• コンロ

ビルトインコンロの交換費用を安く抑える方法は?信用できる業者の見つけ方を紹介!

ビルトインコンロの不具合が起きて、そろそろ交換かと考えている方が一番気にされるのは、やはり費用についてではないでしょうか。
そこで、交換費用の相場、オプション工事にかかる費用、そして施工業者選びのポイントについて解説します。
費用の相場を知ることで、リフォームのイメージが沸くでしょう。
目次

ビルトインコンロの交換費用の相場

ビルトインコンロの交換費用は、モデルによって異なります。
お求めになりやすいカジュアルモデル、高機能なハイグレードモデルまでさまざまです。

ここからは、モデルごとの費用相場について紹介します。
※スミレナの取扱い商品は、全て本体費用、工事費、10年間の長期保証も含めた総額です。

カジュアルモデル

カジュアルモデルのビルトインコンロへの交換費用の相場は11~13万円程度です。
リーズナブルさが魅力ですが、各メーカーの便利機能は備えられており、コストパフォーマンスに優れています。

新しいコンロへ交換したいけど、なるべく費用を抑えたいという人にはおすすめです。

▼機種例

※2021年10月時点の価格です

スタンダードモデル

スタンダードモデルのビルトインコンロへの交換費用の相場は15~21万円程度です。
機能が充実しており、価格に対して外見も高級感があるので人気のモデルです。

初期費用をなるべく抑えつつ、バランスのいいコンロを選びたい人にはおすすめです。

▼機種例

※2021年10月時点の価格です

ハイグレードモデル

ハイグレードモデルのビルトインコンロへの交換費用の相場は20~23万円程度です。
価格は高めですが、各メーカーが独自の技術を組み込んだ特徴豊かな機種を多く出しており、機能面でも外見でもトップクラスのモデルです。

外見と機能面のどちらもこだわってコンロを選びたい人にはおすすめです。

▼機種例

※2021年10月時点の価格です

ビルトインコンロの交換工事費

ビルトインコンロの交換工事費は、工程ごとで変わってきます。
また、「電源の設置」や「フィラーの設置」などのオプション工事などもあるのです。
※一般的な費用相場について解説します。

標準工事費(コンロ本体のみの交換)

ビルトインコンロの標準工事費とは、コンロ本体のみの交換工事にかかる最低限の費用のことです。

「コンロ本体のみの交換」の場合の相場は、20,000~30,000円が一般的です。
また、お使いの状況に応じて追加工事が発生します。
こちらの相場は以下の通りです。

コンロ本体とオーブンの交換

約49,500円

コンロ本体と収納庫の交換

約40,000円(収納庫料金別)

オーブンのみの交換

約49,500円

コンロ本体・オーブンの取り外し・収納庫の設置

約60,000円(収納庫料金別)

工事の見積もりの際に注意したいのは、この標準工事費内に機材の処分費や保証料などが組み込まれているかが業者によって変わる点です。

標準工事費は、あくまでもコンロの取り替えを行うための費用なので、その他の費用は含まれていないことも多いようです。
処分費や保証料が後から請求されることもあります。

トラブルを避けるためにも、標準工事費の範囲をしっかりと理解してそれ以外の請求がどうなっているか確認することが大切です。

オプション工事費

オプション工事にはフィラーの設置、電源の移設、キッチンカウンターの開口拡張作業などがあります。

フィラーの設置

4,000~5,000円

電源の移設

10,000~15,000円

キッチンカウンターの開口拡張作業

11,000~16,500円

フィラーの設置

既存のビルトインコンロと新しく設置するコンロの本体の高さが異なる場合、収納庫と全面パネルの間や、全面パネルとキッチンカウンターまでの間に隙間ができてしまうことがあります。
その場合、フィラーという板を設置し隙間を埋めます。

電源の移設

設置するコンロの近くに電源がない場合は、冷蔵庫の電源などから移設する必要があります

キッチンカウンターの開口拡張作業

キッチンカウンターの開口部が狭い場合、キッチンカウンターの拡張作業を行う必要があります

撤去費用

ビルトインコンロの撤去費用は、ビルトインオーブンがついているかどうかで変わってきます。
オーブンレンジのように場所を取ることなく、キッチンがスマートに見えるためキッチンに組み込むビルトインオーブンを取り入れているキッチンは結構あります。

ビルトインオーブンは電気タイプとガスタイプの2種類があり、どちらがついているかで作業の手間や金額が変わってきます

ガスコンロのみの交換の場合、撤去と処分を合わせても約1万円が相場です。
ガス自体を閉栓する場合(IHへの変更など)は、追加費用が掛かります。
ビルトインオーブンまでついていると約5万円まで跳ね上がる可能性があります。

スミレナでは、工事費用に撤去費用も含めた価格でご提案しています。

【参考】ガス管接続のみの費用

ビルトインコンロ交換の際には、コンロとガス管の接続作業を行ないます。
こちらは、「ガス可とう管接続工事監督者」の資格を持っていないと作業はできません

DIYではできない作業ですので、必ず有資格者のいる業者に作業を依頼が必須になります。
ガス管接続のみの工事であればかかる費用は4,000円程度が相場です。

ただし、設置のみを依頼して、購入と工事をバラバラに依頼するのは保証や責任所在が面倒になるため、おすすめしません。
商品だけが手元にある、人から譲り受けたなど、限られた場合を除いて、ビルトインコンロは購入した業者で設置を依頼するようにしましょう。

ビルトインコンロの交換費用を決める4つのポイント

ビルトインコンロの交換費用を知るには、大きく4つのポイントがあります。
機能と金額のバランスを考えるためにも、これらのポイントを覚えておきましょう。

1.天板のサイズ

ビルトインコンロのサイズは「60cm」と「75cm」の2種類があり、メーカー規格として共通化されています。

60cmの天板は、調理スペースが広く取れるというメリットがありますが、大きな調理器具をお使いのご家庭では、バーナー間が広い75cmがおすすめです。

そして、75cmへのサイズアップの場合、追加費用が発生します。
スミレナでは、機種に限らず一律2400円の追加でアップグレード可能。(2021年10月時点)
75cm天板に魅力を感じる方は、ご検討ください。

2.天板の素材

天板の種類はいくつかありますが、人気の素材は「ガラストップ」と「ホーロートップ」の2種類です。
ガラストップのほうが高価で、ホーロートップはリーズナブルな価格帯になっています。

ガラストップは、結晶化ガラスでできた天板で、鏡面のような光沢と透明感のあるラグジュアリな見た目の美しさが特徴です。
衝撃や熱にも強く、焦げ付きにくいのでお手入れも簡単です。

ホーロートップはホーロー用鋼板をガラスコーティングした素材で、丈夫で衝撃への強さに定評があります。
耐久性はガラストップに比べると高くないですが、価格が安いのは魅力的です。

3.ゴトクの素材

ゴトクの素材は「ホーロー」と「ステンレス」の2種類があります。
どちらも人気でよく使われている素材です。

ホーローゴトクは、ブラックカラーのものがほとんどで傷や汚れが目立ちにくいです。
一方でステンレスゴトクは、耐久性が高くグレードの高い機種に採用されている傾向にあります。

滑り止め機能や素材によって多少ですが費用が変わる場合があります。

※スミレナHPラインナップ商品はゴトクの素材によっての金額差はありません。価格を気にせず、使い勝手や見た目で選択できます。
※HPラインナップ外の商品についてはお問い合わせください。

4.安全・便利機能

新しいビルトインコンロは安全面や機能面も向上しています。
メーカーのハイグレードモデルに備えつけられている機能を一部ご紹介します。

ヒートカットグリル扉(パロマ クレア)

ガラス3重構造によって、グリル扉の温度が大幅に低減されています。
小さなお子さまが誤って触り、火傷をしてしまう心配も少なくなる安心機能です。

ザ・ココットで本格調理(リンナイ デリシア)

ザ・ココットは、コンロ上でもグリルでも使える万能鍋です。 焼き物や煮物はもちろん、無水調理や80℃低温調理、蒸し物など、本格的な料理を誰でも気軽に作ることができます。

マルチグリルアプリで調理をサポート(ノーリツ プログレ)

アプリに登録されているレシピにそって食材と調理器をセットすれば、待っているだけで料理ができる便利機能です。
料理の幅も広がるし、家事の時短にもつながります。

ビルトインコンロ交換の業者選び・見積もりのポイント

業者へ見積もりを依頼した際には、工事の詳細や内容を把握するようにしてください。

既存のコンロの処分・改修費用などが工事費に含まれているか、別途での請求になるかといったことも確認しておかないと分からないものです。
確認を怠ったことで、思っていたよりも費用がかさんでしまったという失敗例も耳にします。

施工を任せる際には、このような明瞭さと安心さで比較して業者を選ぶようにしましょう。

ビルトンコンロの交換費用まとめ

ビルトインコンロの交換費用に関してまとめると以下の通りです。

  • ビルトンコンロの交換費用はグレードによって異なり、11~23万円程度
    ※スミレナで交換の場合、本体・工事費・10年間の保証込
  • オプション工事費や撤去費用といった費目があることを忘れずに
    ※スミレナでは撤去費用は工事費に含みます
  • 信頼できる業者選びが大切。費用の内容や、施工内容を見積時に確認

これらのポイントをしっかりと抑えて、ビルトインコンロの交換をご検討ください。

最後に:3つの安心のスミレナで

スミレナではスタッフによるメールやLINEでのご相談を承っております。
その際、お客さまのコンロの状況を写真で送信していただければ、スムーズな現場調査とお見積の提示が可能になります。

現場調査後は原則1週間以内に見積を提示し、ご注文後は最短での取替え日程を調整いたします。
工事はメーカー指定の工事店にてシッカリ・キッチリ、丁寧に仕上げます。

また、スミレナで設置したコンロには10年間の長期保証がついてきます。
長期保証期間中に調子が悪くなった場合、メーカー指定の作業員が修理にお伺いし、修理代は一切かかりません。

1つ、東京ガスグループで安心のスミレナ、
2つ、長期保証がついてもっと安心のスミレナ、
3つ、メーカー指定の工事店による工事だからもっともっと安心のスミレナ、

この際にぜひ、「3つの安心のスミレナ」でお取替えをご検討されてみては如何でしょうか。
ご相談をお待ちしております。


無料相談はこちらから!

BACK TOP