• コンロ

ビルトインコンロの寿命はどれくらい?修理・交換の見極め方をご紹介

ある日突然、ガスコンロに不具合が起きたら大変です。
調理ができないだけでなく、万が一には命の危険にもつながる可能性があります。
システムキッチンに組み込まれているビルトインコンロにも耐用年数や寿命があり、適切な交換時期があります。
ビルトインコンロの寿命や、もしもの場合の修理や交換の見極め方についてご紹介します。
目次

ビルトインコンロの寿命・交換時期

ビルトインコンロを長年使用していると、経年劣化によるコンロ自体の老朽化や 不具合が出てきます。
ビルトインコンロにも耐用年数があり、定期的な交換が必要なのです。

10年での交換が推奨

使い方や使用頻度によって寿命には違いがありますが、 ビルトインコンロの耐用年数は一般的に8~10年程度といわれています。
もちろんこの期間を厳守して交換しましょうとは言い切れませんが、通常利用の場合は10年が交換の一つの目安と覚えておいてください。

ガスコンロの不具合や事故は、場合によっては 火災の発生や人命に関わる大事故につながる危険性があるため、不具合などの予兆を感じたら早めに対処しておくべきです。
また、直接的な不具合を感じていなくても、 不完全燃焼による一酸化炭素中毒の危険性もあるため、10年を目処にビルトインコンロの交換を意識しましょう。
まずは、ビルトインコンロに付いている製造年を確認するようにしてください。

2008年以前のコンロは特に注意

ビルトインコンロの製造年をチェックした際、もし2008年以前のコンロをお使いでしたら特に注意が必要です。
現在流通しているガスコンロには「Siセンサー」と呼ばれる安全センサーが搭載されています。
法律で設置が義務付けられている安全装置に加えて「消し忘れ消火機能」「早切れ防止機能」を追加し、さらに「自動炊飯機能」や「油温度調節機能」等の便利な機能を追加したガスコンロがSiセンサーコンロです。
2008年以前のガスコンロにはこのセンサーが搭載されていないため、安全機能を考えると早めの買い替えを行いましょう。

ビルトインコンロで起きやすいトラブル

ビルトインコンロで起きやすいトラブルには以下のような症状があります。
すぐに解決できる場合もありますが、寿命の場合も考えられますので、まずは以下の症状をしっかり確認しよう。

チェックポイント

  • 点火しない(すぐに火が消えてしまう)
  • 火力の調節ができない
  • ガス臭がする
  • 炎の色が青色でない(赤・黄色・オレンジなど)
  • グリルからの煙が増えた

点火しない(すぐに火が消えてしまう)

「ガスコンロが点火しない」「すぐに火が消えてしまう」といった症状がある場合、まずは以下の可能性があります。

電池切れ

ガスコンロが点火しない原因の多くは電気切れによるものです。
電池交換ランプがついている場合は電池を交換しましょう。

点火部周辺が汚れている

ガスコンロの一つだけ点火しない場合や、点火の音がするのにガス臭がする場合は、汚れや水濡れが原因である可能性があります。
吹きこぼれや水濡れ箇所がないかを確認しましょう。

ガスメーターの安全装置が働いた

地震やガス漏れ以外にもガスメーターの安全装置が起動して、ガスが一時的に止まる場合があります。
自宅のガスメーターが作動しているかを確認してください。

これらに当てはまらない場合は、寿命や故障の可能性があります。

火力の調節ができない

火力の調整ができない.jpg

何度か弱火と強火に変えてみて火力に変化が見られないときは、ガスコンロの不具合が起きている可能性があります。
ガスコンロの火力調整には「ボタン」「レバー」「点火ツマミ」のタイプがありますが、いずれの場合も炎の大きさが変わらないようなら異常と考えて良いでしょう。

さまざまな原因は考えられますが、 煮こぼれなどによって機器内部に入り込んだ影響や、 配線異常によって火力異常を起こしている場合もあります。
使用年数が長いほど火力トラブルは起きやすく、状態によっては機器の分解が必要になります。

ガス臭がする

ガス臭がする場合、特に注意が必要です。
都市ガスやプロパンガスには、ガス漏れなどの事故を防ぐために、玉ネギや卵の腐ったような臭いが人工的に付けられています。
ガス臭がする原因は ガス漏れの可能性だけでなく、ガスコンロの経年劣化で起きている場合もあります。
ガスコンロが古くなると、腐食によってガス漏れが発生するケースもあるのです。
ガス爆発など、事故の危険性がありますので、 異臭(ガス臭)や異音を感じた場合は使用をすぐに止めて修理を依頼しましょう。
状態によってはガスコンロの交換が必要になります。

炎の色が青色でない(赤・黄色・オレンジなど)

炎の色.jpg

正常なガスコンロの炎の色は青色です。
状態によっては炎が赤くなる場合がありますが、そんなときは要注意です。
ガスコンロから赤い炎が出る原因は大きく3つです。

不完全燃焼を起こしている

不完全燃焼とは、酸素が不足している状態でコンロを使っている状態です。
この状態でコンロを利用し続けていると、室内に 一酸化炭素が充満して一酸化炭素中毒に陥る危険性があります。
ガスコンロの火を止めて室内の換気を行いましょう。

バーナーキャップの汚れ

ガスコンロのバーナーキャップが煮こぼれなどで汚れている場合にも炎が赤くなります。
室内ではなくガスコンロの内部で酸素が不足して不完全燃焼が起きている状態です。
定期的にバーナーキャップの掃除を行いましょう。

加湿器による影響

室内で加湿器を使用した状態でガスコンロを使うと、炎の色が赤くなることがあります。
加湿器を止めて様子を見てみましょう。

グリルからの煙が増えた

グリルからの煙が増えたときは、庫内についた 油汚れが燃えている可能性があります。
油分の多い魚などを焼くときには煙は多く出ます。
しかし、煙の発生量が多くなった気がすると感じる場合や、食材が頻繁に燃えるときは、庫内をしっかり清掃してみましょう。
もしかすると 庫内に固着した食品の油が燃えているのが原因かもしれません

最近では電子レンジの汚れから発生する発火や爆発の事例が急増していますが、原因はレンジ内部の汚れが原因しています。
グリルの場合はいきなり爆発に至ることはほぼありませんが、こまめな清掃は必要です。

しかし、グリルを使用するたびに入念な清掃するのは大変な作業です。
最近のガスコンロには掃除しやすい工夫がされていますので、手入れが手間に思う方は交換を検討しても良いでしょう。

ビルトインコンロを長持ちさせるお手入れ方法

ビルトインコンロを長持ちさせる最大の秘訣は日頃のお手入れです。
ガスコンロに使われる部品の多くは金属で、 掃除をしないまま放置すると油分や塩分の影響で劣化が早まります。
汚れたらすぐに清掃を行うように心掛けましょう。

天板などは材質によって注意が必要です。
金属タワシやメラミンスポンジなどは、利用すると逆に傷を付ける場合もありますので、取扱説明書などでしっかり確認しておきましょう。
普段の清掃の基本は、調理後に布巾などで軽く拭き取って汚れを除去しておくことです。

面倒なゴトク周りやバーナー・センサーのお手入れはスポンジや重曹を利用すると便利です。
もっとも厄介な清掃箇所はグリルですが、本体から外せるパーツはすべて外して分解した状態で重曹溶液につけこむと汚れを浮かすことができます。

ビルトインコンロが故障したときはどうすればいい?

もし急にビルトインコンロが故障したとき、どうすればよいのでしょうか。
簡単になおる場合もありますが、状態によっては修理や交換が必要になります。
症状によって修理するか交換するかを判断してください。

ビルトインコンロを修理する場合

コンロの 製造年数が新しいものであれば、無理に交換をせず修理でも十分対応可能でしょう。
修理した場合の相場は以下のようになります。
※あくまで相場になりますので、実際の修理金額は修理業者へ見積を出しましょう。

症状

対処例

費用相場 参考

火がつかない、消えてしまう

着火プラグなどの部品交換、
基盤の交換

5,500~18,500円

火炎の形状がおかしい

分解清掃、バーナーなどの
部品交換

6,800~10,000円

このほかにも天板・トッププレート、グリル、ガスホースなどの交換も考えられます。
電子部品や基盤、各種センサーも部分的な交換をする場合がありますが、10,000~15,000円程度が相場になります。

ビルトインコンロを交換する場合

ガスコンロの使用年数が10年近いものは、基本的に交換を推奨します。
同じタイプのビルトインガスコンロが製造される期間は5年ほどで、デザインや機能を変えた新しいタイプのガスコンロが市場に流通します。
旧式のガスコンロの修理に必要な部品は、法律によって製造終了した後も保有や補充をしておく義務がありますが、この期間は5年程度と短期間です
メーカーによっては10年間ストックしている部品もありますが、古くなるほど修理部品が入手できない可能性があります。
部品がなければ交換以外に方法はありません。

使用期間が7年を超えたコンロや製造終了から5年が経過したコンロに不具合が発生した場合には、新しいビルトインガスコンロに交換することが理想です。
最新のビルトインコンロは機能も豊富で掃除もしやすいタイプがたくさんあります。
無理な修理を行わず、交換を行いましょう。

※注意:賃貸にお住まいの方は、まずオーナー・管理会社に相談するようにしましょう。スミレナでは、お客様の名義でない賃貸住宅の施工は受け付けておりません。

ビルトインコンロの寿命まとめ

ビルトインコンロに異常や不具合が発生した場合は非常に厄介です。
急に調理ができなくなったという事態は避けたいものです。
普段から頻繁に清掃を心掛けましょう。

しかし、大切に使用していても必ず経年劣化による寿命はやってきます。見た目はキレイに見えていても、部品や内部の劣化は止めることができません。
ガスは火災や人命に関わる事故に直結しやすい部分なので、ビルトインコンロに異変や寿命を感じたら早めの対応が必要です。

ビルトインコンロの寿命を感じて交換をご検討の場合は、スミレナまでお問い合わせください。
状況に応じた臨機応変なお問い合わせ対応が可能です。

最後に:3つの安心のスミレナで

スミレナではスタッフによるメールやLINEでのご相談を承っております。
その際、お客さまの給湯器の状況を写真で送信していただければ、スムーズな現場調査とお見積の提示が可能になります。

現場調査後は原則1週間以内に見積を提示し、ご注文後は最短での取替え日程を調整いたします。
工事はメーカー指定の工事店にてシッカリ・キッチリ、丁寧に仕上げます。

また、スミレナで設置した給湯器には10年間の長期保証がついてきます。
長期保証期間中に調子が悪くなった場合、メーカー指定の作業員が修理にお伺いし、修理代は一切かかりません。

1つ、東京ガスグループで安心のスミレナ、
2つ、長期保証がついてもっと安心のスミレナ、
3つ、メーカー指定の工事店による工事だからもっともっと安心のスミレナ、

この際にぜひ、「3つの安心のスミレナ」でお取替えをご検討されてみては如何でしょうか。
ご相談をお待ちしております。


お悩み相談はこちらから!