• レンジフード

レンジフードのメーカー比較!富士工業・パロマのおすすめモデル・機能を徹底解説

レンジフードは、キッチンメーカーや家電メーカー、ガス機器メーカーなど様々な分野の会社から製造、販売されています。
形状や機能面などで差別化をしている商品が数多く出ているのです。

ここではレンジフード国内トップシェアの富士工業とガス機器メーカーのパロマのおすすめレンジフードについて、機能や特徴を踏まえて紹介しています。
メーカー別の特徴も比較していますので、自分にとって快適なレンジフードを見つける参考にしてみてください。
目次

レンジフードのメーカー別の特徴比較

会社名

富士工業

パロマ

パナソニック

タカラスタンダード

国内シェア
※2019年度時点

62.9%

不明

15.9%

17.9%

シリーズ(商品名)

OGR、XGR、LGRなど

Vタイプ、Cタイプなど

DW、DE、HGC4など

ホーロークリーン、VRATなど

コメント

オイルスマッシャーで
10年ファン掃除不要

お手入れに特化した
特殊塗装

エコナビ機能で
省エネに特化

ホーロー素材でお掃除簡単

レンジフードの国内主要メーカーをまとめました。
スミレナがおすすめするレンジフードメーカーは、冨士工業とパロマです。
ここからは各社のおすすめポイントを紹介します。

富士工業のレンジフードの特徴とおすすめポイント

冨士工業は、国内シェアNo.1のレンジフードメーカーです。
以下にてグレードごとに搭載されている機能を表にまとめました。

クリーンフードプレミアム(OGR)

クリーンフードハイグレード(XGR)

クリーンフードライト(LGR)

オイルスマッシャー

×

×

風量おまかせ運転

×

コンロ連動

金額

月額:1,750円(税込)~

総額:210,000円(税込)~

月額:1,550円(税込)~

総額:186,000円(税込)~

月額:1,350円(税込)~

総額:165,600円(税込)~

※金額は60cm幅タイプ、2022年2月時点のものです。75cm幅、90cm幅については各商品の詳細をご確認ください

各商品はこちらからチェック

10年間ファンのお掃除不要の独自技術「オイルスマッシャー」

オイルスマッシャー

オイルスマッシャーとは、レンジフード内のディスクが高速回転することにより、ファンとレンジフードの内部に付着する油の量を抑えることができる機能です。
コストや時間削減に関する特徴は以下の通りです。

  • レンジフード内部に付着する油:普及製品の約1/10以下
  • お掃除時間:約75%削減
  • 使用水量:約70%削減

参照:OILSMASHER オイルスマッシャー|レンジフード、換気扇のFUJIOH

お財布にも環境にもやさしいレンジフードと言えるでしょう。

従来のレンジフードでは1年間で付着する汚れが、オイルスマッシャー搭載のレンジフードでは付着するのに約10年かかるといわれています。
※レンジフード内部が一切汚れないわけでないため、定期的な掃除は推奨

また、お掃除のしやすさも魅力です。
ディスクは、つまみが取りはずし可能なフラットな構造になっており、洗いやすさが向上。
オイルガードも、油汚れをはじくファンシークリーン仕上げになっています。

3ヶ月に1回程度の間隔でお手入れが必要なディスクやオイルガードの清掃が、らくらく簡単に済むのは嬉しいポイントでしょう。
レンジフードのお掃除に手間を感じている人にもおすすめです。

いつも快適な調理空間が得られる「風量おまかせ運転」

風量おまかせ運転

風量おまかせ運転は、レンジフードが調理の状況を温度センサーで感知して、適切な風量で運転を行う機能です。

油煙が多い高温調理の際には強運転を行い、油煙が少ない低温調理の際には弱運転を自動で行います。
適切な風量で運転することで、常に強運転をした場合と比べると約50%の節電効果が見込めます。

自分でレンジフードの風量切り替えを行うと、切り替えを忘れてしまったり、適切な風量になっていなかったりと快適な空間を維持し続けることが難しいです。
風量おまかせ運転機能のあるレンジフードなら、いつも快適な調理空間を維持してくれるだけでなく、節電効果も期待できるため、調理をする方にとって非常に心強い機能といえるでしょう。

「コンロ連動」

コンロ連動機能は、コンロを点火するとレンジフードが自動で運転を開始し、消化すると運転を停止する機能です。

また、コンロ連動の機能がついている場合、レンジフード本体での操作ではなく、コンロ側でレンジフードの風量切り替えを行える場合があります。
手元だけでコンロとレンジフードの操作を行えるため、調理に集中しやすくなるでしょう。

コンロ連動は赤外線での無線制御で行っているため、信号の周波数が合わなければこの機能を使用することができません。
そのため、コンロ連動機能を使用する場合には、レンジフードとガスコンロともに連動対応の機種を設置する必要があります

コンロ連動の機能を使用したい方は必ずその旨を伝え、適切な機器を選定してもらうようにしましょう。

パロマのレンジフードの特徴とおすすめポイント

給湯器やガスコンロなどのガス機器を扱っているパロマ。
レンジフードにおいても、厳しい基準で作られた安全性と、便利な機能が搭載されている製品がお求めやすい価格で手に入る点が人気です。
パロマのレンジフードの特徴や機能を以下で表にしました。

ハイグレードレンジフード(Vタイプ)

シンプルレンジフード(Cタイプ)

塗装

親水性塗装/高ハツ油ファン /オイルガード

オイルガード

加熱機器連動

×

タイマー

×

金額

月額:1,250円(税込)~

総額:148,800円(税込)~

月額:980円(税込)~

総額:117,600円(税込)~

※金額は60cm幅タイプ、2022年2月時点のものです。75cm幅、90cm幅については各商品の詳細をご確認ください

各商品はこちらからチェック

お手入れしやすいハイグレード塗装

パロマのレンジフードはお手入れに特化した塗装が施されており、グレードに応じて、親水性塗装、高ハツユ塗装、オイルガード塗装の3種類から選べます。
それぞれの塗装の特徴は以下の通りです。

・親水性塗装
水に浸すだけで油を浮かせようとする性質のある塗装です。
この塗装が施されているとしつこい油汚れもつけ置きをすることで落とすことができるためお手入れの手間が軽減されます。

・高ハツユ塗装
油を水滴状に弾くコーティングです。
油のこびりつきを軽減するため、掃除の回数を減らせるだけでなく、付着する汚れも軽減してくれるのでお手入れにかかる時間を短縮してくれます。

・オイルガード塗装
付着した油を玉状にする効果のある塗装です。
こびりつかず玉状になるため、スポンジなどで簡単に落とすことができます。

「加熱機器連動」

パロマのレンジフードも富士工業のレンジフード同様、コンロの点火に合わせて自動で運転を行う、加熱機器連動の機能が備わっています。
複雑な操作をする必要がなく、消し忘れも防止することができるため、扱いが非常に簡単です。

こちらもコンロとレンジフードがそれぞれ連動機能に対応していなければこの機能を使用できないため、連動機能を希望する方は揃えて取り換えることをおすすめします。

「タイマー」

パロマのレンジフードにはタイマーボタンを押した5分後に運転を停止させる機能が備わっています。
調理終了後のニオイが気になり、排気をしているという人も多いでしょうが、消し忘れしてしまうこともあるのではないでしょうか。
消し忘れに困っていて防止したいという人にはおすすめの機能です。

おすすめレンジフードのまとめ

今回は富士工業とパロマのレンジフードについて、特徴やおすすめポイントを踏まえて紹介しました。

富士工業は国内シェアナンバーワンの信頼性だけでなく、オイルスマッシャーなどの独自技術があり、機能面が充実しています。
価格帯に応じて欲しい機能が選べるところも魅力の一つです。

パロマはガス機器を扱っている会社ならではの安全性を最優先した厳しい品質管理を行っています。
また、リーズナブルな価格で基本的な機能が搭載されているモデルが多い点もおすすめです。

レンジフードを選ぶ際には自分が欲しい機能を明確にした上で、価格と相談しながら検討すると満足度が高い商品を選ぶことができます。
より詳しい内容を知りたいという方は、こちらの記事も参考にしてみてください。
また、実際に相談をしたい場合は、LINEやメールでの相談も受け付けています。
お気軽にご相談ください。

最後に:3つの安心のスミレナで

スミレナではスタッフによるメールやLINEでのご相談を承っております。
その際、お客さまのレンジフードの状況を写真で送信していただければ、スムーズな現場調査とお見積の提示が可能になります。

現場調査後は原則1週間以内に見積を提示し、ご注文後は最短での取替え日程を調整いたします。
工事はメーカー指定の工事店にてシッカリ・キッチリ、丁寧に仕上げます。

また、スミレナで設置したレンジフードには10年間の長期保証がついてきます。
長期保証期間中に調子が悪くなった場合、メーカー指定の作業員が修理にお伺いし、修理代は一切かかりません。

1つ、東京ガスグループで安心のスミレナ、
2つ、長期保証がついてもっと安心のスミレナ、
3つ、メーカー指定の工事店による工事だからもっともっと安心のスミレナ、

この際にぜひ、「3つの安心のスミレナ」でお取替えをご検討されてみては如何でしょうか。
ご相談をお待ちしております。


無料相談はこちらから!

BACK TOP