• 浴室

お風呂リフォーム費用はいくらかかる?戸建てのケースを徹底解説!

お風呂は、設置から15〜20年で交換時期が訪れます。
リフォームを検討し始めた方が特に気にするのは、やはり費用に関することでしょう。

今回は、お風呂リフォームの費用について金額相場や、費用を抑える方法に焦点を当てて解説します。
目次

お風呂リフォームの費用相場はいくらぐらい?

お風呂のリフォームをするとき、重要な判断材料となるのが費用です。
ひと口にリフォームといっても、「浴室全体のリフォーム」「設備の部分リフォーム」の2通りの選択肢があり、かかる費用も異なります。

ここでは、浴室全体のリフォームにかかる費用についてご紹介します。

ユニットバス全体のリフォーム費用

ユニットバスは部分リフォームも可能ですが、基本的には全体リフォームをおすすめします。
なぜなら、交換時期を迎えたユニットバスは一箇所の不具合を解消したとしても、また別の箇所で不具合が生じることがあるからです。

このようにイタチごっこを繰り返し、全体リフォームを行う頃にはトータルで損をしている事例は少なくありません。

ユニットバスの全体リフォームにかかる費用相場は、工事費込みで750,000〜2,000,000円です。
工事費用はユニットバスからユニットバスへの交換や、在来工法からユニットバスへの交換など、施工内容によって大きく左右されます。

また、現在お使いのユニットバスや在来浴室の壁材にはアスベストが含有されていることがあり、処分費が従来よりも割り増しになるケースもあります。

お風呂のリフォームは現場状況だけでなく、家族構成や使用状況によってお客様が選ぶ商品も変わるので、各ご家庭によって工事費用もさまざまです。

TOTO 戸建用シンラ(Dタイプ)

戸建て用シンラ(Dタイプ)

戸建用シンラは、最先端のテクノロジーを搭載したTOTOが誇るハイエンドクラスのユニットバスです。

価格
総額:1,345,200円(税込)〜
月額:11,120円(税込)〜
※上記の価格には商品本体、工事費、見積もりなど基本サービスの代金がすべて含まれています。

おすすめポイント①楽湯(肩楽湯/腰楽湯)

ジェットバス
シンラの最大の特徴でもある楽湯は、たっぷりの水流と心地よい刺激で肩と腰をあたたかく包み込みます。

流量は3段階で調節することができ、リフレッシュしたいときは強モード、リラックスしたいときは弱モードなどと、お身体や気分に合わせてお使いいただけます。

おすすめポイント②おそうじ浴槽


「優雅なバスタイムで1日の疲れを癒やしたいけれど、掃除が面倒……。」という方には、ボタンひとつできれいが続く自動おそうじ機能がおすすめです。

浴槽はあらかじめ補充した洗剤によってすみずみまで洗浄する設計になっており、普段のお掃除の手間が軽減されます。
おそうじ機能を毎日使用することで手洗いの頻度が2週間に1度程度まで減らせます。
※おそうじ浴槽はオプション機能です

おすすめポイント③断熱材パック・断熱防水パン


シンラは壁や天井だけでなく、浴槽や排水トラップを含め浴室全体を断熱材で包んでいます。
室内の温度を快適に保つことで、冬場の寒さやヒートショックの危険性を軽減します。

TOTO サザナ(Sタイプ)

TOTO サザナ(Sタイプ)

サザナはリーズナブルな価格でありながら、充実した基本機能を搭載したTOTOの戸建用バスルームです。

価格
総額:753,600円(税込)〜
月額:6,280円(税込)〜
※上記の価格には商品本体、工事費、見積もりなど基本サービスの代金がすべて含まれています。

おすすめポイント①魔法びん浴槽


浴槽本体を断熱材で包み込み、魔法びんのような保温効果でお財布と地球に優しい高断熱浴槽です。

魔法びん浴槽は湯張りから4時間たっても2.5℃しか低下しないので、お使いの人数が多いご家庭でも追いだきの回数を減らすことができます。
(従来品の浴槽は2時間で2.5℃の低下)
※メーカー調べ

おすすめポイント②お掃除ラクラクほっカラリ床
水滴を壊して流すように設計されたほっかラリ床は浴室内に水気をため込まないので、カビの発生を抑えることができます。

また、表面に施された親水層の効果で汚れ落ちしやすくなっており、お手入れもかんたんです。
畳のように柔らかく、冬場に冷やっとしないのもうれしい機能です。

おすすめポイント③コンフォートウエーブシャワー


ウェーブ&スプレーの2種類の水流で節水しながら、しっかりとした浴び心地を実現したシャワーヘッドです。

コンフォートウエーブシャワーは従来品と比べて約35%の節水効果があります。
※メーカー調べ

LIXIL アライズ(Mタイプ)

LIXIL アライズ(Mタイプ)

アライズは大所帯から小所帯のご家庭まで、さまざまなライフスタイルや入浴シーンに合わせることができるLIXILのスタンダードなバスルームです。

価格
総額:784,800円(税込)〜
月額:6,540円(税込)〜
※上記の価格には商品本体、工事費、見積もりなど基本サービスの代金がすべて含まれています。

おすすめポイント①エコアクアシャワー+うるつや浄水


エコアクアシャワーは水滴のなかに空気を含ませることで、節水しながらも満足な当たり心地を実現しています。

また、うるつや浄水は水道水に含まれる残留塩素を低減し、髪や肌へのダメージをおさえて健康を保つ浄水シャワーです。

おすすめポイント②まる洗いカウンター(すっきり収納タイプ)


カウンター本体をかんたんに取り外せるため丸洗いすることができ、洗いにくかったカウンター裏の壁や床もお手入れしやすくなりました。

取り外したカウンターは壁にかけて洗い場のスペースを広く使うこともできます。

おすすめポイント③キレイサーモフロア
特殊な表面処理によって皮脂汚れがつきにくく、落としやすいキレイサーモフロアは水はけがよく滑りにくいため、お年寄りや小さなお子様がいるご家庭でも安心して使っていただけます。

オプション機能・設備の費用相場

それぞれのメーカーが提供するユニットバスには、もともと組み込まれている基本の仕様とは別にさまざまなオプションが用意されています。
ここでは人気のあるオプションをご紹介し、その機能や費用相場の目安を解説します。

人造大理石浴槽

人造大理石

シンラなどのハイクラスのシリーズには標準で採用されていますが、サザナやアライズではオプションとなります。

FRP浴槽から人造大理石浴槽へグレードアップしたときの追加費用は、約15万円です。
※メーカーや商品によって異なります。

人造大理石の浴槽はFRPと比べて圧倒的にラグジュアリーな質感で、入浴時の肌触りも納得の素材です。
表面に傷や汚れがつきにくい特徴もあり、耐久性にも優れています。

おそうじ浴槽設置

おそうじ浴槽

ボタンひとつで浴槽を自動洗浄する機能は、共働きで掃除をする時間がとれないご家庭や掃除が苦手な方に人気があります。

おそうじ浴槽をつけた場合の追加費用は、15〜20万円です。
※メーカーや商品によって異なります。

専用洗剤を洗浄ノズルから噴射して浴槽全体を洗浄します。
入浴直後に毎日使用することで、浴槽の手洗い頻度を2週間に1回程度まで抑えることができます。

TOTO製品でご検討の方は、洗い場の床を自動洗浄する床ワイパー洗浄(きれい除菌水)もおすすめです。

ジェットバス追加設置

ジェットバス

お風呂好きの方に人気があるジェットバスもオプションで追加することができます。

オプション追加した場合にかかる金額は、15〜30万円です。
ジェットバスは100Vの単独電源も必要になるため、電源工事費も含まれています。
※メーカーや商品によって異なります。

1日の疲れを癒やすマッサージ効果だけでなく、泡立つ入浴剤を併用した泡風呂を楽しみたい方にもおすすめの機能です。

水中照明のオプションを掛け合わせることで、より一層リラックスできる空間を演出できます。

窓枠加工

既存の浴室に窓がある場合は、窓枠加工のオプション追加が必要となります。
サッシに合わせてユニットバスの壁を加工し、額縁を造作する作業です。

既存の窓を再利用して窓枠のみ交換する場合は3〜10万円ほどの追加費用がかかり、窓ごと交換する場合は10〜30万円ほどかかります。
※サイズや機能によって異なります。

お風呂リフォームの費用に関するポイント

お風呂のリフォームを行うときには、マンションや一軒家のような住宅の形態による値段の違いや補助金制度など、知っておくべきポイントがあります。
ここではお風呂リフォームの費用に関するポイントをご紹介します。

マンションの場合は戸建てと比べて高い?

国内の大手メーカーは、マンション用と戸建て用を別々のシリーズで販売していることがほとんどです。

そして、戸建て用のユニットバスと比べてマンション用のユニットバスは、数万円ほど高く価格が設定されています

マンションは戸建てと比べ、現場での作業や設置環境の制限が強い傾向にあります。
現場での加工作業を減らす目的やマンションの設置環境に合わせる目的で、戸建てのユニットバスとは商品構造が異なるのが要因です。

補助金は活用できる?

お風呂のリフォームには、省エネ・耐震・バリアフリーなどを目的とした工事に対する補助金制度が用意されています

国による補助金制度としては、長期優良住宅化リフォーム推進事業介護保険の住宅改修が該当します。

長期優良住宅化リフォームは、既存住宅の長寿命化や省エネ化などを目的に性能を向上させるリフォームに対して補助をする事業です。

介護保険の住宅改修は、要支援・要介護の認定を受けている方が居住する住宅のバリアフリー工事に補助金が給付されます。

ほかにも地方自治体が独自で運用している制度もあり、それぞれの制度を併用することもできます。

ただし、事前申請やビフォーアフターの写真が必要になることもあるので、契約前に該当する制度について調べておくことをおすすめします。

お風呂リフォームの費用まとめ

お風呂のリフォームはスタンダードなタイプのユニットバスで75〜120万円、ハイクラスのユニットバスでは200万円近い費用がかかります。

必要な機能は、同居人数やご家庭のライフスタイルによってさまざまです。
不要な機能を取り除いて費用を抑えることもできるので、お使いになるご家族や工事担当者としっかり話し合って商品を選ぶことをおすすめします。

また、当社では独自のお支払い方法として金利・手数料無料の分割払いをご用意しています。
お支払い期間は最長10年(1〜120回払い)まで指定可能です。

「今は大きな出費を控えたい」という理由でお風呂のリフォームを見送られている方は、お気軽にご相談ください。

最後に:3つの安心のスミレナで

スミレナではスタッフによるメールやLINEでのご相談を承っております。
その際、お客さまの浴室の状況を写真で送信していただければ、スムーズな現場調査とお見積の提示が可能になります。

現場調査後は原則1週間以内に見積を提示し、ご注文後は最短での取替え日程を調整いたします。
工事はメーカー指定の工事店にてシッカリ・キッチリ、丁寧に仕上げます。

また、スミレナで設置した浴室には10年間の長期保証がついてきます。
長期保証期間中に調子が悪くなった場合、メーカー指定の作業員が修理にお伺いし、修理代は一切かかりません。

1つ、東京ガスグループで安心のスミレナ、
2つ、長期保証がついてもっと安心のスミレナ、
3つ、メーカー指定の工事店による工事だからもっともっと安心のスミレナ、

この際にぜひ、「3つの安心のスミレナ」でお取替えをご検討されてみては如何でしょうか。
ご相談をお待ちしております。


無料相談はこちらから!

BACK TOP