• レンジフード

レンジフードの高さ調整はできる?どれくらいの高さにするのが正解?

レンジフードを設置するなら、使いやすい適切な高さで取り付けたいと思うものです。
取り付ける位置が高くても低くても、レンジフードの使い勝手が悪くなってしまいます。

とはいえ、レンジフードの取付位置には法律の基準があり、高さを自由に決めることはできません。
そこで今回は、レンジフードの適切な高さの目安やポイントを紹介いたします。
使い勝手が良く掃除もしやすい高さを解説しますので、リフォームの際はぜひ参考にしてください。
目次

レンジフードの高さは建築基準法・消防法で規定がある

レンジフードを設置する高さは、建築基準法や消防法によって決められています。
建築基準法では、火源(火の発生元)から排気口フード下端までの高さを100cm以下と定めています
また消防法では、ガスコンロやグリルの位置からレンジフードまでの高さは80cm以上と規定しています。

つまり、レンジフードはコンロなどの加熱機器から高さ80~100cmの範囲内に設置しなくてはいけないということです。
高くても低くても使い勝手が悪くなるレンジフードですが、標準的な取付位置はコンロなどから80cmの高さです。
キッチンカウンターの高さが90cmであれば、床からレンジフードまでの高さは170cmとなります。

レンジフードは法律の規定範囲内で、使う人の身長を考慮し適切な高さを決めましょう。
ただし、電気事業法を考慮しなければならない場合もあるため、詳しくは専門業者に相談するとよいでしょう。

レンジフードの高さを調節できる要素

キッチンを選ぶ際にレンジフードの高さを見逃しがちですが、どのように高さを決めればよいのでしょうか。
レンジフードの高さを調節する方法には色々あります。
ここでは、レンジフードの高さを調節できる要素をまとめました。

身長に合わせる

レンジフードの高さは、キッチンを使う人の身長に合わせるのがおすすめです。
家族間での身長差がある場合や、複数の人が使う場合は、身長が高い人に高さを合わせましょう。

適切な高さの目安は「身長÷2+5」で算出することが可能で、具体的には次の通りになります。

身長が160cmの場合
160÷2+5=85cm コンロから85cmが最適な高さ

身長が165cmの場合
165÷2+5=87.5cm コンロから87.5cmが最適な高さ

身長が170cmの場合
170÷2+5=90cm コンロから90cmが最適な高さ

高さを決めるにあたっては、安全面や操作のしやすさを考えることが大切です。
高すぎると操作がしにくくなり、掃除もしにくくなります。
あくまで、使用者の使い勝手の良い高さで決めるのがセオリーです。

天井高との関係性

一般的にレンジフードは、「キッチンカウンターの高さ」+「コンロからの高さ」+「レンジフード本体の高さ」が天井高より低くなければいけません
平均的な天井高は240cmですから、その寸法以内で収める必要があるわけです。

とはいえ、キッチンカウンターやレンジフード本体は、モデルによって高さが違います。
レンジフードの取付位置を高くしたいときには、レンジフード本体の高さが低いモデルを選ぶのがおすすめです。

また天井埋め込み型のレンジフードの場合、施工前に業者さんとの相談が必要になります。

レンジフードの形状

家庭用レンジフードは大きく4タイプに分けることができ、それぞれのタイプについてまとめました。

■スリム型
お手入れしやすいスタイリッシュなタイプです。
前後がフラット形状で頭にあたりやすいので、キッチンをよく使う人に合わせた高さに設置します。

■ブーツ型
大きなフードに覆われ、懐が深いタイプです。
フード本体の手前が高くなっている分、比較的低めに設置することができます

■ファルコン型
曲線的デザインが特徴で、前面がかなり高くて奥が垂れ下がったタイプです。
低い位置に設置できるので掃除がしやすく、IHコンロに適しています

■フラット型
レンジフード本体の高さが低く、天井高に制限がある場合も低めに取り付けができます

排気能力

レンジフードの高さを決める要素の一つに、排気能力を十分に確保できるかどうかが挙げられます。
レンジフードが高すぎると、煙が届きにくく十分な排気ができません
逆に低すぎると、レンジフード自体が燃えてしまうことも

そのため、法律では80~100cmの高さに設置することが義務付けられているわけです。

コンロからレンジフードまでの高さは、80cm台にするのが一般的です。
排気能力を損なわず、使い勝手の良い高さで設置してください。

コンロの種類

レンジフードは、コンロの種類によって高さの調節をすることが可能です。

■ガスコンロ
ガスコンロは火を使うため、上昇気流が発生しやすいのが特徴です。
そのため、レンジフードを若干高めに設置しても問題ありません
ただし、高さは法律の基準の範囲内におさめる義務があります。

■IHヒーター
加熱調理時の上昇気流が、ガスコンロより弱くなります。
また、臭いが低いところに留まりやすいのがIHヒーターの特徴です。
そのため、レンジフードはあまり高くしない方が良いでしょう。

キッチンのタイプ

壁付けキッチンと対面キッチンでは、排気効率が異なります。
これも、レンジフードの高さを調節する要素のひとつです。

■壁付けキッチン
一般的に普及しているキッチンの中でも、排気効率の良いタイプです。
レンジフードは、使う人の頭が当たらない高さに設置すると良いでしょう。

■対面式キッチン
室内の気流の影響を受けやすいため、効率良い排気を優先してレンジフードは低めの設置がおすすめです。
部屋に煙が充満しないようにしてください。

レンジフード設置の際の高さは納得するまで説明を受けよう

Perf000054_1.jpg

キッチンリフォームで忘れがちなのが、レンジフード設置の際の高さを決めることです。

設計の段階で、相談や打ち合わせをすることで、業者側もしっかり対応してくれます。
しかし希望を伝えるのが遅くなってしまうと、場合によっては変更不可能となりかねません。
些細なことと考えず、具体的な高さの希望を早めに伝えることが大切です。

基本的にはキッチン取り付け後の高さ変更は可能で、引き渡し前なら比較的スムーズに変更できる場合が多いでしょう。
ただし追加費用が発生することがあるので、注意してください。

後でトラブルになった事例もあるので、口約束でなく書面に残すのがおすすめです。
納得いくまで高さの説明をしてもらい、満足度の高い工事をしてください。

レンジフードの高さは設計の段階でしっかり考えよう

レンジフードの高さは、建築基準法・消防法で定められた範囲内で、使いやすい高さを考えましょう。

その際、使用する人の身長、天井の高さ、レンジフードの形状も高さを決める要素となります。
特にレンジフードの形状は掃除のしやすさに影響するため、大切な要素といえるでしょう。

また、選ぶキッチンやコンロのタイプによっても、排気効率や排気能力が異なります。
タイプによって適切な高さも異なるため、設計段階からしっかり計画することが重要です。
使用中のレンジフードの高さを調節したい場合は、一度業者に相談してみましょう。

毎日使うレンジフードだからこそ、納得いくものを選んでください。
ご不明な点や気になることがあれば、LINEやメール相談がありますので、ぜひご相談ください。

最後に:3つの安心のスミレナで

スミレナではスタッフによるメールやLINEでのご相談を承っております。
その際、お客さまのレンジフードの状況を写真で送信していただければ、スムーズな現場調査とお見積の提示が可能になります。

現場調査後は原則1週間以内に見積を提示し、ご注文後は最短での取替え日程を調整いたします。
工事はメーカー指定の工事店にてシッカリ・キッチリ、丁寧に仕上げます。

また、スミレナで設置したレンジフードには10年間の長期保証がついてきます。
長期保証期間中に調子が悪くなった場合、メーカー指定の作業員が修理にお伺いし、修理代は一切かかりません。

1つ、東京ガスグループで安心のスミレナ、
2つ、長期保証がついてもっと安心のスミレナ、
3つ、メーカー指定の工事店による工事だからもっともっと安心のスミレナ、

この際にぜひ、「3つの安心のスミレナ」でお取替えをご検討されてみては如何でしょうか。
ご相談をお待ちしております。


無料相談はこちらから!

BACK TOP