• コンロ

ビルトインコンロを交換するときに知っておきたい6つのこと

ビルトインコンロは日々の使用により経年劣化していくため、寿命を過ぎたものは交換が必要です。
こちらの記事では、ビルトインコンロの交換について、目安時期、交換できるコンロのタイプ、費用やサイズ変更など包括的にご紹介します。
「そろそろ替え時かも…」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。
目次

ビルトインコンロの交換目安はおよそ10年

ビルトインコンロの交換目安は、およそ10年です。
ビルトインコンロは経年劣化してくると、天板やゴトク、ガスバーナーなどの汚れが落ちにくくなり、お手入れの手間がかかるようになります。
また、部品なども劣化するため「なんだか着火しづらい」などの不具合も生じてきます。

しかし、意外に長く使っているご家庭も多いもの。10年以上使い続けているというのなら、ビルトインコンロのリフォームを検討してみましょう。

また、ビルトインコンロは2008年の法制化によって、家庭用には「Siセンサー」と呼ばれる安全装置が搭載されています。
もし、まだSiセンサーコンロではないのなら、毎日の安心・安全な暮らしのためにも、ビルトインコンロを交換することをおすすめします

ビルトインコンロの交換時期の詳細は、以下ページをご参照ください。

ビルトインコンロに交換できるコンロ一覧

まずは、現状のキッチンにビルトインコンロを設置できるかどうかを確認しましょう。

ビルトインコンロからビルトインコンロへの交換が基本になりますが、その他のタイプでも交換可能なケースはあります。

ビルトインタイプ

セクショナルタイプ

テーブルコンロ

ビルトインコンロへの
交換

交換可能

コンロ台ごと交換

場合によっては可能

ビルトインタイプからの交換

cs_01.jpg

システムキッチンの天板に埋め込まれるように設置されているタイプ。
交換する形で、新しいビルトインコンロを設置可能です。
ただ、ビルトインコンロの下にガスオーブンがある場合、その交換の有無で選べるビルトインコンロが変わります

  • オーブンを交換する:メーカーを問わずコンロの機種を選べる
  • オーブンをそのまま残す:オーブンのメーカーと同じコンロを選ぶ必要がある
  • オーブンを撤去して、収納庫に変更する:メーカーを問わずコンロの機種を選べる

セクショナルタイプからの交換

cs_02.jpg

セクションタイプは、コンロ台とガスコンロが一体化したタイプです。
ビルトインコンロに変更する場合は、専用のキャビネットを使用してコンロ台ごと交換します

テーブルコンロからの交換

cs_03.jpg

ガステーブルとも呼ばれ、独立したコンロ台の上に据置きのガスコンロが乗っているタイプです。
基本的に、テーブルコンロからビルトインコンロへの交換はできません

ただし、専用キャビネットを使用して、ビルトインコンロへの交換が可能なケースもあります。詳しくはお問い合わせください。

ビルトインコンロに交換可能なコンロの詳細や、ビルトインコンロの選び方に関する内容は、以下のページで詳しく解説しています。

ビルトインコンロ交換の流れ

ここでは、ビルトインコンロの交換の流れをご説明します。

1.ヒアリング/お見積り
現場状況などをヒアリングし、お見積りと作業内容を説明します。

2.作業場所の養生
作業による傷や汚れが付かないように、キッチンの床を養生します。

3.既存のコンロ取り外し
既存のコンロ、配管などをすべて取り外します。
セクションタイプ、テーブルコンロからの交換の場合、コンロ台ごと取り外し交換します。

4.周辺部分の掃除
取り外したコンロ周りの汚れを掃除します。

5.ビルトインコンロの取り付け
新しいビルトインコンロ、配管を取り付けます。

6.試運転
コンロが正常に作動するか、接続不良やガス漏れがないかを試運転で確認します。

7.操作説明
操作方法をお客様にご説明して、工事完了となります。

ビルトインコンロの交換に関するよくある質問

ここでは、ビルトインコンロにの交換に関して、よくある質問とその答えをまとめます。

交換費用はどれぐらいかかる?

ビルトインコンロ交換の費用相場は、グレードによって変わります
それぞれのグレードの費用相場を、以下で見てみましょう。

  • カジュアルモデル:110,000~130,000円
  • スタンダードモデル:150,000~210,000円
  • ハイグレードモデル:200,000~230,000円

このように、グレードによって価格と機能性が異なってきます。

ビルトインコンロの交換費用の詳細については、以下のページをご参照ください。

サイズ変更はできる?

フェイス部分の幅(魚焼きグリル、操作部分)は変わらないため、60cmから75cmへのサイズアップ、75cmから60cmへのサイズダウンのどちらも可能です
ただし、「レンジフードの幅は、コンロの幅以上でなければならない」と消防法によって定められており、レンジフード60cm幅の場合は、75cmのビルトインコンロにすることはできません。

ビルトインコンロのサイズについては、以下のページで詳しく解説しています。

おすすめのカラーは?

ビルトインコンロは、天板のカラーを選べます。
もし、どのカラーにすればいいか悩んでいるようなら、他のキッチン器具と同系色のものを選ぶと良いでしょう。
キッチン器具は、シルバー系のものが多いので天板もシルバー系にするとなじみやすいのでおすすめです。
他にもビルトインコンロの選び方で疑問がある際には、こちらの記事も参考にしてみてください。

交換作業は自分でできる?

「ビルトインコンロを、自分で交換することはできるのかな?」と考える方もいらっしゃるでしょう。

ビルトインコンロの交換は、ガス管の接続、ガス漏洩チェックなど、有資格者のみが作業できる工程があり、自分で行うことができません
「ガス機器設置スペシャリスト」、「ガス可とう管接続工事監督者」などの資格が必要で、無資格の人が作業を行うのは非常に危険ですので、自分での作業は避けてください。

ガス栓とガスホースの交換はDIYでもできなくはないですが、安全・確実に交換ができるように、すべて専門業者に任せることをおすすめします

ビルトインコンロの交換まとめ

ビルトインコンロの交換について、解説しました。
以下で、要点をおさらいしましょう。

  • ビルトインコンロに交換できるコンロかどうかを確認する
  • 交換費用は、コンロのグレードによって異なる(110,000~230,000円程度)
  • サイズ交換は60cmから75cmへのサイズアップ、75cmから60cmへのサイズダウンのどちらも可能
    ※ただし、消防法の兼ね合いから、レンジフード60cm幅の場合は75cmのビルトインコンロにすることはできない
  • 交換は有資格者でないとできない作業もあり、危険が伴うため専門業者への依頼が必要

ビルトインコンロの寿命はおよそ10年ですが、それよりも長く使い続けているという人も多いでしょう。
安全性や利便性の面からも、ビルトインコンロの寿命が過ぎているというご家庭は、ぜひスミレナまでご相談ください。

最後に:3つの安心のスミレナで

スミレナではスタッフによるメールやLINEでのご相談を承っております。
その際、お客さまのコンロの状況を写真で送信していただければ、スムーズな現場調査とお見積の提示が可能になります。

現場調査後は原則1週間以内に見積を提示し、ご注文後は最短での取替え日程を調整いたします。
工事はメーカー指定の工事店にてシッカリ・キッチリ、丁寧に仕上げます。

また、スミレナで設置したコンロには10年間の長期保証がついてきます。
長期保証期間中に調子が悪くなった場合、メーカー指定の作業員が修理にお伺いし、修理代は一切かかりません。

1つ、東京ガスグループで安心のスミレナ、
2つ、長期保証がついてもっと安心のスミレナ、
3つ、メーカー指定の工事店による工事だからもっともっと安心のスミレナ、

この際にぜひ、「3つの安心のスミレナ」でお取替えをご検討されてみては如何でしょうか。
ご相談をお待ちしております。


無料相談はこちらから!

BACK TOP