• コンロ

ビルトインコンロ比較!リンナイとノーリツのシリーズの違いも解説します

この記事では各メーカーのビルトインコンロを比較し、おすすめポイントをお伝えします。

私はこれまでガス機器や住宅設備機器などに業務で関わっておりますが、一番気になる商材は、やはりガスコンロ!
日頃から自分の家の料理担当として料理をしているので、よく触れる機会のあるコンロはとても愛着があり、メーカーさんの説明もいつも自分のことのように聞き入っています。
お手入れや料理が簡単になる機能など、気になるポイントを中心に、最新のコンロをわかりやすくお伝えできればと思っております。
目次

ビルトインコンロの基本的な特徴

基本的な特徴① 3つの安全機能Siセンサー付コンロ

picture_pc_ed2.png

2008年10月以降の家庭用のガスコンロには、全口にこのSiセンサーがついています。
このSiセンサーは以下の3つの安全機能がついています。

  • 調理油過熱防止装置
  • 立ち消え安全装置
  • コンロ消し忘れ消火機能

これにより安全性が格段に向上。なべ底の温度が一定温度以上になると、火力が小さくなったり、自動消火するようになっています。

しかしその一方でSiセンサーが義務化されたばかりの頃は、Siセンサーの安全機能がすぐに作動してしまい炒めものの際に弱火になってしまうなど、ご不満に思っていた方もいたとというお話もお聞きします。
今の最新のコンロでは引き続きSiセンサーは搭載されています。ですが、今では「高温炒めモード」が搭載されており、通常のSiセンサーで消火されてしまう温度より、高い温度まで使っていただくことができます。

※ただしこの場合も、一定温度を超えると安全のため自動的に弱火になったり消火したりします

基本的な特徴② フラットな構造で清掃性がUP

picture_pc_b2.png

最近のコンロの特徴は、以前に比べて凹凸が少なく、かなりフラットな構造になっています。
汁受け皿がなくなりバーナーまわりがカバーされている構造になっていたり、トップがガラストップが主流となりさっと拭きやすくなっていることがポイントです。
機種によっては、さらに清掃性がUPするように作りこまれているものもあり、家事の時短を実現してくれます。

基本的な特徴③ 魚焼きだけではない多彩なグリル

グリルは「魚焼き」と言われていたように、「魚を焼く場所」というイメージを持っている方もいらっしゃると思います。

しかし近年は、コンロの一番の特徴はグリルだ!と思うほど、多彩なグリルが目立ちます。

グリルで使用する専用の容器を活用した清掃性の向上やオート調理など、焼くだけではなく、煮る、蒸すなどが可能になっています。
また、メーカーによっては、無水調理ができたり、燻製調理ができたりと、いろいろなトレンドに対応したコンロが増えているのです。

メーカーについて

ビルトインコンロはリンナイ、ノーリツ、パロマの3社がシェアのほとんどの割合を占めています。
リンナイが53%、ノーリツが34%、パロマが約10%のシェアとなっています(リフォーム産業新聞調べ)。
また、各メーカーにはそれぞれのグレードによってシリーズ名があります。

会社名 リンナイ
リンナイロゴ
ノーリツ
ノーリツロゴ
パロマ
パロマロゴ
国内シェア※
※リフォーム産業新聞社調べ
54% 34% 10%
代表シリーズ プレミア デリシア プログレ クレア
スタンダード リッセ ピアット フェイシス
カジュアル マイトーン ピアットライト ブリリオ
コメント 多彩なラインナップが自慢です。デザインやアプリの充実度はさすがトップシェアのメーカーといったところです。調理の幅が広がるココットシリーズが、日々の調理もお手入れも簡単にしてくれます。 完全に焼き網のない「マルチグリル」や業界で初めて「燻製モード」を搭載するなど、独自性のあるコンロを開発。業務・資本提携している「ハーマン」という社名でご存知の方も多いでしょう。 シンプルでお手頃な製品が多い印象でしたが、最近はプレミアムグレードのコンロもラインナップ。長年の知見をいかした細やかな配慮が反映されています。

グレードによって違うポイントはメーカーによって異なりますが、主には調理性能やお手入れ性能の部分に違いがあります。
今日はトップシェア2社である、リンナイとノーリツのコンロについて、より詳細に説明させていただきます!

【リンナイ】ビルトインコンロシリーズ比較とポイント

シリーズ名
デリシア
リッセロゴ
リッセ
マイトーンロゴ
マイトーン
グレード プレミアム スタンダード カジュアル
デザイン
操作性能
天板 セランガラス セランガラス ガラス/ホーロー
ゴトク ステンレス/ホーロー ホーロー ホーロー
前面パネル フラットフェイス フラットフェイス 押下式
火力調整は左右スライドレバー
電源オートオフ
調理性能 ザ・ココット
ココットプレート
コンロ
オートメニュー
アプリ対応
お手入れ性能 イージークリーン
スモークオフ
焼き網 フッ素加工 フッ素加工
その他 鍋なし検知機能
パノラマワイドグリル
連続オートグリル
水無し両面焼きグリル
オートグリル
音声ガイダンス付き
パノラマワイドグリル
連続オートグリル
水無し両面焼きグリル
オートグリル
水無し両面焼きグリル
オートグリル

リンナイのビルトインコンロの代表3種の比較はこちらの通りです。

この中でも特におすすめのポイントについて、ご紹介していきます。

ポイント① 同じガラストップでも実は違う!?「イージークリーン」と「セランガラス」について

冒頭にご紹介した通り、ガスコンロの天板はガラストップが主流になってきました。
カジュアルグレードなど、お手頃な価格帯にはホーロー+特殊コートしたものもありますが、耐久性を考えるとガラス天板のほうがやはり人気があります。
一方で、ガラストップといっても、どうしてもバーナーまわりは温度が高くなってしまい天板が熱くなるため、煮こぼれ等の汚れによって焦げついたりしてしまいます。
デリシアとリッセに搭載されている「イージークリーン」はトッププレートの裏面にアルミパネルを装着し、バーナーまわりの熱を分散・放熱させて表面温度の上昇を抑えてくれるので、焦げつきにくく、サッととふくだけでお手入れができるのです。

picture_pc_9c9.jpg

左がイージークリーン、右が通常のコンロのトッププレート裏面です!
実際に醤油と砂糖とみりんという家庭でよく使う調味料をブレンドし、こぼしたまま調理した場合の焦げつきも比較してみましたが、違いは一目瞭然でした。

picture_pc_cb3.jpg

イージークリーンは焦げつきが全然なく...

picture_pc_2cd.jpg

イージークリーンのない通常のコンロは結構しっかりとした焦げつきができてしまいました。

また、イージークリーンだけではなく、デリシア・リッセではドイツ・ショット社の「セランガラス」を採用しています。
世界品質のガラストップで、耐久性があり色落ちもしない上質なものです。
ガラストップ天板といっても、実はグレードにより違いがあることがわかっていただけたと思います。

ポイント② お料理の幅を広げてくれる上にお手入れも楽ちん「ザ・ココット」と「ココットプレート」

リンナイでは、「ザ・ココット」というコンロでもグリルでも使える便利な万能鍋があります。
グリルの中ではダッチオーブンのような使い方もできますし、コンロ上では流行りの無水調理をすることもできます。

picture_pc_928.png

この「ザ・ココット」を使えるのはデリシアだけ!
ザ・ココットひとつで低温調理から高温調理まで一気に料理の幅が広がります。

デリシア公式アプリ「+R RECIPE」と連携すれば、火加減や加熱時間を自動で調整してくれるので、ザ・ココットに食材をいれてあとはおまかせ!なんてとても簡単な調理が実現できるのです。

普段はまったく料理をしない人でも簡単においしい料理が作れるのがこのザ・ココットのすごいところ!
実際スミレナの普段はほぼ料理をしない男性社員も、ザ・ココットで無水カレー作りに挑戦したところ、とっても簡単においしくできたと評判でした。

<詳細はこちら>

また、ザ・ココットはデリシア専用ではありますが、グリルで使える「ココットプレート」はデリシア、リッセ、マイトーンともに使えて、グリル内が汚れず、とっても便利です。
リンナイのコンロといえば、ココットプレート!CMをみてご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

面倒な焼き網のお掃除も、ココットプレートを使えばより簡単なお掃除になりますし、ココットプレートはグリル庫内の汚れを99.9%カットしてくれる優れものです。
正直グリルの掃除が面倒だから、あまり使っていないの...という方、いらっしゃると思います。
そう、わたしもコンロを新しくするまではそうでした。
でもココットプレートを使えば、プレートを洗うだけ。
庫内はほとんど汚れないので、毎回庫内の汚れを気にする必要がありません。

開口スリットから食材へ直火も届くので、中までこんがりおいしく、しっかり焼きあがります。
ココットプレートが使いたいから、自分はリンナイのコンロにする!という方もいらっしゃるくらい、大人気商品です。
魚だけではなく、トーストやピザ、さらにはいろいろなレシピが公開されているので、多彩な料理が楽しめます。

ポイント③ 専用バーナーでニオイや煙を焼き切る「スモークオフ」!」

picture_pc_7cd.png

デリシアとリッセには、「スモークオフ」という機能があります。
グリルをあまり使わなくなってしまう原因のもう一つに、グリルから出てくるニオイや煙が気になる!という方もいらっしゃると思います。

このスモークオフなら、ニオイと煙のほとんどをカットしてくれるのです。
グリル庫内の後方に搭載された専用バーナーがニオイや煙をなんと焼き切ってくれるという仕組みなのです!
見えないバーナーが頑張ってくれることで、よりグリルを使いやすくしてくれているわけです。

リビングに流れるニオイがどうしても気になってしまっていた方にも、スモークオフはおすすめなのです。

【ノーリツ】ビルトインコンロシリーズ比較とポイント

シリーズ名 プログレロゴ
プログレ
ピアット マルチグリルロゴ
ピアット マルチグリル
ピアットライト
ピアットライト
グレード プレミアム スタンダード カジュアル
デザイン操作性 天板 ガラストップ ガラストップ ガラストップ
ゴトク ステンレス/ホーロー ステンレス/ホーロー ホーロー
前面パネル フラットフェイス フラットフェイス フラットフェイス
電源オートオフ
調理性能 グリル形状 マルチグリル マルチグリル 焼網グリル
グリル
オートメニュー
オートメニューあり
低温調理、燻製など付加機能
オートメニューあり オートメニューあり
コンロ
オートメニュー
湯沸かし、炊飯、麺ゆで、
煮るオート、焼サポート
湯沸かし、炊飯 湯沸かし、炊飯
アプリ対応
お手入れ性能 親水アクアコート
グリルフラット
構造
排気口落下物
ガード
別売
その他 鍋なし検知機能
ワイドグリル
連続オートグリル
音声ガイダンス付き
プレートパンL/キャセロールL付属
ワイドグリル
連続オートグリル
プレートパンL付属
ワイドグリル
水無し両面焼きグリル
連続オートグリル
グリルプレート、クックボックス使用可能(別売)

ノーリツのビルトインコンロの代表3種の比較はこちらの通りです。

この中でも特におすすめのポイントについて、ご紹介していきます。

ポイント① 完全に焼網がない、革命的なマルチグリル

ノーリツのコンロの一番の特徴といえば、このマルチグリルではないかと思います。
完全に焼き網のないこのマルチグリル。
今までのグリルは、下火がサイドにあるのが一般的でした。
このマルチグリは温度センサー付き下火バーナーがついています。

picture_pc_35e.png

この温度センサー付きの下火バーナーがあることで、温度のこまやかな調節が可能になります。
専用容器を合わせて使うことで、従来のグリルではできない多彩な調理が可能になっています。

また、両サイドのバーナーがなくなることで、グリル庫内の側面がフラットになっています。
そのため、グリル庫内は、凹凸部をゴシゴシお手入れする必要がなく、拭き取りやすい構造ですし、調理部は専用容器をサッと洗うくらいで後片付けがとってもラクチンなのも、マルチグリルのメリットです。

picture_pc_d38.png

はじめてみたときは、「焼き網がないと魚やお肉はベシャっとしてしまうのでは!?」と思いましたが、プレートパンは緩やかな傾斜がついていて、余分な油が溝に流れ落ちる設計にちゃんとなっています。
逆に油が落ちすぎず、ふっくらとした焼き上がりでとってもジューシーに焼きあがるのが特徴です。

picture_pc_dd1.png

それでも油が気になる!という人は別売の波型プレートパンを使うことで、余計な油をさらに落とすこともできますし、きれいな焼き目をつけることができるのでオススメです。

picture_pc_ca5.jpg

プレートパンだけではなく、キャセロールという深型の専用容器をつかえば、煮る・蒸すといった調理も可能です。
蒸し器を出すのが面倒くさい茶碗蒸しも、このようにキャセロールに並べて作ることができます。

画像5

今回ご紹介しているシリーズの中で、マルチグリルが使えるのはプログレとピアットマルチグリルですが、同じマルチグリルでも、プログレの場合はさらに機能が充実しています。

単純なお魚やトーストを焼く機能だけではなく、「解凍焼き上げ」「燻製」「低温調理」など、お料理のバリエーションが広がる機能が充実しています。
「燻製」「低温調理」の機能は、業界初の機能になっています。

  • 今日は忙しかったからサッと済ませたいときは、冷凍の鶏肉を「解凍焼き上げ」で時短調理。
  • 今日はゆっくり晩酌でもしたいから、「燻製」でちょっと小粋なつまみを準備。
  • 今日はホームパーティーだから「低温調理」でローストビーフでも作っちゃおうかな!
  • というように、気分やシーンに合わせて、毎日の料理を多彩なものにしてくれます。

特に燻製機能は社内で体験したときもお酒大好き社員たちに大人気でした!

picture_pc_087.jpg

ポイント② 材料を切っていれるだけ!?煮るオート・焼サポート

プレミアムグレードのプログレには「煮るオート」、「焼サポート」という機能が搭載されました。
これがとても優れもので、コンロの進化を感じさせてくれます。

先日ツイッターでも紹介しましたが、ただ切って、並べて、「煮るオート」を押すだけで、自動的に火力を調整して煮込んでくれて、カレーが出来上がりました。
まったくかき混ぜたりもしていないし、わざわざコンロでカレーを作るというような設定をしたわけでもなく、本当に「切って、並べて、煮るオートを押すだけ」で火加減の調整をすべて自動でしてくれます。
焦げ付きもまったくありませんでした。

焼サポートも、ハンバーグなど火加減がむずかしいお料理でも、自動的に火加減を調節してくれて、裏返すタイミングになると音声でお知らせしてくれる機能です。
驚くほど調理が簡単になるので、男性やお子さんでもどんどん料理に挑戦できるのではないでしょうか。

ポイント③ おそうじ簡単!親水アクアコート

今回ご紹介しているプログレ、ピアットシリーズのガラストップ天板には「親水アクアコート」という親水性のコーティングが施されています。
親水性のあるコーティングのおかげで、こびりついてしまった汚れも水を垂らしておくと、浮き上がってきてスッとふけるという優れものです。

picture_pc_4ba.jpg

お掃除がラクチンというのも大切なポイントだと思います。特別な洗剤などを使わずに、お水を使えばきれいにお掃除できるのはらくちんポイントです。

こんな人への推しコンロ!

ここまでトップシェア2社である、リンナイとノーリツのコンロのシリーズ比較とポイントをお伝えしてきました。
そのうえで、こんな人へはこのコンロが推しですよ!ということを最後にご紹介させていただきます。

お料理好き!でも家事も調理もできればラクチンに済ませたい方

推しコンロは、リンナイのデリシアです!

picture_pc_204.png

ザ・ココットは無水調理も楽しめますし料理の幅を広げてくれます。
そのうえグリルが汚れないココットプレートや、お掃除が楽になるイージークリーン、お部屋の空気を汚さないスモークオフも搭載されているので、料理のあとの片づけがぐっと楽になります。

楽ちんを求める人は「機能は最小限でいい」という方もいますが、プレミアムグレードのほうが時短調理に役立つ機能も、掃除が簡単になる機能も充実しているので、結果としてラクができるのです!

新しいことに挑戦するのが大好き!いろんな料理で日々を楽しみたい方

推しコンロは、ノーリツのプログレです!

業界初の試みが多いノーリツのコンロ。マルチグリルでなにをしようかと考えるのは、とても心をくすぐられます。
料理もせっかくするなら楽しみながらしたい!という人にとって、多彩な料理に挑戦できる頼れる相棒になってくれること、間違いなしです。
マルチグリルを上手に活用するためのレシピサイトもあるのでどんどんレパートリーが広がること間違いなし。ホームパーティーでも大活躍してくれるだろうコンロです。

充実した機能はほしい!でもお手軽に最新コンロを取り入れたい方

推しコンロは、リンナイのリッセです!

picture_pc_88b.png

スマートなデザイン性や、清掃性がUPする性能を持ちつつ、お手軽さを兼ねそろえたコンロです。
毎日のように使うものだから、清掃性については絶対に重視してほしいポイントです。
そういった機能はしっかりと持っており、ココットプレートも使える、バランスのよさがコンロを新調する方々におすすめです。

ぜひそれぞれのシリーズ比較やポイントを確認していただき、自分にあったコンロを見つけてくださいね!

まとめ

最近のコンロは、、、
全口にSiセンサーがついていて安心!「高温炒めモード」も搭載されているので炒めものにも便利
以前に比べて凹凸が少なく、かなりフラットな構造になっているので、清掃性がUPしています
多彩なグリルが特徴です!

リンナイのコンロは
同じガラストップでも、より清掃性が高い「イージークリーン」や耐久性の高い「セランガラス」があります【デリシア、リッセ】
お料理の幅を広げてくれる「ザ・ココット」がおすすめ【デリシア】
「ココットプレート」はグリル庫内を汚さず料理が楽しめます【デリシア、リッセ、マイトーン】
・ニオイと煙のほとんどをカットしてくれる「スモークオフ」という機能があります【デリシア、リッセ】

ノーリツのコンロは
・完全に焼き網のないマルチグリルが、多彩な料理を可能にします【プログレ、ピアットマルチグリル】
・ほったらかし運転ならぬほったらかし調理を可能にする、煮るオート・焼サポートがあります【プログレ】
・親水アクアコートはお掃除がとってもラクチンになります【プログレ、ピアットマルチグリル、ピアットライト】

そしてコンロを選ぶ際には、機能や性能をシリーズで比較し、自分に合ったコンロを見つけてください!

最後に:3つの安心のスミレナで

ビルトインコンロのお取替えをご検討いただく場合、スミレナではLINEによるご相談を承っております。
お客さまからのご相談に対しては、スミレナスタッフが対応させていただいております。
その際、お客さまのビルトインコンロの状況を写真で送信していただければ、私たちの経験をフル投入して、ほとんどの場合で現場調査なしで正式なお見積もりの提示が可能です。
現場調査がないので、その日のうちに見積提示~ご注文、その後は最短での取替え日程の調整が可能です。
工事はメーカー指定の工事店にてシッカリ・キッチリ、丁寧に仕上げます。
また、スミレナで設置したビルトインコンロには6年間の長期保証がついてきます。
長期保証期間中に調子が悪くなった場合、メーカー指定の作業員が修理にお伺いし、修理代は一切かかりません。

1つ、東京ガスグループで安心のスミレナ、
2つ、長期保証がついてもっと安心のスミレナ、
3つ、メーカー指定の工事店による工事だからもっともっと安心のスミレナ、

この際にぜひ、「3つの安心のスミレナ」でお取替えをご検討されてみては如何でしょうか。
ご相談をお待ちしております。


お悩み相談はこちらから!

スミレナの取り扱っているビルトインコンロ一覧

ビルトインコンロについては次の記事もご参考ください。

ライター情報
株式会社スミレナ マーケティング部 編集チーム