイントです。
特に排水口は、黒ズミや、汚れによるぬめりがつきやすく、お掃除の頻度も多くなりがち。
そこで、排水口の掃除のしやすさも気にしてみましょう。

フランジ(排水口の周りの金属部)にすき間があると汚れが溜まりやすく、お掃除も手間になります。

水はけがよく、奥までスポンジが入るようになっているとお手入れがカンタンで便利でしょう。ゴミもたまるため、捨てやすい工夫がされているものがおすすめです。

また、髪の毛が排水口から流れていくと、排水管の詰まりの原因にもなります。しっかりとキャッチしてくれるものを選んでください。

選び方④:収納性

洗面台には、ドライヤーや髭剃り、ご家族それぞれの化粧品・ヘアスプレーなど、意外と入れておくものがたくさんあります。そのため、洗面台の収納性は、大事な比較要素です。

日常で使用するこれらのグッズは、三面鏡・二面鏡のなかにしまうことが多いため、こちらの収納性をチェックしましょう。

他にも、洗剤やバケツなど大きめのものはキャビネットにしまうため、キャビネットの容量も確認しておくと良いでしょう。

収納キャビネットには、引き出しタイプ、扉タイプがあります。
引き出しタイプは、奥まで見えやすく、デッドスペースを作りにくいのがメリットです。一方で扉タイプは、バケツなどの大きなものも入れやすい形になっています。

入れるものや、スペースによってどちらが良いか検討してみてください。

選び方⑤:洗面台のサイズ(幅・奥行き・高さ)

洗面台リフォームでは、間口の幅によって商品シリーズが変わってきますので、こちらも確認することが重要です。
一般的な間口サイズは50cm、60cm、75cm、90cm、120cmです。
交換の際には、基本的に同じ間口サイズを選択しますが、左右に余裕があれば大きいサイズを選ぶこともできます。

また、奥行き、高さも忘れずに測るようにしてください。
奥行きは、洗面所の広さや出入り口のドアとの位置関係も考慮しましょう。

高さは、ご家族や使用される方の身長にカウンターを合わせるほか、天井とのすき間がどれくらい空くかといった部分もチェックしましょう。

なお、間口と奥行きを洗面台空間サイズと呼びます。
当社の内装工事は、1坪(2畳)までを同一の価格としています。もちろん0.5坪を超える場合も工事できますのでご安心ください。
※1坪の寸法は180cm × 180cmです。

洗面台の選び方まとめ

ここまでご紹介した選び方のポイントをまとめると、以下のようになります。

✓用途に合わせて洗面台か洗面化粧台かを選ぶ
✓水栓は便利機能や節水性をチェック
✓排水口は掃除しやすいものを
✓収納性は、入れるものに合わせて選ぶ
✓サイズを必ず確認しておく

毎日使う洗面台に不便さや古さを感じた際には、これらのポイントをもとにして、リフォームを検討してみましょう。

最新の洗面台には、どのような機能があるのか気になるという方は、スミレナの取扱い製品をぜひチェックしてください。

最後に:3つの安心のスミレナで

スミレナではスタッフによるメールやLINEでのご相談を承っております。

その際、お客さまの洗面台の状況を写真で送信していただければ、スムーズな現場調査とお見積の提示が可能になります。

現場調査後は原則1週間以内に見積を提示し、ご注文後は最短での取替え日程を調整いたします。
工事はメーカー指定の工事店にてシッカリ・キッチリ、丁寧に仕上げます。

また、スミレナで設置した洗面台には10年間の長期保証がついてきます。
長期保証期間中に調子が悪くなった場合、メーカー指定の作業員が修理にお伺いし、修理代は一切かかりません。

1つ、東京ガスグループで安心のスミレナ、
2つ、長期保証がついてもっと安心のスミレナ、
3つ、メーカー指定の工事店による工事だからもっともっと安心のスミレナ、

この際にぜひ、「3つの安心のスミレナ」でお取替えをご検討されてみては如何でしょうか。
ご相談をお待ちしております。



無料相談はこちらから!

スミレナの取り扱っている洗面台一覧

  • ライター
    株式会社スミレナ マーケティング部 編集チーム
    2019年12月に東京ガス発のベンチャー企業として誕生したガス機器・水回りが得意なリフォーム会社。
    お客さまのライフスタイルに合わせた「納得・感動のリフォームプラン」を一緒に作り上げていきます!

BACK TOP