• レンジフード

レンジフードの選び方

この記事を読めば、現在お使いのレンジフードがわかり、設置可能な商品を簡単に探せます!
目次

レンジフードのタイプを確認する

まずは現在お使いのレンジフードを確認し、スミレナで取替え可能かを確認しましょう。
家庭用のレンジフードは4つのタイプに分類することができます。
スミレナではブーツタイプやスリムタイプからの取替えを商品として取り扱っております。

スリムタイプ

シロッコファンにより換気し、フィルターをなくしたフラットな整流板で掃除がしやすいタイプです。

  • 当社ではこのタイプからのお取替えが可能です。

ch_01.jpg

特長

  • フィルターをなくしたフラットな整流板で掃除がしやすくなっています。
  • シロッコファンなので運転音も静かです。
  • 高効率なDCモータータイプでは省エネ運転も実現できます。
  • スリムでスタイリッシュなデザインを実現します。

注意点

  • ブーツ型からのお取替え時に形状がスリムになるため、壁や天井との取り合いに留意する必要があります。
  • 換気ファンの種類や換気ダクトの材質・経路に合わせた部材を用いる必要があります。

ブーツタイプ

フード内のプロペラファンまたはシロッコファンにより換気するタイプです。

  • 当社ではこのタイプからスリムタイプのレンジフードに取替えできます。

ch_02.jpg

特長

  • フードに取り付けられたスロットフィルターで集塵・集油するため、換気ファンのお掃除の頻度はやや少なめです。

注意点

  • フィルター掃除を簡単に行えるように、不織布性のフィルターを付けている場合、その交換の手間と費用がかかります。
  • フィルターの隙間から油煙や埃が入り込むため、定期的な掃除が必要になります。

フードタイプ

薄型のターボファンやシロッコファンにより換気するタイプです。同タイプへの取替えになります。

ch_03.jpg

特長

  • 天井が低かったり、上部に梁がある場合に設置できます。

注意点

  • 油や埃がファンに付いてしまいやすいため、こまめなお掃除が欠かせません。
  • ファンの取り外しが難しい機種が多く、下面に不織布性のフィルターを付けている方もいらっしゃいます。その場合、交換の手間と費用がかかります。
  • 上部に梁などの障害物があるケースが多いため、レンジフードへ取替えする場合は同タイプの機種しか選べない場合があります。

台所換気扇タイプ

プロペラファンにより換気するタイプです。キッチンの外壁に面したコンロの上に設置されています。

  • 当社では現在、このタイプに合うレンジフードを商品として取り扱っておりません。

ch_04.jpg

特長

  • 非常に安価です。

注意点

  • 油や埃がプロペラファンのに付いてしまうため、こまめなお掃除が欠かせません。
  • 前面に不織布性のフィルターを付けている場合、その交換の手間と費用がかかります。
  • レンジフードへの取替えには下地工事や新規ダクト工事等の建設工事が必要になります。

設置状況を確認する

レンジフードの設置に重要なことととして、「幅」「ファン形状」「ダクト」があります。

ch_05.jpg

レンジフードの幅は60cm・75 cm・90 cmの3種類となっています。基本的に既存レンジフードと同一幅の機種への取替えとなります。レンジフードの幅は火災予防条例にしたがってコンロの天板幅以上としなくてはいけないことには注意が必要です。
レンジフードの高さはスライドする幕板や梁カットにも対応できる部材を使用します。現状に合わせて別途部材が必要にある場合がありますので、現場調査にてお調べいたします。

ファン形状

レンジフードのファン形状には「シロッコファン」と「プロペラファン」の2種類が存在します。当社が提供するスリムタイプのファン形状はシロッコファンです。シロッコファンからシロッコファンへの取替えの場合には、基本的に追加費用が発生しませんが、プロペラファンからシロッコファンへの取替えの場合には、専用部材の費用が発生します。

シロッコファン

縦長の細長い板状の羽根が筒状にとりつけられているファンです。ついてしまった油汚れやホコリは水洗いで落とすことができます。

ch_11.jpg

プロペラファン

構造がとてもシンプルで安価なファンです。周囲の状況によって、吸い込み風量が安定しない場合があります。

ch_12.jpg

ダクト

レンジフードのダクトとして「専用ダクト」と「ジャバラダクト」の2種類が存在します。レンジフードの取替えにあたっては、火災予防条例等の関連法規を遵守する必要があり、ジャバラダクトの使用は全面的に禁止の方向で指導されています。理由はジャバラダクトの内面がギザギザの段差があり、内面を滑らかに仕上げることが困難で可燃性の油が付着してしまうためです。既存のレンジフードダクトとしてジャバラダクトが用いられている場合には、これを撤去して専用の排気ダクトへ取替えする場合があります。

ジャバラダクトを使用しているケース

アルミ製のジャバラダクトを使用して接続しています。安全面から可能な限り、専用ダクトへの更新を提案します。

ch_09.jpg

専用ダクトを使⽤しているケース

首振りできる専用ダクトを使用して接続しています。最初の取替え時には部材費用や取付け作業費が発生してしまいますが、次の取替え時には再利用できます。

ch_10.jpg

最後に:3つの安心のスミレナで

レンジフードのお取替えをご検討いただく場合、スミレナではメール・LINEによるご相談を承っております。
お客さまからのご相談に対しては、スミレナスタッフが対応させていただいております。
その際、お客様のお困りごとやご要望をお聞きし、機種をご提案することも可能です。
また、お客さまのレンジフードの状況を写真で送信していただければ、スムーズな現場調査とお見積もりの提示が可能になります。

現場調査後は原則1週間以内に見積を提示いたします。
お見積り確認後にご注文いただければ、その後は最短での取替え日程の調整が可能です。

工事はメーカー指定の工事店にてシッカリ・キッチリ、丁寧に仕上げます。
また、スミレナで設置したレンジフードには10年間の長期保証がついてきます。
長期保証期間中に調子が悪くなった場合、メーカー指定の作業員が修理にお伺いし、修理代は一切かかりません。

1つ、東京ガスグループで安心のスミレナ、
2つ、長期保証がついてもっと安心のスミレナ、
3つ、メーカー指定の工事店による工事だからもっともっと安心のスミレナ、

この際にぜひ、「3つの安心のスミレナ」でお取替えをご検討されてみては如何でしょうか。
ご相談をお待ちしております。


お悩み相談はこちらから!

スミレナの取り扱っているレンジフード一覧

レンジフードについては次の記事もご参考ください。

ライター情報
株式会社スミレナ マーケティング部 編集チーム